注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
47件

半沢直樹の記事一覧

『黒革の手帖』で武井咲が演じる「最凶悪女」のヤバすぎる3つの処世術とは?

 悪い女が跋扈する世の中だ。しかし、松本清張によって描かれたこの女以上の悪女など存在するのか。不朽の名作『黒革の手帖』の主人公・原口元子。テ…

大ヒット小説『アキラとあきら』にあの”有名銀行員”の影が? 池井戸潤ワールドの華麗な連鎖

『アキラとあきら』(池井戸潤/徳間文庫)  同じ名前を持つふたりの青年。それぞれの宿命を、彼らは乗り越えられるか――。5月の発売以来、トップ…

向井理×斎藤工W主演『アキラとあきら』発売&ドラマ化記念 池井戸潤インタビュー

誰の人生にも、今に辿り着くまでの道のりがある―― 「半沢直樹シリーズ」など、数々の銀行小説を世に送り出した作家・池井戸潤さんの新作は、銀行員…

シリーズ累計45万部突破!まるで “半沢直樹”!? 銀行支店長が書いた「お金が増える仕組み」が身に付く超実用エンタメビジネス小説

『読むだけでお金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿』(菅井敏之/アスコム)  かつてチャーリー・チャップリンは言った。「この…

なぜ、自分はここにいるのか? 自らの原点を問いたくなる、 池井戸潤の爽快青春小説『アキラとあきら』

『アキラとあきら』(池井戸潤/徳間文庫) 〈幼いころの君は、どんな音を聴いていた?/幼いころの君は、どんな匂いを嗅いでいた?〉  印象的な問…

長瀬智也主演、池井戸潤『空飛ぶタイヤ』映画化に期待の声続々!「これは絶対見たい」

『空飛ぶタイヤ』上巻(池井戸潤/講談社)  池井戸潤の小説『空飛ぶタイヤ』がTOKIO・長瀬智也主演で映画化されることが決定した。これには「…

「キリンビール」地方のダメ支店が2年で逆転!ある女性社員の言葉がきかっけのエリア限定広告キャンペーンが転機に!

『キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!』(田村 潤/講談社)  「闘いに必要なことは、すべて高知支店で学んだ」。現場に本質が…

足袋作り100年の老舗がランニングシューズ開発に挑む―池井戸潤最新作『陸王』が熱すぎる!複製サイン付き限定ブックカバーも見逃すな!

 百年の歴史をもつ老舗足袋業者がランニングシューズ開発に挑む――。ドラマ「半沢直樹」の原作などで知られる人気作家・池井戸潤の新作『陸王』が2…

池井戸潤が描く企業の不祥事隠蔽 ―働く意味を見失った普通の人々

『七つの会議』(池井戸潤/集英社)  歯車のひとつに過ぎない従業員の間違った行動で、企業は途端にうまく回らなくなる。はじめはひとつの歯車の問…

大企業の不正に立ち向かう中小企業のプライド  池井戸潤“企業物”初挑戦作品『空飛ぶタイヤ』で見せた「人間ドラマ」

『空飛ぶタイヤ』(池井戸 潤/実業之日本社)  直木賞を受賞し、テレビドラマも大ヒットした『下町ロケット』(小学館)。いまや企業小説のヒット…

立ち上がれ、ロスジェネ! 半沢直樹からの熱いエール

『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤/文藝春秋)  一大ブームを巻き起こしたドラマ『半沢直樹』は、主役の半沢が悪い上司をやり込めるという痛快な結末…

入れ替わった父とバカ息子が日本を変える!? 池井戸潤『民王』への期待度

『民王』(池井戸潤/文春文庫)  『半沢直樹』以来、『株価暴落』や『ルーズヴェルト・ゲーム』をはじめ、池井戸潤氏の作品がドラマ化されないクー…

今年も人気と勢いは衰えず 池井戸潤作品が続々と映像化【出版ニュース2014】

『オレたちバブル入行組』(池井戸 潤/文春文庫)  2011年に『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞し、13年にドラマ化された「半沢直樹…

池井戸ドラマで、犯人探し。ミステリー作家としての才能に触れよ

『株価暴落』(池井戸潤/文藝春秋)  最終回の視聴率が45.5%(関西圏)を記録したドラマ『半沢直樹』(2013年)。原作は言わずと知れた、…

こんな設定あり? 池井戸潤のハチャメチャ政治コメディが電子化
『民王』(池井戸潤/文藝春秋)

 本作は『鉄の骨』と『下町ロケット』の間、2010年に発表された政治小説。しかし政治コメディというべきコメディ部分の量の多さで、電車などで読…

池井戸潤が相続トラブル実話をアレンジ!かばん屋の社長急逝後の2人の兄弟の運命とは
『かばん屋の相続』(池井戸潤/文藝春秋)

 「人間よりは金のほうがはるかに頼りになりますよ。頼りにならんのは人の心です。」という尾崎紅葉の言葉を思い出す。金は揺るぎなく、その額だけの…

相変わらずの倍返し! 切れ味は一層鋭く、あの半沢直樹が帰って来た
『銀翼のイカロス』(池井戸潤/ダイヤモンド社)

 小説がドラマ化され、原作小説が部数をのばすのはよくあること。しかし、放送が終わったあともなお主人公の台詞が社会に定着し、脇役の俳優たちまで…

「半沢直樹」原作シリーズ第4弾『銀翼のイカロス』が首位

『銀翼のイカロス』(池井戸潤/ダイヤモンド社)  昨夏にTVドラマ化され一世を風靡した「半沢直樹」の原作小説シリーズ第4弾、池井戸潤『銀翼の…

WOWOWにてドラマ化! 池井戸作品・白水銀行の新たなヒーロー
『株価暴落』(池井戸潤/文藝春秋)

 池井戸作品と言えば、“銀行”。なのですが、本作はちょっと毛色が変わっていて、カリスマ経営者によって巨大成長した大手スーパーに爆発物が仕掛け…

【ebookJapan】『銀翼のイカロス』配信スタート! 池井戸潤全作品ポイント50倍!

 8月1日より、池井戸潤の「半沢直樹」シリーズ最新作『銀翼のイカロス』の電子版の配信がスタートした(紙の本と同時発売)。そこで、国内最大級の…

原作を読まない派vs.読む派の攻防【甲本雅裕×山崎樹範 池井戸ドラマ対談】

『新装版 不祥事』(池井戸潤/講談社)  『空飛ぶタイヤ』『七つの会議』『花咲舞が黙ってない』など池井戸ドラマの常連である甲本雅裕さん、意外…

新作『銀翼のイカロス』にも黒崎駿一が登場! そのきっかけは片岡愛之助の怪演だった

『銀翼のイカロス』(池井戸潤/ダイヤモンド社)  主役の半沢直樹を筆頭に、登場人物の強烈な個性がぶつかり合うドラマ『半沢直樹』。中でも鮮烈な…

半沢直樹の“新たな敵”を池井戸潤が語る ―シリーズ最新作『銀翼のイカロス』発売間近!

『銀翼のイカロス』(池井戸潤/ダイヤモンド社)  2014年、春から夏にかけてのテレビ界は、池井戸潤が席巻した、といっても過言ではないだろう…

特集番外編1 2014年8月号

すべての働く大人たちに、夢と勇気を倍返し! 完全保存版の大特集!!  編集H 池井戸潤さんの小説といえば、「企業小説」で難しくて堅い本なのか…

葛藤を真正面から描く! 池井戸潤ワールドが日本中の心をつかむ理由

『果つる底なき』(池井戸潤/講談社)  いまやテレビ業界にとってなくてはならない存在となった小説家・池井戸潤。『オレたちバブル入行組』などバ…

今クールの大本命ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』は、“半沢直樹×ROOKIES”!?

『ルーズヴェルト・ゲーム』(池井戸潤/講談社)  『半沢直樹』のスタッフが再結集したことで話題を呼んでいるTBSの新ドラマ『ルーズヴェルト・…

【BookLive!】「池井戸潤フェア」を開催!新ドラマ『花咲舞が黙ってない』ほか原作小説が50%OFF!

 国内最大級約27万冊の電子書籍を取り扱う総合電子書籍ストアBookLive! と電子書籍専用端末「BookLive! Reader Lid…

2013年度の“電子書籍”年間ベストセラーランキング発表! 『進撃の巨人』がぶっちぎりで1位に

写真は「Kindle」。電子書籍ではどんな作品が読まれているのか?    スマートフォンをはじめ、iPadなど電子書籍リーダーとして利用可能…

オンナ版半沢直樹!? 銀行員役の杏が主演で池井戸作品が再びドラマ化!
『新装版 不祥事』(池井戸潤/講談社)

 池井戸作品と言えば、組織の理論に振り回されない毅然とした主人公が登場して快刀乱麻の活躍で周囲の陰謀に打ち勝つ、というストーリーが思い浮かぶ…

トッピング全部のせ! 満足感たっぷり、池井戸潤の企業小説
『ルーズヴェルト・ゲーム』(池井戸潤/講談社)

 本作内の説明によれば、“ルーズヴェルト・ゲーム”とは、最終的には7−8で決着するような、打点が積み上げられてゆく、追いつけ追い越せの手に汗…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ