注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
8件

アンソロジーの記事一覧

宮部みゆき、辻村深月…超人気作家5名が2年の歳月をかけて“つないだ”ミステリーアンソロジー『宮辻薬東宮』

『宮辻薬東宮』(講談社)  人気作家たちが約2年の歳月をかけて完成させた全編書き下ろしの“リレーミステリーアンソロジー”『宮辻薬東宮』(講談…

沙村広明、中村明日美子のトークショーも!4月、アニメイト新宿で「楽園祭2017」の開催が決定!

 「恋愛欲を刺激する」がテーマのコミックアンソロジー『楽園 Le Paradis(ル パラディ)』。毎号ご愛読感謝の意を込めて、「楽園祭20…

耽美でエロいけれど常識人!? 中毒性がある谷崎潤一郎の世界をコミカライズ!

『谷崎万華鏡 谷崎潤一郎マンガアンソロジー』(中央公論新社)  谷崎潤一郎の生誕130年を記念して、『谷崎万華鏡 谷崎潤一郎マンガアンソロジ…

「作家陣豪華すぎるだろ」「このアンソロジー買うしかない」豪華すぎる作家陣が江戸川乱歩の名作と初代ルパンを現代に蘇らせる!

 “日本のミステリーの父”と呼ばれる小説家の江戸川乱歩。2014年には同氏の誕生120年を記念して、オマージュ・アンソロジー『みんなの少年探…

有栖川有栖「それぞれの作家の乱歩と小説への愛が詰まっている」江戸川乱歩のオマージュ・アンソロジー同時発売

 大人気ミステリー作家陣が、江戸川乱歩のオマージュに挑み大きな話題を呼んだ『みんなの少年探偵団』。待望の第2弾となる小説集『みんなの少年探偵…

新作が続々登場! 小説界に吹き荒れる怪獣旋風はホンモノか?

『怪獣文藝の逆襲』(編:東雅夫/KADOKAWA)  ハリウッド版『GODZILLA』の公開、『パシフィック・リム』続編の製作決定、そして日…

顎クイ、床ドン、肩ズン…日々の不足しがちなときめきの補給に、まずは手軽な「壁ドン」はいかがですか
『きみと壁ドン』(渡辺あゆ/Ishiko/清野静流/叶のりこ/三生まなみ/るかな/もすこ/講談社)

 このアンソロジーのタイトルになっている「壁ドン」とは、うるさい隣人に対しそのイライラを伝えるために壁をドンッと叩く行為のことではない。知ら…

いとうせいこう著、新潮クレスト・ブックスのアンソロジーがなぜか講談社から出た?
『存在しない小説』(いとうせいこう/講談社)

「存在しない小説」だなんておっしゃいますが、収録されている六編の中短編、もちろん全部、著者が書いてるんでしょ? と思っていました。しかし、そ…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ