注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
8件

ドストエフスキーの記事一覧

ドストエフスキー未完の傑作が、ミリオンセラー翻訳者の手によって完結! 舞台は19世紀ロシアから現代日本へ―

135年の時を経て、あの名作の謎が解かれる―  「世界文学最高作」と言われるドストエフスキーの傑作『カラマーゾフの兄弟』。ミリオンセラーの翻…

作者はあの人! 宇宙一最低で酷いマンガがなぜかAmazonレビューで満点の不思議!

『罪と罰』(漫F画太郎:著、ドストエフスキー:企画・原案/新潮社)  漫☆画太郎のマンガは「好き嫌いがはっきりわかれる」「読む人を選ぶ」とよ…

大映テレビ的なドロドロで大げさで通俗的なフォルムにもられた世界最高の文学
『カラマーゾフの兄弟 〈1〉』(フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス/光文社)

『カラマーゾフの兄弟』がテレビドラマになったらしい。 それを聞いて、「よりによって世界に冠たるあの大文学を、テレビドラマなんぞにしさらして」…

今なら1巻無料!ドストエフスキー原案の人気コミック『罪と罰』

崇高な目的のために流される血はあがなわれる―ひきこもりの大学生・弥勒(みろく)は、同級生に援助交際をさせ、金を巻き上げている女子高生ヒカルの…

世界は文学でできている 沼野充義×亀山郁夫 講演会開催!

沼野充義『世界は文学でできている』(光文社)刊行記念として、「新・世界文学としてのドストエフスキー」と題して、世界文学の新訳を続ける二人の文…

大文豪にしてはあまりにロマンチックな淡い恋心の物語
『白夜』(フョードル・M・ドストエフスキー/KADOKAWA)

ちょいと前に「カラマーゾフの兄弟」の猛烈なブームがあって、ドストエフスキーの名前も以前よりは知られるようになったわけですが、「暗い、深刻、長…

人は何で救われる? 神か金か。それとも…ロシア文学の巨知が放つ悩める現代ニッポンへの贈り物
『罪と罰 -まんがで読破-』(ドストエフスキー企画・漫画/イースト・プレス)

“現代の預言書”といわれるロシア文学の最高峰。 ドストエフスキー作品への入門は、ここから始めたい。 19世紀後半。 農奴開放で「自由」を手に…

特集番外編1 2008年2月号

今回の巻頭特集は、永久保存版です!…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ