注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
51件

ジブリの記事一覧

宮崎駿、高畑勲以来22年ぶり! 世界最大アニメ祭で最高賞『ルーのうた』ってどんな話?

©2017ルー製作委員  フランス現地時間6月17日(日本時間18日午前)、アヌシー国際アニメーション映画祭の受賞結果が発表され、長編部門の…

ジブリ新人募集は本当に「雇用条件が悪い」のか? 宮崎駿が込めたメッセージを読み解け

 5月19日、日本を代表するアニメ制作会社スタジオジブリが公式サイトにて、宮崎駿監督の新作長編映画の新人スタッフ募集を開始した。募集職種は動…

ジブリ美術館の新企画展示が“飯テロ展”だと話題に

『スタジオジブリの 食べものがいっぱい』(監修:スタジオジブリ、編集:徳間書店児童書編集部/徳間書店)  2017年5月27日(土)より三鷹…

『アルプスの少女ハイジ』は、ある人物の情熱から生まれた! 本気で「アニメ」に取り組む人々の物語

『ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々』(ちばかおり/岩波書店)  おそらくこの日本においてTVアニメ『アルプスの少女ハイ…

鈴木敏夫「目標や理想は掲げなくていい」――スタジオジブリの4つの仕事術とは?

 日本を代表するアニメーション映画制作スタジオ・スタジオジブリ。同スタジオの代表取締役プロデューサー・鈴木敏夫氏の名前を聞いたことがない、と…

ジブリが世界に羽ばたき、アカデミー賞を受賞した裏にはある外国人がいた―。『吾輩はガイジンである。ジブリを世界に売った男』

『吾輩はガイジンである。ジブリを世界に売った男』(スティーブン・アルパート:著、桜内篤子:訳/岩波書店)  いまだに高い人気を見せるスタジオ…

「ジブリ作品に影響を受けてるってめっちゃ気になる!」 ディズニー最新作「モアナと伝説の海」に期待の声続出

左からリン=マニュエル・ミランダ、アウリィ・カルバーリョ、ジョン・ラセター、ドウェイン・ジョンソン (C)2016 Disney. All …

「バルス!」のシーンは、無かったかもしれない?! 『天空の城ラピュタ』誕生の物語

『もう一つの「バルス」 -宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代』(木原浩勝/講談社)  今年、劇場公開から30周年を迎えた『天空の城ラピュタ』…

「ジブリの色彩においての心臓でした」ジブリを支えた“色職人”保田道世氏の訃報に悲しみの声続々 半生を記した一冊にも注目が集まる

『アニメーションの色職人』(柴口育子/徳間書店)  スタジオジブリで色彩設計の責任者を務めていた保田道世氏が、10月5日(水)に77歳でこの…

「王蟲の暴走」でギターを弾いているのは布袋寅泰? ジブリ30年の歴史を大解剖! 『レッドタートル』最新作情報も

『スタジオジブリ大解剖(サンエイムック)』(山栄書房)  千尋、サツキ、ナウシカ、キキ……ピンときた人に朗報だ。  9月15日に発売された『…

最新作「レッドタートル」を公開前に初展示!「ジブリの大博覧会」開催決定

風の谷のナウシカ(C)1984 Studio Ghibli・H  ジブリの汗と涙の30年間が詰まった『ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作「…

その話、ホント? ウソ? 未確認エンタメ100の噂を大検証!

 エンタメ総合誌『エンタミクス』7月号が、2016年5月20日(金)に発売された。今回は「ホント? ウソ? あの未確認エンタメどーなってんの…

【祝!本屋大賞ノミネート】芸能界注目度No.1小説『教団X』とは? 作者・中村文則さんにいろんな質問をぶつけて見えた“素顔”

「最高傑作を書こう、と決めていました。中村文則の代表作と呼ばれるものに必ずしよう、と」  インタビューの中で、中村文則さんは『教団X』につい…

ジブリ最新作『レッド・タートル』がもっと楽しみになる! 「スタジオジブリ」の27年間を知るアニメーターしか知らないエピソード

『エンピツ戦記 – 誰も知らなかったスタジオジブリ』(舘野仁美:著、平林享子:構成/中央公論新社)  昨年12月、スタジオジブリ…

「ジブリ最新作キタァァァ!!!」 海外会社と共同制作のジブリ新作にファンは興味津々

 2015年12月10日(木)、東宝が「2016年ラインアップ発表会」を開催。スタジオジブリとフランスの製作兼配給会社・ワイルドバンチが共同…

映画版の謎もこの1冊で解決!? 宮崎駿が自ら描いた『風立ちぬ』の原作マンガの中身とは

『風立ちぬ 宮崎駿の妄想カムバック』(宮崎駿/大日本絵画)  2013年に公開された宮崎駿監督の長編アニメ映画『風立ちぬ』。大絶賛する人がい…

『カリオストロの城』の原点がここに! 『幽霊塔』の魅力を巨匠・宮崎駿がカラー漫画で解説!!

『幽霊塔』(江戸川乱歩 著、宮崎駿 イラスト/岩波書店)  宮崎駿監督といえば何の作品を思い出すかと問われれば、人によって意見が分かれるとこ…

細田守が『バケモノの子』で描く、少年とバケモノの本当の親子に負けない強い絆

『バケモノの子』(細田守/KADOKAWA)  7月に公開され、現在も大ヒット上映中の細田守監督最新作『バケモノの子』。監督自ら書き下ろした…

ラピュタの小型飛行機「フラップター」 羽ばたき忠実再現&オリジナル発光ギミック付で発売!

(C)Nibariki 企画/スタジオジブリ・バンダイ  テレビ放映される度に、Twitter上で「バルス!」と叫ばれることでお馴染みの宮崎…

ジブリ美術館の新企画は宮崎監督自身が担当!「幽霊塔へようこそ展」開催決定

(C)Nibariki (C)Museo d’Arte Ghibli  東京都三鷹市にある「三鷹の森ジブリ美術館」(日時指定の予…

ジブリ『ハウルの動く城』原作の挿絵も手掛けた佐竹美保さんの原画展が開催!

Illustration (C) 1997 Miho Satake 「ハウルの動く城1 魔法使いハウルと火の悪魔」より  銀座・教文館にて、…

「愚かなやつは自粛する」宮崎駿監督 独占インタビュー2月16日放送!

 TBSラジオのニュース番組「荒川強啓デイ・キャッチ!」にて、アニメ界の巨匠・宮崎駿監督の独占インタビューが2015年2月16日(月)に放送…

スタジオジブリには「すべらない話」がいっぱい!? 天才達が自由すぎる!
『仕事道楽 ― スタジオジブリの現場 (新版)』(鈴木敏夫/岩波書店)

 「スタジオジブリはみんなが大好き!」「スタジオジブリは最高のアニメ会社だ!」「日本の宝だ!」 というのが今の世の中から見たスタジオジブリへ…

『思い出のマー二ー』美術監督はいかにしてジブリの世界を創りあげたのか?
『ジブリの世界を創る』(種田陽平/KADOKAWA )

 「美術監督」という職業を聞いて、何をどんな風に扱っているのか、わかる人は少ないはず。「美術」とついているから多分絵とか映像とかと関係があっ…

スタジオジブリ最新作『思い出のマーニー』7月19日より全国公開!

2010年に大ヒットした『借りぐらしのアリエッティ』を手がけた米林宏昌監督の最新作『思い出のマーニー』が7月19日から全国で公開される。『風…

プロ野球12球団のファンクラブに10年間入会した男によるファンクラブ通信簿

『プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた! 涙と笑いの球界興亡クロニクル』(長谷川晶一/集英社)  プロ野球は応援するファン…

夏公開。ジブリ映画の原作『思い出のマーニー』 はかない悲しさ一杯の物語に、米林監督はどんなカラーをつけるのか?
『思い出のマーニー 〈上〉 (新版)』(ジョーン・ゲイル・ロビンソン/岩波書店)

 読後「いやー、この話をジブリはどうやって表現するんだろう….」という印象が強烈でした。アンナは、「おとなしいおちびさん」と呼ばれ、「やって…

「ほんとうに」空を飛ぶ浮遊感にあふれた、少女の成長物語
『魔女の宅急便』(角野栄子/KADOKAWA )

 宮崎アニメのもっとも魅力的な点は空を飛ぶことだ。それもただ飛ぶのではなくて、滑空という、あたかも無重力を思わせる飛行のイメージにその中心は…

【BOOK☆WALKER】「魔女の宅急便」シリーズ電子書籍キャンペーン実施中!(2/28まで)

 電子書籍ストアのBOOK☆WALKERでは、3月1日映画公開にあわせ「魔女の宅急便」シリーズ電子書籍キャンペーンを実施中。…

トトロに密着するメイに深い理由が!? 宮崎アニメの隠れた秘密

『好きなのにはワケがある 宮崎アニメと思春期のこころ』(岩宮恵子/筑摩書房)  先日発表された2013年の映画興行収入ランキングで、見事ナン…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ