読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest
忌まわ昔

忌まわ昔

平安の世から令和の今に、遠く忌まわしき話の数々が甦る!「今は昔」で始まり、「となむ語り伝へたるとや」で終わる「今昔物語集」を下敷きに、人間に巣くう欲望の闇を実際の事件・出来事を題材に岩井志麻子が語り直す。時代が変わっても人間の愚かさは変わらない――。

最新話

再会し抱き合った恋人はすでに腐乱死体だった…。“無戸籍”だった母と息子をつなぐものとは/『忌まわ昔』“人妻、死にて後に、本(もと)の形となりて旧夫に会ひし語”⑤

平安の世から令和の今に、遠く忌まわしき話の数々が甦る。「今は昔」で始まり、「となむ語り伝へたるとや」で終わる「今昔物語集」。これを下敷きに、人間に巣くう欲望の…

文芸・カルチャー

2019/7/10

著者プロフィール
岩井志麻子●1964年、岡山県出身。99年、短編「ぼっけえ、きょうてえ」で第6回日本ホラー大賞を受賞。また、同作に書き下ろし3編を加えた質の高い作品性を支持され、第13回山本周五郎賞を受賞する。恋愛小説『チャイ・コイ』で第2回婦人公論文芸賞、『自由戀愛』で第9回島清恋愛文学賞を受賞。ほかに『岡山女』『夜啼きの森』『合意情死』『楽園』『恋愛詐欺師』、「備前風呂屋怪談」シリーズ、「現代百物語」シリーズなど多数の著書がある。

特集