注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
22件

海外文学の記事一覧

暑い日には部屋で読書を……村上春樹らの言葉を道標に海外文学への道を踏み出そう

『MONKEY vol.12』(柴田元幸:編/Switch Publishing)  翻訳家・柴田元幸が責任編集を務める文芸誌『MONKEY…

村上春樹が38年間コツコツと続けた、翻訳作品をめぐる冒険

『村上春樹翻訳ほとんど全仕事』(村上春樹/中央公論新社)  村上春樹はハードワーカーである。2017年2月の『色彩を持たない多崎つくると、彼…

村上春樹さん13年ぶりのトークイベント たっぷり2時間レポートします!

 「こんばんは、村上春樹です」  作家・村上春樹さんが姿を現したのは、4月27日(木)新宿サザンシアターにて開催された13年ぶりとなるトーク…

全世界が騙された! 娼婦の母親、11歳で女装売春、ドラッグ…90年代に大絶賛された“J.T.リロイ”の自伝的青春小説は、妄想癖によるでっち上げだった!

『サラ、いつわりの祈り』(金原瑞人:訳/アーティストハウス)  90年代後半、カルチャー界の話題をさらったJ.T.リロイといえば、金髪の美少…

わざわざ夜中に並ぶファン、なぜ? 0時ジャストに村上春樹の『騎士団長殺し』を買う人を追った

 7年ぶりとなる村上春樹の長編小説、『騎士団長殺し』(新潮社)が2月24日(金)に発売されました。村上春樹の長編といえば、発売前から関連イベ…

その数60冊以上! 村上春樹翻訳本、海外文学おすすめ4作品は?『最後の瞬間のすごく大きな変化』は女性にこそ読んでほしい!

 村上春樹の長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)が2月24日に発売決定! 『1Q84』以来7年ぶりの長編とだけあって、Amazonでは予約注文…

一度読み出したら止められない! 映画公開も控えるスティーヴン・キングの最高傑作『ダークタワー』待望の復活!

『ダークタワーⅠ ガンスリンガー』(風間賢二訳/KADOKAWA)  あのダークファンタジーの傑作「ダークタワー」がリニューアルして帰ってく…

金原瑞人、三辺律子… 4人の翻訳者たちが海外文学・映画を語り尽くす! 日本では出版が難しい本をクラウドファンディングで出版する企画もスタート

 2015年7月18日(月)に国内で発売された『Wonder』が大きな話題を呼び、大ヒットシリーズ『ハリー・ポッター』のその後を描いた最新作…

全世界で300万部を突破した児童書『Wonder』に絶賛の声! 来春には超豪華キャストで全米映画公開も決定

 2015年7月18日に発売された、生まれつき顔に障害がある少年・オーガストの日常を描いたR・J・パラシオによる児童書『Wonder』。全世…

世界的ベストセラー作家ケン・フォレットの超大作「百年三部作」シリーズ遂に完結!

 2016年2月23日(火)、『永遠の始まり』第3巻・第4巻が同時発売され、超大作「百年三部作」シリーズが遂に完結を迎えた。  著者は世界的…

翻訳家たちが海外作品を分かりやすくナビゲート! フリーペーパー『BOOKMARK』が今熱い!

 2015年9月、「もっと海外文学を!」「翻訳物はおもしろいんだ!」というコンセプトを元に『BOOKMARK(ブックマーク)』というフリーペ…

「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ映画化第3弾「インフェルノ」日米同時公開決定

 2005年に公開されて大ヒットした映画「ダ・ヴィンチ・コード」(05)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの…

綾瀬はるか主演で連続ドラマ化 カズオ・イシグロの傑作小説『わたしを離さないで』

『わたしを離さないで』(カズオ・イシグロ:著、土屋政雄:訳/早川書房)  人生につまずいた時、誰でも一度は「自分は何のために生きているのか、…

デビュー作が全世界で1000万部突破! ヨナス・ヨナソン待望の第2弾『国を救った数学少女』いよいよ発売

『国を救った数学少女』(ヨナス・ヨナソン:著、中村久里子:訳/西村書店)  鬼才ヨナス・ヨナソン。前作『窓から逃げた100歳老人』は全世界で…

「連続殺人を認めない国」を描きロシアで発禁本扱いになった超弩級の海外ミステリ 『チャイルド44』が遂に映画化!!

『チャイルド44』(トム・ロブ スミス:著、 田口俊樹:訳/新潮社)  この夏、映画『チャイルド44 森に消えた子供たち』がついに公開される…

『不思議の国のアリス』150周年で関連書が続々! 注目は佐々木マキが挿絵のポップな新訳版

『不思議の国のアリス』(ルイス・キャロル:著、高山宏:訳、佐々木マキ:絵/亜紀書房)  坂本龍馬が薩長同盟実現のために東奔西走し、新選組がそ…

海外文学が売れないのは値段のせい!? 書店にて「海外文学フェア」開催!

 普段あまり海外文学を読まない人に、海外文学の面白さを伝える「50人に聞きました!老いも若きもまずはこの1冊から はじめての海外文学フェア」…

予想はすべて裏切られる! 孤独な女アレックスの壮絶なる秘密とは
『その女アレックス』(ピエール・ルメートル/橘明美/文藝春秋)

 久々に読む推理小説は紀伊国屋のウェッブサイトで、しばらくの間、電子書籍文芸のベストセラー第1位に! ピエール・ルメートルの作品は初めてです…

ブッカー賞作家が書いた「フィリップ・マーロウ」シリーズ『黒い瞳のブロンド』

    『黒い瞳のブロンド』(ベンジャミン・ブラック:著、小鷹信光:訳/早川書房)  村上春樹が新訳に挑戦し、新たな息吹を吹き込まれて話題と…

村上春樹新訳で話題! 『フラニーとズーイ』川上未映子の関西弁訳もおもしろい!

『フラニーとズーイ』(サリンジャー:著、村上春樹:訳/新潮社)  村上春樹が、サリンジャーの『フラニーとズーイ』(新潮社)を新訳し、話題にな…

【Reader Store】海外文学賞受賞作含む最高傑作ミステリー10作品が半額!(3/27まで)

 SONYの電子書籍ストアReader Storeでは、3月27日(木)までの期間限定で、海外文学賞受賞作を含む最高傑作ミステリー10作品が…

村上春樹が人生で巡り会った重要な本No.1、『グレート・ギャツビー』の華麗なる(?)比較

『グレート・ギャツビー』(スコット・フィッツジェラルド:著、村上春樹:訳/中央公論新社)  レオナルド・ディカプリオ主演で映画化された、スコ…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ