注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
110件

上司の記事一覧

ボヤキも意図があってのこと。組織に役立つノムさんの言葉。 「叱っていい人」と「そうでない人」の差は?

『一流のリーダーになる 野村の言葉』(新星出版社)  日本で国民的スポーツとして人気を博してきた野球。「トップバッターは誰だ?」「代打を頼む…

よかれと思っても逆効果! あなたの注意が部下や子どもに響かない理由

 この時期、新しい部下の指導で悩んでいる人もいらっしゃると思います。注意したのにどうして行動を改めないのか……。そんな経験がある場合、部下を…

無駄な会議をなくす、たったひとつのシンプルな方法とは?

   福岡県は「働き方改革」に関する県の取り組みとして、会議削減など県庁内の業務の無駄を減らすことで、職員の長時間勤務の解消を図る…

「あれ、どうなってる?」… 日本ならではの「察し」コミュニケーションの弊害

 ADHDの方が「与えられる情報が少ないと混乱してしまう」ということを発信し、共感コメントが集まり話題になっています。  「あれ、どうなって…

「まじめだけど気が利かない」「指示待ちでリスク回避志向」…イマドキの若手社員を“自分から動ける人材”に

『なぜ若手社員は「指示待ち」を選ぶのか? 職場での成長を放棄する若者たち』(豊田義博/PHP研究所)  一見矛盾する若手の深層心理を知って、…

忙しそうな上司にどう話しかければいい? 元ANAのCAが教える「ほんとうの気遣い」のコツ

『相手も自分も疲れないほんとうの気遣いのコツ』(三上ナナエ/大和書房)  相手が嬉しくなって、自分も少しだけ幸せになれる気遣いのコツを伝授す…

無抵抗な“サンドバッグ”になってない? ツライ人間関係から逃れるには!?

『賢く「言い返す」技術』(片田珠美/三笠書房)  就職、異動、転職などで、働く環境がガラリと変わった人も多いはず。相変わらず、イヤミな上司や…

キーワードは“お風呂の栓”! 元海上保安庁の女性による「本当に大切なもの」を忘れずに仕事の成果を上げる方法

『女子の働き方』(永田潤子/文響社) 「上司と合わず、会社に行くのが辛い」 「仕事をしていても楽しくないし、やる気が出ない。自分にはこの仕事…

成功するチームは何をやっても成功し、失敗するチームは何をやっても失敗する

 米国のグーグルでは、社内で様々な業務に携わる数百のチームがあり、その中には生産性の高いチームもあれば、そうでないところもあるということで、…

「今度飲みに行きましょう」の正しく美しい使い方

 お気づきの方も多いかと存じますが、ビジネスシーンでよく使われる「今度飲みに行きましょう」には、あらゆる種類の大人の美徳が凝縮されています。…

できる上司はみんな質問上手!? 上司と部下の関係が劇的に改善する「質問型コミュニケーション」

『仕事を円滑に進めるには、まず上司から部下に質問しなさい 最高の結果を引き出す「質問型コミュニケーション」』(青木毅/カンゼン)  上司と部…

死ぬ気がないのに“うっかり自殺”しようとした……。ツイッターで話題の過労死マンガ『「死ぬくらいなら仕事辞めれば」ができない理由』

『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)』(汐街コナ:著、ゆうきゆう:監修・執筆協力/あさ出版)  いわゆるブラック企業で働き…

日本で能力主義が浸透しない理由とは? 『タテ社会の人間関係』でスッキリわかる日本社会のカラクリ

 社会のグローバル化や不景気の影響により、年功序列、終身雇用といった日本独特の平等主義から、欧米型の能力主義、成果主義へと変革をめざす企業は…

言葉の選び方ひとつで周りの見る目が変わる! 職場で一歩リードするための上手な日本語の使い方とは?

『「参考になりました」は上司に失礼! 入社1年目の国語力大全』(日本エスプリ研究会/宝島社)  日本人なら誰もが子どもの頃から慣れ親しんでい…

「ひとりひとりの声に耳を傾けるのをやめる」の真の意味は?『伸びる会社は「これ」をやらない!』

『伸びる会社は「これ」をやらない!』(安藤広大/すばる舎)  「会社の業績を伸ばすためには何をやったらよいのだろうか?」と常に頭を悩ませてい…

本音と建て前が渦巻く職場。理不尽さに負けず生き残るために知っておきたい掟

『頭のいい人は知っている 仕事の裏ルール』(山本直人/かんき出版)  職場には、その職場独特のルールが存在することが多い。昔から暗黙の了解で…

仕事がデキる人とデキない人の違いは「口ぐせ」にも表れる!? 元リクルート「伝説の営業マン」が会社訪問から学んだ、デキる人の“ひとこと”

『「口ぐせ」は仕事で最強の武器になる!』 (伊庭正康/ぱる出版)  リクルートで「伝説の営業マン」と呼ばれた著者が、4万回の会社訪問を経て身…

仕事が遅いのは“思いつき”タイプと○○タイプ! 外資系プロジェクトマネージャーが選ぶ、仕事が遅い自分を変える5冊!

日本IBM・木部智之さん  本を読む時間がない日々忙しい人のために、ロングセラー、ベストセラー、話題の本etc…ダ・ヴィンチニュース独自の視…

1週間で一番集中できるのは「◯曜日の午前中」 早く帰るために3時間分のムダをなくす方法とは?

『早く帰りたい! 仕事術 ~3時間分のムダがなくなる30のコツ~』(藤井美保代/日本能率協会マネジメントセンター)  気づけば20時!? 結…

1秒で相手を思いのままに! 顧客も上司もあなたの言いなりになる「3つのテクニック」とは?

『コミックでわかる相手の脳を支配するヤバ過ぎ心理術』(ヤギエ:著、日本博識研究所:原著 /KADOKAWA)  仕事をしていると、どうしても…

現場作業を見下すマネージャーが中小企業に転職してみると…

 数年前のことですが、以前に何度かお会いしたことがある、まずまず大きな会社のマネージャーだった人から転職したという案内をもらいました。転職先…

「でも」の代わりに「◯◯」を使う“思考グセ”で人生が変わる!? スタンフォード大学超人気講座「dスクール」の内容とは?

『スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣』(バーナード・ロス:著、庭田よう子:訳/講談社)  いよいよ始まった201…

嫌だけど避けられない相手は、したたかに利用する!ヒントは華僑の処世バイブル「中国古典」にあり

 人の悩みも幸せも、その大半は人間関係に起結すると言われます。だからこそ何よりも「人間に向き合う」ことが重要だと考え、「人間を知る」ことを極…

子どもを叱れない親、部下を注意できない上司、その人は本当にやさしいのか?

(榎本博明/PHP研究所)  ほめる子育てが流行り、パワハラが問題視される現代社会において、叱ること、厳しく接することはタブー視されている。…

自分の出世のために、次々に部下をつぶしていく「クラッシャー上司」の実態

『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』(松崎一葉/PHP研究所)  医学博士である松崎一葉が、相手の心を攻撃する「クラッシャー上…

止まったボールが打てない理由とは? ゴルフが「上手い人」と「下手な人」の明暗をわける「Aスウィング」は何がスゴイのか?

『デビッド・レッドベター「Aスウィング」』(デビッド・レッドベター/ゴルフダイジェスト社)  「プロ」の条件とは何だろう? 様々な意見はある…

日々の仕事に打ち込むだけでは、昇進できない。管理職に選ばれる人は「ここ」が評価されている!!

『上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣』(中尾ゆうすけ/すばる舎)  昨今の企業において、年功序列で昇進・昇給する時代は既に終わりを告…

「殺し文句」はビジネスの武器! スティーブ・ジョブズが、格上の会社から役員を引き抜く際に放った言葉とは?

『ザ・殺し文句』(川上徹也/新潮社)  読者諸氏は「説得」に自信があるだろうか。私はまったく自信がない。どうすれば相手が納得してくれるか、考…

「至急やってくれ!」何と言い換える? できる人が絶対やらない部下の動かし方

『できる人が絶対やらない部下の動かし方』(武田和久/日本実業出版社)  「部下育成」で絶大な信頼と支持を集めるセミナー講師が、そのノウハウを…

他人の幸せにブレーキをかけたいのが女心?「巻き込む女」「面倒な女」「自分都合で動く女」仰天 “働く女あるある”

『オンナの敵はオンナ 男たちにも知ってほしい! 働く女たちの現実』(大谷由里子:著、カワハラユキコ:マンガ/きずな出版)  女性なら誰しも、…

1234

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ