どんな逆境も乗り越える! 漫画のヒロインたちに学ぶ、4つのサバイブ力

マンガ・アニメ

2020/4/29

 自粛要請期間ということで、お家時間が長くなった人も多いかと思います。外に遊びに行けないのは残念ですが、その分、お家で漫画を読む時間ができたわけですね。とかく、漫画にはバイタリティに溢れたキャラクターが大勢います。気持ちが落ち込み気味な私たちは、今こそ彼ら・彼女らから、その生き方を学び、この世を力強くサバイブしていこうではありませんか。そこで、ヒロインたちの「生きる力」をご紹介したいと思います。そのキャラクターならではの生きる力を、どうぞ感じてください。

逆境にくじけないタフな精神力!!
牧野つくし(『花より男子』)

『花より男子』(神尾葉子/集英社)

 累計発行部数6100万部を突破する、少女漫画の金字塔『花より男子』。そのヒロインといえば、皆さんご存じ、牧野つくしです。お金持ちが通う英徳学園に入学した一般庶民のつくしが、学園の独裁者である道明寺司に宣戦布告するところから物語は始まります。

 道明寺の怒りを買ったつくしは、クラスメートから無視され、卵を投げつけられ、挙句の果てには車で引きずられるという、ひどいいじめに遭います。幼い頃にこのシーンを読んだ筆者は、若干トラウマです。

 しかし、どれだけ嫌がらせを受けても、つくしは負けません。学園の生徒たちにも道明寺にも屈することなく自分を貫き通し、己の力で困難を克服します。これぞ生きる力。

 つくしのようなタフな精神力があれば、鬱々とした現実も乗り越えていけそうです。

ストレスを溜めないスルースキル!!
瀬尾結月(『月刊少女野崎くん』)

『月刊少女野崎くん』(椿いづみ/スクウェア・エニックス)

 人気少女漫画家の男子高生、野崎くんの日常を描いた、学園4コマ漫画。作中、「少女マンガっぽい派手な奴」として登場するのが、瀬尾結月です。空気が読めず、人をイラつかせる天才の結月は、しょっちゅう周りの人たちを怒らせます。

 しかし、どんなに怒られても、結月はノーダメージです。なぜなら、悪気がなくやっているので「怒らせた」という自覚がないのです。とんでもないスルースキルの持ち主。また、少しでも分が悪いとわかれば、すぐさま逃走する潔さも持ち合わせています。

 ちょっとした失敗や失言で、くよくよしてしまうという人は、結月を見習いましょう。結月くらいスルースキルを高めれば、自粛期間中も、ストレスフリーな生活を送れるはずです。

環境の変化を受け入れる適応能力!!
三嶋瞳(『ヒナまつり』)

『ヒナまつり』(大武政夫/エンターブレイン)

 若手ヤクザの新田義史のもとに、突如やってきた超能力者のヒナ。なんやかんやで同居することになった2人を中心に繰り広げられるドタバタギャグ漫画です。三嶋瞳はヒナのクラスメートで、初登場時は、どこにでもいる普通の中学1年生の女の子でした。

 ところが、ひょんなことがきっかけでバーテンダーとして働くようになると、その仕事ぶりにほかの職種からも依頼が殺到。ビールの売り子や、ビル清掃などを経て、なんと、全米No.1シェアを誇る通信会社のCEOにまで上りつめます。とてつもない潜在能力です。

 しかし、瞳のすごいところは、そのポテンシャルよりもむしろ、適応能力のほう。倍以上の年齢の大人たちに囲まれた職場でも、萎縮せずに自分にできることを淡々とこなしていきます。手違いで軍事訓練施設に送り込まれたときも、逃げ出すことなく現実を受け入れて、結果的に英語とスナイパーのスキルを身に着けます。

 予想外のことが起きても慌てず騒がず、そこから何かしら得るものを見つけ出す。瞳レベルの適応能力があれば、どんな場所でも生きていけそうです。

人生に積極的になる人ほど幸せを掴む!!
カロちゃん(『トマトイプーのリコピン』)

『トマトイプーのリコピン』(大石浩二/集英社)

 キュートでファンシーな動物たちによる、時事ネタや風刺ネタ満載のギャグ漫画。主人公リコピンのガールフレンドで、ニンジンの苗から生まれたトイプードルのカロちゃんは、美容情報やSNSチェックに余念がない、今どきの女の子。そして、超絶わがままなナルシストです。気に入らないプレゼントは容赦なくダメ出しし、自分の浮気がバレても謝りません。とにかく自分が最優先。

 さすがにカロちゃんほど自己愛が強くて攻撃的だと、人間関係に支障が出そうですが、人生への積極度に関しては、学ぶところがあります。

 ある日、友達のめめちゃんに恋のアドバイスをすることになったカロちゃんは、「相手のことを考えない、図々しいやつが恋を勝ち取る」と力説します。図々しい奴ほど失敗を恐れないので、その分チャンスが増えるという意味です。これは恋愛に限らず、人生のあらゆる場面に置き換えられます。

 幸せを掴み取りたいなら、ときにはカロちゃんのように、なりふり構わず突き進む強さも必要なのかもしれません。

 タフな精神力、スルースキル、適応能力、そして、図々しいほどの積極性。この4つを備えれば、自粛期間も前向きに過ごせそうな気がしてきませんか? ヒロインたちの生きる力、ぜひとも盗んでみてください。

文=中村未来(清談社)

この記事で紹介した書籍ほか