注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
30件

虐待の記事一覧

認知症の人への虐待、どうすれば止められるか?

『鼻めがねという暴力 どうすれば認知症の人への虐待を止められるか』(林田俊弘/harunosora)  雑貨店や100円ショップなどで売られ…

いじめ、虐待、DV…“不道徳な行動”の裏にある生存戦略とは―進化生物学で読み解く

『いじめは生存戦略だった!? 進化生物学で読み解く生き物たちの不可解な行動の原理』(小松正/秀和システム)  いじめ・児童虐待……人間社会に…

我が子を残虐に殺した鬼畜は、実の親――。その手に掛けながらも、「愛していた」と言う矛盾

『鬼畜の家~わが子を殺す親たち~』(石井光太/新潮社)  動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画“著者出演インタビュー”で、ノンフィク…

「父はアルコール依存症」「母は新興宗教信者」―実録崩壊家族エッセイ『酔うと化け物になる父がつらい』

 連載開始前からTwitterで4,000リツイートを超えた実録アルコール依存エッセイ、『酔うと化け物になる父がつらい』のWEB連載が201…

世界に衝撃が! 数千人以上もの子どもたちを襲った性犯罪。巨大権力により組織ぐるみで隠された真実とは?

『スポットライト 世紀のスクープ カトリック教会の大罪』(ボストン・グローブ紙〈スポットライト〉チーム:編、有澤真庭:訳/竹書房)  いつの…

思わず子どもに向けて振り上げた手、どうする? 幼少期に虐待を経験した女性の育児奮闘記

『ワタシはぜったい虐待しませんからね! ― 子どもを産んだ今だから宣誓!』(主婦の友社)  どんなにあやしても泣き止まない。イヤイヤ期の反抗…

なぜ、児童相談所にも格差が生まれてしまうのか――その現状と解決策とは

『ルポ児童相談所-一時保護所から考える子ども支援』(慎泰俊/筑摩書房)  日々起こる子どもたちを巻き込んだ事件や事故の数々。親の虐待、貧困、…

「色々な地獄があるけれど、陽が射す瞬間がある」芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【後編】

 著書『ヘヴン』で、ひどいいじめを受ける“僕”とコジマが、少しずつ心を通わせながらも、辛い現実にさらされる様子を描いた川上未映子さん。映画『…

いじめ、母親からの虐待…思春期の闇と光、逃げることもできない15歳を描くリアリティとは? 芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【前編】

(左)甲斐博和さん、(右)川上未映子さん  思春期という、誰もが通過する、甘酸っぱいけれど残酷な時代。大人と子どもの間のような複雑な心境は、…

日本の子どもの6人に1人は貧困家庭。どうして助けを呼ぶ声は届かないのか?

『子どもと貧困』(朝日新聞取材班/朝日新聞出版)  日本人が「貧困」という言葉を聞くと、発展途上国でその日の食事にも困っている人々を想像しが…

エリート両親の陰で非行に走る子ども。離婚、非行、虐待、薬物…家裁調査官が見た家族のしがらみ

『家裁調査官は見た ―家族のしがらみ―』(村尾泰弘/新潮社)  世の中にはその仕事をしていなければ見ることができない世界がある。かつての人気…

子供を見殺しにしたのは誰―? 元職員が明かした、児童相談所の非情な現場

『告発 児童相談所が子供を殺す(文春新書)』(山脇 由貴子/文藝春秋)  ニュースで「児童虐待」の文字を目にする度に、いやな気持ちになる。な…

死んだ犬を捨てた川に、次男も捨てた…家庭という密室で殺される子供たち―。虐待家庭の「核」に迫る戦慄のルポ

『「鬼畜」の家:わが子を殺す親たち』(石井光太/新潮社)  一匹の蝶の羽ばたきが、地球の反対側で嵐を起こすかもしれないことを「バタフライ効果…

孤児院から実の母親に引き取られた少女に待っていたのは、凄惨な虐待の日々―。衝撃作『愛を乞うひと』ドラマ化決定&篠原涼子の一人二役に大反響

『愛を乞うひと』(下田治美/角川書店)  母親に虐待された過去を持つ女性が母親の真の姿と向き合い、自分を取り戻していく様子を描いた人気小説『…

「家だけいい子、学校で暴れる子」が急増中!親のスマホ依存や叱り過ぎが原因?まじめな親に多い「プチ虐待」とは?

『「プチ虐待」の心理 まじめな親ほどハマる日常の落とし穴』(諸富祥彦/青春出版社)  子どもを「ちゃんとしつけなくては」と思うあまり、つい厳…

貧困、虐待、ネットいじめ…。子どもたちを救う「学校の保健室」と「養護教諭」の必要性とは?

『ルポ 保健室 子どもの貧困・虐待・性のリアル(朝日新書)』(秋山千佳/朝日新聞出版)  保健室で保健の先生と話すと、なんだか安らぐ。なんで…

学校、福祉、そして親からも見捨てられた子どもたち――。少子化が叫ばれる一方で「居所不明児童生徒」が生まれているという現実

『ルポ居所不明児童―消えた子どもたち(ちくま新書)』(石川結貴/筑摩書房)  2万4000人という数字が何の数字だかご存じだろうか。54年間…

機能不全家族、毒親としての母…過去の”トラウマ”が無意識のうちに作品に投影される【後編】『母になるのがおそろしい』漫画家×『月光』監督対談

 どこか語ることがタブーとされている「性虐待」という問題。だがここ最近、その「性虐待」を正面から見つめる作品が少しずつ注目を集めている。たと…

抵抗できない苦しみ、フラッシュバック…レイプ、親からの「性虐待」というタブーに挑む理由とは?【前編】

 どこか語ることがタブーとされている「性虐待」という問題。だがここ最近、その「性虐待」を正面から見つめる作品が少しずつ注目を集めている。たと…

男は子育てに必要か?【鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子 <後編> 】

特別鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い! その3:男は子育てに必要か不要か? さきごろコミックエッセ…

「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い!【鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子 <中編> 】

特別鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い! その2:レズビアンカップルが子づくりして何が悪い! さきご…

女にとって「産む」とは何か?【鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子 <前編> 】

特別鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い! その1:女にとって「産む」とは何か? さきごろコミックエッ…

「性虐待」を伝えるということ 東 小雪×ヤマダカナン 対談(後編)

義父からの性虐待の記憶をコミックエッセイ『母になるのがおそろしい』に描いたヤマダカナンさん。同じく実父からの性虐待の記憶を持ち、パートナー・…

どう「母の呪縛」から逃れるか?東 小雪×ヤマダカナン 対談(前編)

義父からの性虐待の記憶をコミックエッセイ『母になるのがおそろしい』に描いたヤマダカナンさん。同じく実父からの性虐待を受けて育ち、パートナー・…

母の自殺、虐待、PTSD…“拾った新聞で字を覚えた”セーラー服の歌人・鳥居が、「短歌」で「自殺したい」人を救う

『セーラー服の歌人 鳥居 拾った新聞で字を覚えたホームレス少女の物語』(岩岡千景/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)  あなたは…

「教育熱心」「押しつけ」…教育虐待を行う親の特徴とは?

『教育虐待・教育ネグレクト 日本の教育システムと親が抱える問題(光文社新書)』(古荘純一、磯崎祐介/光文社) 「虐待」の文字がテレビや雑誌な…

知っていますか? 虐待から生き残った子どもたちの「その後」

『誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち』(黒川祥子/集英社)  突然ですが、電話番号に関するクイズをひとつ。緊急時にダイヤルす…

バナー広告で約40万DLを記録! 「児童虐待」を真正面から描いた『ちいさいひと 青葉児童相談所物語』に、涙が止まらない…

『ちいさいひと 青葉児童相談所物語』(夾竹桃ジン/小学館)  乱雑な部屋に取り残された様子の乳児と女の子。チェーンがかかったドアの隙間から、…

学級崩壊、虐待、ネグレクト…どこにでもある町で暮らす人々が再生する物語『きみはいい子』

『きみはいい子』(中脇初枝/ポプラ社)  映画『きみはいい子』が6月27日から公開される。昨年『そこのみにて光輝く』で世界的にも評価された、…

昭和初期の女郎を描いた衝撃作『親なるもの 断崖』が新装版で蘇る!

 女性の人権、親子関係、児童虐待、平和を訴える戦争の悲惨さや残酷さ、社会の歪みが弱者に向かう現実…。深い洞察力で、人間の弱さや醜さとも向き合…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ