注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
242件

教育の記事一覧

頭のよい子に育てるために、3歳から15歳のあいだに「今すぐやるべき」生活習慣

『頭のよい子に育てるために3歳から15歳のあいだに今すぐ絶対やるべきこと』(川島隆太/アチーブメント出版)  学校の成績だけでなく、将来の仕…

スマホやテレビで「おとなしくしている子」はキレやすくなる!? 脳科学的な理由

■騒がない子は本当に「いい子」なの? 「あら、いい子にしてるわね」と幼児がほめられるのは、たいていおとなしく座っているときだ。「静かにできる…

発達障碍者が抱える困難の1つ、感覚過敏。音が聞こえすぎて逆に聞こえなくなってしまう?

『自閉症と感覚過敏 特有な世界はなぜ生まれ、どう支援すべきか?』(熊谷高幸/新曜社)  自閉症などの発達障碍は、近年知名度が上がってきている…

「うんこをつまんでごらん」例文すべてに「うんこ」が入った漢字ドリル、発売2週間で63万部突破!!

 毎日数え切れないほど刊行されている新刊書籍。その中には「一体どうしてこんな本が?」と思わず首をかしげたくなるような、奇妙なコンセプトの本も…

難関中学合格率60%超えの人気講師が教える、「10歳の壁」を越える“すごい勉強”

『合格する親子のすごい勉強』(松本亘正/かんき出版)  難関中学合格率60%超の人気塾講師が、家庭でムリなくできる勉強法を公開した『合格する…

勉強ができる子が机に向かう前にしていることとは? 灘中合格者日本一の学習塾で支持率トップ講師が教える、たった5分の前準備で学力を伸ばす方法

『たった5分の「前準備」で子どもの学力はぐんぐん伸びる!』(州崎真弘/青春出版社) 「ちゃんと宿題したの?」「しっかり勉強しなさい!」こんな…

『こども君主論』が“本当に役立つ”と話題! 帝王学の名著で知られるあの『君主論』を、齋藤孝先生が、“こどもの教養書”として、小学生から読めるように超訳!!

『きびしい社会を生き抜く人になる! こども君主論』(日本図書センター)  こどもの時に吸収した言葉は、大人になってからも大きな心の支えとなる…

実は「ママ」「まんま」じゃない! 赤ちゃんの「はじめての言葉」ランキング1位は?

■科学的な調査でわかった「初語」ランキング! 「うちの子がはじめて話す言葉って、いったい何だろう」  赤ちゃんを持つ親なら、当然気になるのが…

意外と知らない「偏差値」の正体とは? 社会人になったら学んでおきたい「経済数学」

『経済数学の直観的方法 確率・統計編』(長沼伸一郎/ブルーバックス)  暦は4月、待ちに待った新年度のスタートだ。新たな年度を迎えるにあたり…

小学校入学直前、「子どものことが不安」な母親が87、6% 大事なのは子どもの力を信じること!

 いよいよ入学を直前に迎え、子どもたちは新生活への期待にワクワク。しかし、親の心中は「うちの子は大丈夫か」と不安にドキドキ。そう楽観的とはい…

早期教育がかえって脳の発達を阻害する!? 0~5才までにするべき脳育てとは

 昔の子どもは、小学校に入ってからひらがなを覚えた。もちろん今だって、小学1年生は「あいうえお」から習い始めるのは変わらない。しかし今、約9…

仕事が増え続けるPTAで「やめていい仕事の見つけかた」3つのポイント

『PTAがやっぱりコワい人のための本』(大塚玲子/太郎次郎社エディタス)  「PTA」を「PTO」に改革した出来事や、PTAに入会せずPTA…

道徳ってなんだろう? イタリア人日本文化史研究家とともに迫る

『みんなの道徳解体新書』(パオロ・マッツァリーノ/筑摩書房)  学習指導要領一部改訂に伴い義務教育課程においての教科とされることが決定した「…

仲の良い“ママ友”の子どもが「いじめる側」と「いじめられる側」になったら…

『不自由な絆』(朝比奈あすか/光文社) 「女ともだち」の存在は複雑だ。仕事・結婚・出産など人生の岐路を経て、たとえ学生時代の親友でも関係が微…

子ども部屋は必要? 子どもの“ウソ”ってどうすればいい?「私の子育て大丈夫かな?」って悩むあなたへ

『ウワサの保護者会 “私の子育て大丈夫?”と思った時に読む本』(NHK「ウワサの保護者会」制作班/マガジンハウス)  子育てに悩む保護者のた…

「スマホ育児」していませんか? スマホ依存によるママのイライラ、子供のイヤイヤを解消する方法

『スマホ育児に注意! 親子のためのモーツァルトCDブック』(篠原佳年/主婦の友社)  ご飯を作っている最中に、子どもが「ママ、遊んで」と言う…

あいさつ、笑顔、思いやり… よい習慣が楽しく学べる「マンガタイプのしつけ絵本」の大人気シリーズ“りんごちゃん”

『りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち』5巻(著:太田知子、監修:明橋大二/1万年堂出版)  あいさつ、笑顔、思いやり、社会のルールなど…

保護者にも読んでほしい! 教師向けマニュアルから探る「学校の裏側」

『大学では教えてくれない 信頼される保護者対応マニュアル』(多賀一郎/明治図書出版) まもなく新年度を迎える。この時期になると、子どもたちの…

それ違法PTAじゃない? PTAを改革して、ラクにたのしくする方法

『PTAをけっこうラクにたのしくする本』(大塚玲子/太郎次郎社エディタス) 「PTAはみんな入らなくてはいけない!」そう思っていませんか? …

子どもが緊張していたら、何と声をかけるのがベスト?

『本番に強い子の育て方』(森川 陽太郎/ディスカヴァー・トゥエンティワン)  本番前に緊張している子どもがいたら、あなたはどんな言葉をかけま…

なぜ、学校が“ブラック化”してしまうのか? 「子どものため」という意識が学校教育の問題だという事実

『ブラック化する学校(青春新書インテリジェンス)』(前屋 毅/青春出版社)  会社に始まり、アルバイト、保育所、そして学校。世の中がブラック…

スクールカーストを巡るちょっぴり切ない学園ミステリー『石黒くんに春は来ない』

『石黒くんに春は来ない』(武田綾乃/イースト・プレス)  心から「学校生活は楽しかった」と言っている大人を見ていると、憧れとも嫉妬ともつかな…

NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」で大人気だった『こんなこいるかな』が絵本になって帰ってきた! 入園・入学祝いにもオススメの新装版全12巻!

『こんなこいるかな 【新装版】1 いやだ いやだの やだもん』(有賀 忍/日本図書センター)  当時、こどもだったママやパパのなかには、きっ…

日本の「部活」の問題点とは? 「自主性」が支配する「部活」のこれからを考える

『そろそろ、部活のこれからを話しませんか 未来のための部活講義』(中澤篤史/大月書店)  体罰・暴力や死亡事件の報道から、今、部活の是非が問…

人気の食育絵本『やさいのがっこう』第2弾は、おとぼけピーマンくんが「ごうかくシール」を目指す!

『やさいのがっこう ピーマンくんゆめをみる』(なかやみわ/白泉社)  「第9回MOE絵本屋さん大賞2016」で第9位に選ばれた『やさいのがっ…

教育格差の助長の恐れ? 日本が取り入れようとしているアメリカ学校教育の実態

『貧困地区の公立学校から超インクルーシブ教育まで アメリカの教室に入ってみた』(赤木和重/ひとなる書房)  今、日本の教育が変わろうとしてい…

【連載】『不登校の17歳。』最終話「進路はどうする?」

「不登校」の基準は、年間30日以上休むこと――。 中学校で受けたいじめからの不登校を乗り越え、公立高校に進学したちゅんこ。しかし荒れるクラス…

【連載】『不登校の17歳。』第5話「バイト始めました」

「不登校」の基準は、年間30日以上休むこと――。 中学校で受けたいじめからの不登校を乗り越え、公立高校に進学したちゅんこ。しかし荒れるクラス…

【連載】『不登校の17歳。』第4話「いじめ事件発生!」

「不登校」の基準は、年間30日以上休むこと――。 中学校で受けたいじめからの不登校を乗り越え、公立高校に進学したちゅんこ。しかし荒れるクラス…

【連載】『不登校の17歳。』第3話「体調不良の変化」

「不登校」の基準は、年間30日以上休むこと――。 中学校で受けたいじめからの不登校を乗り越え、公立高校に進学したちゅんこ。しかし荒れるクラス…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ