KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest
東京のど真ん中で、生活保護JKだった話

東京のど真ん中で、生活保護JKだった話

誰もが受ける可能性のある「生活保護」。その実態を少し覗いてみませんか? 父は病気の後遺症で仕事につけず、母も病気療養中のため生活保護を申請することになった家族。「タネコちゃん、お魚の食べ方きれいだね」……なぜかって? 家族4人でサンマ1匹を食べあってるからだよ~~!! 苦い内臓だって大事な可食部!! お金がかかるボウリング場はなかなか行けない……。数々の物語があります。作者が実際に「生活保護JK」だった頃、貧困と闘い行政に助けられて「生活保護」を卒業するまでの人生救済リアルコミックエッセイです。

最新話

生活保護を受けてから入浴券が支給される。お風呂に入れる回数が増える! と思いきや… /東京のど真ん中で、生活保護JKだった話⑨

『東京のど真ん中で、生活保護JKだった話』(五十嵐タネコ/KADOKAWA)第1回【全9回】 誰もが受ける可能性のある「生活保護」。その実態を少し覗いてみませんか? 父は…

マンガ

2024/2/22

特集

電子書店コミック売上ランキング