注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
94件

アートの記事一覧

耳飾りが落ちる…日常の小さな出来事が実は大切なしるし♪ ヒットシリーズ『世界を旅するイラストブック』第3弾【銅版画作家インタビュー】

「信じてみたい 幸せを招く世界のしるし」 ■繊細な銅版画で表す、現実と理想がともにある世界  茶柱が立ったら幸運、黒猫が前を横切るのは不吉の…

え、これ色鉛筆だけで描いたの!?  色鉛筆画の第一人者による、初心者でも写真のように描けるコツ

 突然ですが、上の絵が何で描かれているか分かりますか?  正解は「色鉛筆」。色鉛筆というとふんわりした柔らかい表現が思い浮かびますが、ここま…

「胸躍るテーマパーク」博物館! 展示物を眺めるだけじゃない!「知の財産」を楽しむ方法って?

『ぐるぐる 博物館』(三浦しをん/実業之日本社)  読者諸氏は、博物館に対してどんなイメージを持っているだろうか? もしかして、堅苦しく退屈…

描き継がれてきた“地獄絵”の世界―史上初!圧巻の拡大図とボリューム『HELL 地獄 地獄をみる』

『HELL 地獄 地獄をみる』(著:梶谷亮治、西田直樹、翻訳:Michael Jamentz、Rachel Saunders、Miriam …

100回以上の試し書きから生まれた!「ミッフィー」が世界中で愛される秘密とは?

『MOE特別編集 ブルーナが語る ミッフィーのすべて』(白泉社)  誰もが一度は見たことがある、子どもから大人まで世代を超えて愛される世界一…

え、こんな美術館があったんだ! 充実アート散歩、文豪の息吹にひたれる首都圏の文学館を網羅『大人の日帰り旅 ブラ歩き美術館&文学館』

『大人の日帰り旅 ブラ歩き美術館&文学館』(KADOKAWA)  首都圏、関東周辺の人気美術館と文学館をエリア別に徹底ガイドした『大人の日帰…

謎の窃盗団〈アノニム〉が幻の名画を救う!? 現代アートをめぐる痛快エンターテインメント【原田マハインタビュー】

 カンヴァスを床に置き、俯瞰しながら絵具を絵筆からしたたらせる。縦横無尽に色彩をまき散らし、動きの軌跡をそのまま絵にとどめる──。ジャクソン…

絵画ってどうやって値段がつくの?“値段”で読み解くフランス近代絵画

『「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画』(髙橋芳郎/幻冬舎)  “値段”を切り口にした新しい絵画の見方を知ることで、絵画をより深く鑑賞…

126年間眠っていたゴッホの未公開スケッチ65枚を全収録! 真贋論争がいまなお続く、世界が注目する画集

『フィンセント・ファン・ゴッホ─失われたアルルのスケッチブック』(著:ボコミラ・ウェルシュ=オフチャロフ、序文:ロナルド・ピックヴァンス、訳…

「GINZA SIX」にもカボチャが! 草間彌生はなぜ世界的アーティストになれた? 現代アートを知る「2つのキーワード」

『わかりたい! 現代アート』(布施英利<〈ふせ・ひでと〉:著、TYM344:画/光文社)  近年の草間彌生ブームで、国立新美術館で開催された…

カネの話がわかればアートがわかる!? 不純で魅惑的な美術案内

『サザビーズで朝食を―競売人が明かす美とお金の物語』(フィリップ・フック:著、中山ゆかり:訳/フィルムアート社) 『サザビーズで朝食を―競売…

作品鑑賞だけで終わらない!何度でも通いたくなる美術館に隠された“レストランの魅力”

『美味しい美術館 PARTII』(飯田郷介/求龍堂)  今年7月に、東京・上野の国立西洋美術館が、世界文化遺産に登録された「ル・コルビュジエ…

写真家・荒木経惟がライカを初めて手にした日のコンタクトシート! 『SWITCH』1月号で当時の写真を一挙公開

『SWITCH』2017年1月号(スイッチパブリッシング)  写真家・荒木経惟の四半世紀に及ぶライカ人生を紐解く、『SWITCH』2017年…

背景にある歴史の闇や人間の暗部に注目。「怖さ」から楽しむ絵画『新 怖い絵』

『新 怖い絵』(中野京子/KADOKAWA)  悲しいかな、私にはアートに関する才能がまるでない。それゆえに何となく芸術の世界に踏み込みきれ…

2人に1人がリピーター!20年で来館者数1000万人!箱根のアノ美術館の驚異的人気の秘密とは?

『愛の言葉 箱根ガラスの森美術館のひみつ』(岩田正崔/世界文化社)   箱根──国内でも上位の人気観光地のひとつであり、近場はもとより、全国…

草間彌生、村上隆、奈良美智、会田誠、山口晃…抽象的でむずかしい「現代アート」を見極める7つのポイントとは?

『現代アートコレクター(講談社現代新書)』(高橋龍太郎/講談社)  芸術の秋。「美術館に絵を観に行こう」と言ったら、どんな作品を思い浮かべる…

子どものらくがきを刺しゅうで活用! 新しい宝物を生み出すアイデアが満載の『井上アコのらくがき刺しゅう』

『井上アコのらくがき刺しゅう』(井上アコ/自由国民社)  わが子の描いた「らくがき」をみて、「この子もしかして天才では……!?」と親バカを発…

新宿の100倍以上も星が見える”世界でいちばん素敵な夜空”とは? 日本の星空スポットは何県にある?

『世界でいちばん素敵な夜空の教室』(多摩六都科学館天文チーム/三才ブックス)  みなさんは夜空に興味があるだろうか。都市部に住んでいる方は分…

トリンドル玲奈、ダチョウ倶楽部のおでん芸を知らず。片岡鶴太郎と映画『インフェルノ』公開記念イベントで謎解きに挑戦!

 世界中で大ブームとなった映画『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、『天使と悪魔』(09)に続くシリーズ第3弾『インフェルノ』が、ついに10月2…

大人になっても恐竜へのロマンは尽きない! 谷川俊太郎&下田昌克が恐竜の魅力を詩と絵で表現

 画家・下田昌克と、詩人・谷川俊太郎による書籍『恐竜がいた』が2016年9月15日(木)に発売される。また、発売を記念して9月22日(木)~…

9月14日からの『ダリ展』の予習・復習ができる! 天才ダリの作品に秘められた意味を解説

『アート・ビギナーズ・コレクション もっと知りたいサルバドール・ダリ – 生涯と作品』(村松和明/東京美術) 「天才を演じつづけ…

J-POP、ロック、アニソン…、あの楽曲をプロの絵師が描くと? 「絵師×歌詞」の世界【担当編集者に聞いてみた】

『絵師×歌詞 雨編』(サイドランチ) 『絵師×歌詞 花編』(サイドランチ)  歌の世界を綴っている「歌詞」。同じ歌詞でも、人によって感じ方や…

ヌードでなくても漂うエロス! 池永康晟、山本大貴…いまの日本美術界における最先端の美人画・妖艶美を1冊で堪能できる幸せ

『現代画家が描く 美と幻想の世界―妖しく美しい女性たち―』(綜合図書)  美人を前にし、その姿を微に入り細に入り眺めることは、まずできない。…

卓越した造形力を持つ異彩造形作家・大山竜が待望の処女作品集を発売!

『大山竜作品集&造形テクニック』(大山竜/玄光社)  異彩を放つ造形作家・大山竜の待望の処女作品集『大山竜作品集&造形テクニック』が2016…

奇才漫画家・しりあがり寿の初個展開催決定! あんなものからこんなものまで、みんなクルクル大回転

 芸術なのか、マンガなのか、それとも何かのメッセージか? クルクルと回るたくさんの回転が出迎える展覧会「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」…

「なぜ撮らないんだ!?」とモチーフが叫ぶ! カメラも叫び、訴える! 戦後を代表する写真家・土門拳の熱き写真論

『土門拳 写真論集(ちくま学芸文庫)』 (土門拳/筑摩書房)  リアリズムに立脚した報道写真や、寺院、仏像などの伝統文化財を数多く撮影した写…

時には無茶スレスレの方法で著名人に会い、描く規格外の芸術家・ながさわたかひろの版画

『に・褒められたくて』(ながさわたかひろ/編集室屋上)  「ながさわたかひろ」という芸術家がいる。  どんな芸術家かと聞かれれば、一般的には…

萌え死に必至!? あの名画が萌え絵に! 絵師が描いた名画が本当に名画!

『絵師で彩る世界の名画』(えんぴつ倶楽部/サイドランチ)  先日、何気なくネットサーフィンをしていたら、興味深い画像が目に飛び込んできた。ヨ…

ゴッホ・モネ・ルノアール・ピカソ… 歴史的名画を現代絵師43人が自由自在に模写!

初回購入特典ポストカード  歴史的な名画と現代絵師がコラボレーションした『絵師で彩る世界の名画』が、2016年5月26日(木)に発売される。…

市場規模は約7兆6200億円! 現代アートの価値を決めているのは、業界を支配する「100人」

『巨大化する現代アートビジネス』(ダニエル・グラネ&カトリーヌ・ラムール:著、鳥取絹子:訳/紀伊國屋書店)  あなたの身のまわりには、アート…

1234

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ