注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
73件

文学賞の記事一覧

第5回「暮らしの小説大賞」一般公募開始! ジャンル不問で賞金100万円

 産業編集センターが開催する第5回「暮らしの小説大賞」の一般公募が、2017年6月23日(金)から開始された。  2013年に設立された「暮…

「お仕事コメディ」と「人情系ミステリー」 あなたの好みはどっち? 第2回「角川文庫キャラクター小説大賞」受賞作、無料試し読み版登場!

第2回角川文庫キャラクター小説大賞受賞作 無料試し読み特別版  第2回「角川文庫キャラクター小説大賞」大賞受賞作&優秀賞受賞作が2017年4…

『火花』も『コンビニ人間』も採点! 芥川賞受賞作に“偏差値”をつけたら…

『芥川賞の偏差値』(小谷野 敦/二見書房)  1935年の創設以来、純文学の最高峰として君臨し続ける芥川賞。歴代受賞作には遠藤周作、安部公房…

大切な人の死を忘れられない男と、恋の仕方を知らない女。他者と共に生きることの温かみに触れる、窪美澄最新長編小説献本プレゼント実施中【サイン入り】

 株式会社ドワンゴが運営する日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、株式会社KADOKAWAが発行する本とコミックの情報サイト「ダ・ヴィン…

各所で話題の93歳! 夫の巨額の借金を肩代わりし完済。波乱に満ちた佐藤愛子のスゴさとは?

『それでもこの世は悪くなかった』(佐藤愛子/文藝春秋)  昨夏、出版されたエッセイ『九十歳。何がめでたい』(小学館)が現在56万部と大ヒット…

『バカとテストと召喚獣』『犬とハサミは使いよう』はここから生まれた!「えんため大賞」第18回受賞作刊行記念フェア開催!

 1998年に設立された、小説・コミックを中心に新人作家の発掘を目的とする新人賞「えんため大賞」。第17回からは募集部門を拡大。業界初となる…

「幽」文学賞大賞『やみ窓』篠たまきインタビュー 窓の向こうの異形は化け物? それとも……。

『やみ窓』(篠 たまき/KADOKAWA)  第十回「幽」文学賞の受賞作「やみ窓」が、続篇を加えた連作短篇集として上梓された。窓で繋がる異界…

村上春樹のアンデルセン文学賞授賞スピーチ全文掲載! 『MONKEY』最新号

『MONKEY』Vol.11(編集:柴田元幸/スイッチパブリッシング)  翻訳家・柴田元幸責任編集による文芸誌『MONKEY』Vol.11が…

死んでしまった少年と、傷つき続ける少女と。出逢えないはずだったふたりのめぐり逢いがもたらす、柔らかで力強い再生の物語『リンドウにさよならを』

『リンドウにさよならを』(三田千恵:著、DANGMILL:イラスト/KADOKAWA)  リンドウという花に、そう馴染みのない人も多いのでは…

大賞はどの作品に!?「2017年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋) 『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)  2017年1月18日(水)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本…

構想12年、取材11年、執筆7年! 直木賞受賞作、恩田陸『蜜蜂と遠雷』大型重版で累計発行部数27万部に!

『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)  2017年1月19日(木)に発表された第156回「直木三十五賞」。同賞の受賞作『蜜蜂と遠雷』の大型重版が…

5,788作品から選ばれた「第1回カクヨムWeb小説コンテスト大賞」受賞7作品がついに書籍化! 発売に先駆けて大ボリュームで試し読みができちゃう『カクヨムマガジン VOL.1』配信!

  今年2月にオープンした、株式会社KADOKAWAと株式会社はてなが共同で開発する新しいWeb小説サイト「カクヨム」。正式オープンとあわせ…

又吉直樹のラブコールで実現!『鈴木先生』武富健治が『火花』をコミカライズ! 「この組み合わせしかない」とファンも絶賛

『火花』(又吉直樹/文藝春秋)  ピース・又吉直樹の小説『火花』が、「文学特集号」でもある2016年11月28日(月)発売の『週刊ビッグコミ…

「アメトーーク!」で読書芸人が大絶賛! 芥川賞受賞作『コンビニ人間』に再び注目集まる!

『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋)  11月10日(木)に放送されたバラエティ番組「アメトーーク!」の“本屋で…読書芸人”。前回の放送…

村上春樹が授賞式スピーチで触れたアンデルセン童話『影』に大反響「今まで読まなかったことを後悔した!」

『影』(著:ハンス・クリスチャン・アンデルセン、イラスト:ジョン・シェリー、訳:長島要一/評論社)  小説家・村上春樹が2016年の「ハンス…

第7回「山田風太郎賞」受賞作は塩田武士『罪の声』に決定!

 過去一年間で「最も面白い」と評価されたエンタテインメント小説に贈る文学賞、「山田風太郎賞」の選考会が2016年10月21日(金)に行われ、…

劇場型自殺事件を起こした女性の謎に迫る、有能研究者。第36回横溝正史ミステリ大賞受賞作『虹を待つ彼女』に絶賛の声続出!

『虹を待つ彼女』(逸木裕/KADOKAWA)  2016年9月30日(金)に発売された、第36回横溝正史ミステリ大賞受賞作『虹を待つ彼女』が…

余命半年の宣告を受けた患者たち。半年後、彼らの身体からがんは消え去っていた―。第15回『このミステリーがすごい!』大賞はがん研究者が描く医療本格ミステリー

大賞を受賞した、岩木一麻氏  宝島社が主催する、第15回『このミステリーがすごい!』大賞の受賞作が決定した。応募総数449作品の中から、1次…

「これが人生最後のセックスになるのかも…」『コンビニ人間』作者が打ち明けた、30歳を過ぎても追いかけてくる“自意識の罠”とは?

 30歳を過ぎると、痩せなくなる。お肌の曲がり角をとうに越え、シワや法令線に悩まされる。体の節々が痛い――。女に生まれたからには(男性でも?…

『罪の声』『バベル九朔』など話題作目白押し! 第7回「山田風太郎賞」候補作品決定

 過去一年間で「最も面白い」と評価されたエンタテインメント小説に贈る文学賞、「山田風太郎賞」の第7回候補作品が2016年9月30日(金)に発…

あなたも“たとえ”たくてしょうがなくなる!? 芥川賞・直木賞作家も嫉妬する文筆家・せきしろの表現力の秘密

『たとえる技術』(せきしろ/文響社)  圧倒的なユーモアと豊かな文章力で定評のある文筆家・せきしろの『たとえる技術』が、2016年10月12…

宮下奈都、本屋大賞受賞後初の刊行本はライブドキュメント・フォトブック!

『僕らにとって自由とはなんだ Nothing’s Carved In Stone』(宮下奈都/リットーミュージック)  確固たる…

今さら聞けない8大文学賞―世界の文学賞から読み解く現代小説の今

『世界の8大文学賞~受賞作から読み解く現代小説の今~』(都甲幸治、中村和恵、宮下遼、武田将明、瀧井朝世、石井千湖、江南亜美子、藤野可織、桑田…

『GOSICK』『心霊探偵八雲』に続け! 第2回「角川文庫キャラクター小説大賞」決定

 物語の面白さと魅力的なキャラクターを兼ね備えた、新たな作家を発掘する「第2回 角川文庫キャラクター小説大賞」の選考会が2016年9月7日(…

選考委員絶賛! 「第53回文藝賞」は町屋良平「青が破れる」に決定

 2016年8月25日(木)、東京都千代田区にある山の上ホテルにて、選考委員・斎藤美奈子、藤沢周、保坂和志、町田康により、「第53回文藝賞」…

業界初の試み! 芥川賞受賞作『コンビニ人間』のサイン会を“コンビニ”で実施!

『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋)  『コンビニ人間』の芥川賞受賞を記念して、2016年8月24日(水)に著者・村田沙耶香のサイン会が…

36歳未婚・彼氏いたことなし。コンビニのバイトは18年目……芥川賞受賞作『コンビニ人間』が『火花』に次ぐ記録達成!

 2016年7月19日(火)に発表された第155回芥川賞受賞作、村田沙耶香の『コンビニ人間』の勢いが止まらない。全国的な発売日から2日が経過…

又吉直樹の挑戦、なぜ本を読むのか? 『夜を乗り越える』の芸人らしい仕掛けとは?

『夜を乗り越える』(又吉直樹/小学館)  昨年『火花』で芥川賞を受賞し、大ベストセラー作家となった又吉直樹氏の『火花』以来初となる新書『夜を…

芥川賞作家・村田沙耶香の最新作が「Maybe!」に掲載!玉城ティナが小説のイメージを再現

 2016年7月19日(火)、第155回芥川龍之介賞と直木三十五賞が発表され、芥川賞は村田沙耶香の『コンビニ人間』(文藝春秋『文學界』201…

「ばーっと読めて、わーっと楽しめるそんな小説を目指しました」第2回「本のサナギ賞」大賞作品『ウンメイト』

装丁:bookwall(『君の膵臓をたべたい』『バベル九朔』など)装画:スケラッコ  全国の書店員と本好きが選ぶ新人小説賞「本のサナギ賞」。…

123

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ