注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
27件

妖怪の記事一覧

水木しげるの“水”にまつわる妖怪が大集合! すみだ水族館とのコラボに反響続々

水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル イメージ (C)水木プロダクション  東京スカイツリータウンにある「すみだ水族館」と、漫画家・水…

京極夏彦公認『薔薇十字叢書』プロジェクト第二期、ついに始動!

 書籍にとどまらず、映画、コミック、アニメと広くメディアミックス化され、ファンを魅了しつづける京極夏彦の人気シリーズ「百鬼夜行」。戦後の東京…

舞台は岐阜の田舎町。カフェ居酒屋を営む男の料理に誘われ、9歳の少女と“人ならざるもの”が迷い込む!

『えびがわ町の妖怪カフェ』(上田信舟/白泉社)  累計2300万部突破の『ふたりエッチ』やアニメが絶賛放送中の『信長の忍び』など、人気作を輩…

SNSでも話題のコワ可愛い猫の妖怪画! 画家・石黒亜矢子が初の作品集刊行

『石黒亜矢子作品集』 (石黒亜矢子/玄光社)  コワ可愛い猫の妖怪画が作品集になった『石黒亜矢子作品集』が2016年12月5日(月)に発売さ…

アルバイトの面接に行ったら店主が妖怪だった!? そこから始まる“縁”の物語

『幽遊菓庵 春寿堂の怪奇帳』(孫之手ランプ:著、真鍋卓:原作、二星天:キャラクター原案/KADOKAWA)  「袖触れ合うも多生の縁」という…

水木しげるの故郷・鳥取県境港市に水木妖怪大集合! 133点の妖怪画が集まった追悼記念本も発売

『別冊 怪 追悼・水木しげる 世界妖怪協会 全仕事』(水木しげる、編:『怪』編集部/KADOKAWA)  漫画家・水木しげる氏の生誕の地・鳥…

江戸時代には、妖怪も娯楽の一つだった! 怖さだけではない、妖怪の魅力とは?

『ときめく妖怪図鑑』(門賀美央子:文、アマヤギ堂:画、東 雅夫:監修/山と渓谷社)  小生は妖怪に対し、あまり怖いというイメージが持てないで…

100万超「RT&いいね!」 怪談の季節に妖怪が心を温めてくれる、話題の癒され漫画がコミックス化!

『いい百鬼夜行』(川西ノブヒロ/講談社)  夏となれば、納涼感覚でまたぞろ怪談話が盛り上がる。幽霊や妖怪の存在もクローズアップされるが、人は…

疲れた毎日にひとときの癒し…官能小説家×ほんわり妖怪の癒し系BL!

 家に帰って化粧も落とさず寝落ち……そんな疲れた生活を送っているアナタに朗報。6月17日(金)に『癒やし系妖怪と淫居生活』が発売されました!…

水木しげるが生んだ妖怪たちに会える!「GeGeGe水木しげるの大妖界」東京での開催決定にファン大興奮!

 多くの妖怪にまつわる人気漫画を残したマンガ家・水木しげる。2015年11月に惜しまれながらこの世を去り、日本中が悲しみに暮れた。そんな多く…

『鬼灯の冷徹』『封神演義』のあのキャラのモデルとは? これ1冊で中国オカルト事情が丸分かり!!

『中国妖怪・鬼神図譜』(相田 洋/集広舎)  中国のオカルトとして、日本でも馴染みがあるのはキョンシーだろうか。1980年代に題材になった映…

そこは生と死が交わる路地…傑作幻想譚『よこまち余話』の魅力とは!?【後編】

『よこまち余話』(木内昇/中央公論新社)  直木賞受賞作『漂砂のうたう』などで知られる実力派作家・木内昇さん。最新作となる『よこまち余話』(…

水木しげる「ゲゲゲ」と「ゲーテ」の共通点とは?

『ゲゲゲのゲーテ 水木しげるが選んだ93の「賢者の言葉」』(水木しげる:著、水木プロダクション:編/双葉社)  2015年11月30日、漫画…

妖怪マンガの巨匠・水木しげる描く『日本霊異記』にナントご本人登場!

『水木しげるの日本霊異記』(KADOKAWA/水木しげる)  高齢化に伴い、「70歳でも現役で働く」なんてのは、昔ほど驚かれることじゃないの…

『バジリスク~甲賀忍法帖~』の作者が初めて世に放った渾身の大河伝奇!
『鬼斬り十蔵』(せがわまさき/講談社)

 戦後の伝奇・娯楽小説界に広く影響を与えた人物の一人に、山田風太郎先生がおられます。彼の作品は古くからメディアミックスされることが多く、せが…

世界に誇れる日本文化に改めて着目!見て学ぶ和のミュージアム『ジャパノロジー・コレクション』創刊

 ジャパノロジーとは英語で「日本学」という意味。知っているようで知らない日本の文化を、美しいオールカラーできちんとわかりやすく伝える「和」の…

怪談専門誌『幽』再臨!移籍後初刊行は「ハーン/八雲」特集!

『幽 vol.22』(角川書店)  怪談専門誌『幽』の最新号22号が2015年1月30日に発売された。  角川書店に移籍後、満を持しての刊行…

江戸時代、浜に現れたUFOと謎の女性に漁師はどうした!? むかしむかしのUFO&UMA伝

『江戸のUMA談』(にほんの歴史★楽会/静山社)  カッパの腕というものを見たことがある。枯れた枝のような、干からびたしわしわの物体だった。…

『妖怪ウォッチ』キャデザ長野拓造さんが伝授「ジバニャンの描き方」! 耳欠け腹巻きがあればOK【後編】

 今年、もっともかわいいと評判のキャラクタージバニャン。ちまたでは、さっそく似顔絵合戦となっている。だが、人気の一方で、その難しさにコマって…

生みの親が語る「ジバニャン」誕生秘話 『妖怪ウォッチ』キャラクターデザイナー長野拓造さんインタビュー【前編】

 今年、もっともブレイクしたキャラクターは、問答無用に「ジバニャン」だろう。ご存じ『妖怪ウォッチ』で成仏にできずにさまよう地縛霊である。その…

『妖怪ウォッチ』で騒ぐ子供も黙る!? 本気の妖怪本ランキング

 今、間違いなく一番ホットなワードの一つである『妖怪ウォッチ』。ゲームから始まり、おもちゃ、アニメ、マンガ、本と、かつてのポケモンをも圧倒す…

「妖怪として正統派」古株の妖怪マニアも太鼓判! 『妖怪ウォッチ』の深い魅力【『怪』特別編集顧問・郡司聡さんインタビュー】

『妖怪ウォッチ2元祖/本家 オフィシャル攻略ガイド』(レベルファイブ、利田 浩一、 山田 雅巳/小学館)  ゲーム攻略本の売り上げが『ドラク…

小学館、『妖怪ウォッチ』公式攻略本を初版100万部で発売

 小学館は、ニンテンドー3DSソフト『妖怪ウォッチ2元祖・本家』のオフィシャル攻略ガイドを8月22日に、初版部数100万部で発売すると発表し…

「妖怪vs.サムライ」 シンポジウム開催

『日本怪異妖怪大事典』(小松和彦/監修 東京堂出版)  京都学園大学では、2013年11月3日(日)に第5回東京妖怪シンポジウムとして「妖怪…

ツンデレ半妖娘や人喰い怪人……妖怪マンガがブーム!?

『妖狐×僕SS いぬぼくシークレットサービス』(藤原ここあ/スクウェア・エニックス)  妖怪や八百万(やおよろず)の神――彼らは日本文化の象…

京極夏彦が超本気で挑む!? 「妖怪えほん」シリーズ刊行

『つくもがみ』(京極夏彦、城芽ハヤト/岩崎書店)  京極夏彦、宮部みゆき、加門七海など、怪談作家らが原作を担当して“超絶怖い”と話題となった…

博学の荒俣宏が「すごい」と唸った「すごい人」が語り尽くす「すごい話」の数々!

『すごい人のすごい話』(荒俣宏/イースト・プレス)  最近はテレビのバラエティ番組などでにこやかにコメンテーターを務めている、博学で知られる…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ