藪の中から友の声が。呼びかけてみると、現れたのは…「山月記のねこ」/ねこむかしばなし⑱

マンガ

公開日:2021/7/5

ねこむかしばなし

元となったむかしばなし
山月記

むかしの中国に李徴という人がいました。
李徴は若くして科挙に合格し、地方役人を務めるほどの人物でしたが、詩人として生きていくことにします。しかし、詩の才能には恵まれていなかったようで、家族を養うため再び役人となりました。
周りはかつて見下していた人ばかり。
李徴は耐えられなくなり、野山へと駆け出していきました。李徴のあとを追った友人の袁傪は虎に出会います。虎が草陰でぼそっと発した一言に「その声は我が友、李徴ではないか?」と問いかけました。
虎になった李徴は「自分は尊大な羞恥心と臆病な自尊心のせいで化け物になってしまった。妻と子をよろしく頼む」と袁傪に話し、そのまま草むらに消えていったのでした。

<第19回に続く>

「ねこむかしばなし」を楽天Kobo(電子)で読む

「ねこむかしばなし」をebookjapanで読む

「ねこむかしばなし」をU-NEXTでお得に読む

この記事で紹介した書籍ほか