注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
82件

注目の新刊(2014年03月)

ノンフィクション作家として知られる石井光太の初の小説『蛍の森』は、長年の構想を結実させた社会派ミステリー。四国の山村で発生した謎の老人連続失踪事件を描く。上下巻で刊行された、吉田修一『怒り』は、八王子郊外で起こった惨殺事件を描いた、新たな代表作ともいえる1冊。

この雨が上がる頃

雨降る夜、レンタルビデオ店襲撃事件に巻き込まれた沙織は、犯人たちが企てた驚愕の真実を知る。「この雨が上がる頃、全てに決着がついている」――(表題作)。雨音を通奏低音に孕む7つの短編が、少女誘拐、詐欺、窃盗、殺人、汚職など、人間の心の闇と襞を描く。

逃亡者

愛犬の散歩中にライターを拾った新進お笑い芸人の黒崎は、翌日、正体不明の3人組に襲われる。さらには大家殺しの犯人に仕立てられ、警察とヤクザから追われるハメに。いったいなぜ……。究極のサバイバル状況に陥った黒崎は、果たして生き延びることができるのか?

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

蛍の森

四国で発生した謎の連続老人失踪事件。そして、歴史上最も凄惨な「人権蹂躙」の闇。本作のベースにあるのは、日本に実際にあったハンセン病や精神障害を抱える人々に対する差別の狂気だ。ノンフィクションの旗手が、長年の構想のもとに結実させた社会派ミステリー巨編。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

1+1=Namida

著者は、日本ゴールドディスク大賞のSONG OF THE YEAR受賞作『青春アミーゴ』など累計セールス1500万枚超の楽曲を手がける人気作詞家。初の小説となる本書はアクションに満ちたサスペンスで、境遇や性格は対照的ながらも固い絆で結ばれた二人の波瀾万丈の物語。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

桜桃・雪の夜の話 - 無頼派作家の夜 (実業之日本社文庫)

「ダメ男の書いた作品」と偏見を持たれがちな太宰治の作品は、没後も支持され読み継がれている。本書は『桜桃』『ヴィヨンの妻』『雪の夜の話』など酒にまつわる小説・エッセイを収録した一冊。語り口の上手さに引き込まれ、無頼派作家の実力を再認識するだろう。

インスマスの血脈 (The Cthulhu Mythos Files)

ラヴクラフトの傑作ホラー『インスマスの影』に現代日本作家がオマージュを捧げるアンソロジー。夢枕獏と寺田克也がタッグを組んだ「海底神宮」、原発のある漁港の町を舞台とした樋口明雄の「海からの視線」、青木ヶ原樹海での戦慄を描いた黒史郎「変貌羨望」の3作。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

ファイアー・クロニクル: 最古の魔術書II

世界35カ国で翻訳出版され少年少女らを熱狂させた『エメラルド・アトラス』の続編。1冊目の魔術書はウィバーリー家の長女ケイトの手に。では2冊目の魔術書「ファイアー・クロニクル」は長男マイケルが手にするのか? 姉弟らの運命から目が離せない。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

いにしえの光 (新潮クレスト・ブックス)

撮影現場から姿を消した人気女優と、あとを追う老俳優の、奇妙な逃避行。その途上、男の脳裏には、少年時代の友人の母親との禁断の恋の記憶がよみがえる。二人の短い時間があんなにも光に満ちていたのはなぜなのか? その手がかりが、数十年を経てふいに明らかに……。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

オクサ・ポロック3 二つの世界の中心

フランスで大人気のファンタジー・シリーズ第3弾。普段はロンドンのフランス人中学校に通う14歳のオクサ・ポロックは、地球上の見えない世界、エデフィアの若き君主である。そんなオクサは宿敵、反逆者の陰謀と闘いつつ、エデフィアへの帰還を目指すが――。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

峠越え

幼少期、師から「凡庸」の烙印を押された徳川家康は、いかにして天下人となったのか? いまもっとも注目の時代小説作家が、ついに戦国の覇者・家康を描く。過酷な乱世を生き抜いてきた家康の「生きる力」とは? これまでなかった新しい家康像に注目だ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

モンキー・ウォーズ

サルが神の生まれ変わりと信じられているインドでは、熾烈で激しいサル同士の戦いがあった。オスザルのミコは、部族間の対立に違和感を覚え……。愛嬌あるキャラクターや巧みな語り口、スリリングな展開が組み合わさった、人間以上に人間らしいサルたちの冒険譚。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部

百貨店の年商の約3割をたたき出す外商。高卒、中途採用、契約社員からのたたき上げ、かつバツイチ女性の鮫島静緒は、人事異動で男性ばかりで厳しいノルマを課せられる外商部に配属になる。上流階級の客相手に奔走するのだが……。静緒のお・も・て・な・しをご覧あれ!

ベッドサイド・マーダーケース

いつもの寝室。大好きな寝室。となりでねむる妻の首には、包丁が突き刺さっていた。ドア用ポストには『ワスレルナ』と書かれたメモ。復讐を期す夫たちは犯人を追ううちに、地球を壊滅へ導く恐怖と対峙する。1000年前に一度崩壊した世界が隠し続ける〈秘密〉に戦慄。

風の向こうへ駆け抜けろ

2年間の訓練を終え、広島の鈴田競馬場に所属することになった新人ジョッキー・瑞穂。そこで彼女が出会ったのは、心に傷を負った厩務員たちだった。瑞穂の努力はそんな彼らを少しずつ変えてゆき――。地方競馬を舞台に描く、勇気いっぱいのヒューマンドラマ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

アフリカッ!

商事会社のシステムエンジニア・村上大輝は念願叶ってアフリカ開発部へ。文化の違いに悪戦苦闘しながら、エチオピアからケニア、ザンビアへと新たな市場を求め暴れ回ることに……。ストーリーが面白く、ある業界や地域の実情もわかる「お仕事小説」のお手本だ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

ソラル

ケファリニア島のユダヤ人一族に生まれたソラル。美貌と野心を持つ彼は16歳で島から逃げ去る。運命の女性オードと結婚し、25歳でフランス労働大臣に抜擢。だが、絶望的な破滅へと堕ちてゆく。アカデミー・フランセーズ小説大賞受賞作『選ばれた女』の前日譚。

吹き溜まりのノイジーボーイズ (メディアワークス文庫)

吹奏楽部の有無で進学先を決めた亜希は、高校入学後に吹奏楽部が前年で廃部になっていたことを知る。ある日、担任の教師が「ある生徒らに楽器演奏を教えてほしい」と持ちかけてきて……。正統派女子高生と札付きのヤンキー少年の半年間を、若い感性で描いた青春小説。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

リテラリーゴシック・イン・ジャパン: 文学的ゴシック作品選 (ちくま文庫)

ダークサイドに惹かれる心性「ゴシック」の日本文学における達成を『ゴシックハート』で知られる著者が精選したアンソロジー。北原白秋、泉鏡花から江戸川乱歩、三島由紀夫、澁澤龍彥を経て、現在第一線で活躍する作家たちまでを収録。不穏さに満ちた異色の文学館。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

翳りの城

元亀3(1572)年、圧倒的軍勢を誇る武田信玄が、上洛を開始する。ところがこの最強の武田軍に、人を喰らうという“殺戮の城”が襲いかかる。ある人物の魂と数奇な運命が宿り、もはや「殺人兵器」となってしまった城とは? 壮大なスケールの戦国時代小説だ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記)

元芸者のお蔦さんと孫の望が2人で暮らす滝本家。望と同じ中学の彰彦とその後輩・有斗が訪れた夜、有斗が家に帰ると血だらけの部屋を残し、家族が消えていた。一家の行方、そして家族が抱える秘密とは。粋と人情あふれる「お蔦さんの神楽坂日記」シリーズ第2弾。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

誰も知らないわたしたちのこと

5年間の不妊治療の末子どもを授かった35歳のジャーナリスト・ルーチェ。だが、出生前診断により胎児は重大な疾患を持っていた。ルーチェが人工中絶を選択するまでの苦しみのプロセスは、著者の体験に基づくだけに痛切に胸に響く。イタリアでベストセラーとなる。

ファースト・サークル (ハヤカワ文庫JA)

テレビを眺めていた私の頭で響き始めた手拍子。気がつくと私の首から上は、「ファースト・サークル」の向こう側に移動していた。一方、精神科医の満ちるの携帯からも、手拍子のような着信音が……。超現実的な光景を鮮やかに紡ぎだす、新鋭の長編幻想小説。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

信長 暁の魔王

「その赤子を今すぐ殺せ」。生まれ落ちた信長に実母の久子は言い放つ。この言葉に象徴される母子の関係に着目した歴史長編が登場した。弟・信行を溺愛する久子、親に懐かず子どもらしいところのない信長。三者の関係は、父・信秀の死後、骨肉の争いへと発展する。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

殺意の構図 探偵の依頼人

殺人事件を担当することになった街の弁護士・衣田。容疑者は知人でもある峰岸だ。ある冤罪事件が発端となった連続不審死で、複雑に絡み合う家族関係や狡猾な犯行計画に、衣田は翻弄されて……。元弁護士の著者が放つ、精緻に仕掛けた本格ミステリーを堪能できる。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

愛と再生の浜辺 (上) (扶桑社ロマンス)

妻が殺され、警察やマスコミから容疑者扱いを受けたイーライ・ランドン。疲れ果てて逃げ着いた祖母の家で、さらなる事件と心安らぐ出会いがイーライを待っていた。エンターテインメント小説の名手としてアメリカで評価されるロマンス作家の最新ラブ・サスペンス。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

ブレイブリーデフォルト Rの手帳 Vol.1 (ゲームノベルズ)

人気RPG『ブレイブリーデフォルト』が小説になって登場! 愛に生きる男・リングアベルは、風のクリスタルの巫女・アニエスら3人の仲間と1匹の精霊と共に世界を救う新たな旅に出るが……。ゲーム未体験でも楽しめる冒険ファンタジー小説。『Vol.2』も同時発売。

小川洋子の陶酔短篇箱

川上弘美「河童玉」、葛西善蔵「遊動円木」、泉鏡花「外科室」、梶井基次郎「愛撫」――。人気作家・小川洋子が愛してやまない16の短編小説に、編者書き下ろしの解説エッセイを加えた短編小説の宝箱。河童、猫、牧神、鮫、鯉など、さまざまな動物・生き物たちが活躍する。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

弁護士先生と恋する事務員 (ベリーズ文庫)

下町にある弁護士事務所に勤務する伊藤詩織は、カッコいいボスの剣淵光太郎に淡い恋情を抱く若い女性だ。モデルのように男前なのに二枚目になれないボスはGFが多いが、最近はフラれ続けているよう。詩織はボスを慰めるために手料理をふるまったりするのだが……。

よりぬきウッドハウス1

ユーモア小説の大家でイギリスの国民的作家であるウッドハウスファン待望の新シリーズ第1巻。本邦初訳の傑作短編や初期作品、エッセイなども多数収録。英国王室御用達、ウィットに富んだ世界最高峰のクオリティを誇り、英国上流階級層の暮らしもよくわかって興味深い。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

甘い復讐 (単行本)

元ホストの修は、セレブな人妻・早苗に金品を貢がせていた。二人の仲むつまじい愛欲の日々はしかし、修にとっては甘やかな復讐の始まりだった――。表題作の他、人間のなかに渦巻く黒い欲望を描ききった小説集。読む者の心を震わせる、怒濤の樋口ワールド!

春、戻る

結婚を控えたある日、私の前に兄と名乗る青年が現れた。明らかに年下の「お兄さん」は、私の結婚にあれこれ口出しを始めて……。『戸村飯店 青春100連発』『あと少し、もう少し』の著者が贈る、“人生で一番大切なことを教えてくれる”ハートフルなウェディングストーリー。

首折り男のための協奏曲

胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々! 「恋」に惑って「怪談」に震え「合コン」では泣き笑い。黒澤を「悪意」が襲い、父は子のため「復讐者」になる――。技巧と趣向が奇跡的に融合した7つの物語を収める、贅沢な連作集。

ターミナルタウン

ターミナルタウンとして鉄道とともに発展してきた町・静原。しかし、乗り換え路線の廃止により、ほとんどすべての列車が町を通過することに。鉄道に忠誠を誓った町が鉄道を失ったとき、そこには何が残るのか。さまざまな思いが交錯するまったく新しい「町興し」小説。

怒り(上)

2011年8月、八王子郊外で尾木幸則・里佳子夫妻が惨殺された。血まみれの廊下には、犯人・山神一也が書いた血文字「怒」が残されていた――。整形し逃亡を続ける山神はどこにいるのか? 『悪人』から7年、ラストまでページを捲る手が止まらない、吉田修一の新たなる代表作。

札幌アンダーソング (単行本)

北海道は札幌。雪の中、全裸で発見された奇妙な遺体の謎を解くため、若手刑事の仲野久は、無駄に色男な先輩・根来とともに「変態の専門家」を訪ねる。その専門家とは、美貌の天才少年・春――! 『東京バンドワゴン』の小路幸也が贈る、革新的エンタメミステリー。

小説のデーモンたち (SWITCH LIBRARY)

2011年2月から2年半、雑誌『SWITCH』に連載された小説創作論が一冊に。想像力や「産む」こと、さらに「長さ」「無意識」など、小説家の内外に氾濫するデーモン(魔物)との苦闘を綴る。3.11に直面した小説家としての痛切な葛藤も曝け出した《生身の実践的創作論》。

バカの壁のそのまた向こう

2009年から13年にかけて、月刊『かまくら春秋』で連載した人気エッセイ「養老先生の虫メガネ」を単行本化。自然・環境・現代人をテーマにした珠玉の全55編。“虫採り博士”として知られる氏が、現代人と自然とのかかわりを鋭く解剖している。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

三陸の海

三陸地方を襲った明治・昭和期の津波を描いたルポルタージュ『三陸海岸大津波』で知られる吉村昭は、三陸と縁の深い作家だった。妻として半世紀以上吉村の人生に寄り添ってきた著者が、東日本大震災後のいま、三陸と人生との関わりをふり返る。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

マリー・クヮント

1960年代の「スウィンギング・ロンドン」を牽引し、ミニスカートを流行させ、女性を“解放”したファッションデザイナー、マリー・クヮント。その子ども時代から、デザイン論や起業論、家族、交遊録、さらに現在までを語りつくす。ファッショナブルでユーモラスな回想録。

もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。

『暮しの手帳』編集長が、人生のルーキーである若者と同じ目線で考えた「50のやってみたいこと」。このほかに、25歳のときに知っていればどれだけよかっただろうと思う3つのポイントを加えて、夢をもてない悩める若者たちに贈る、人生と仕事の実践的ヒント集。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 石森康子

生きる。死ぬ。

  • 著者名 : 玄侑 宗久 / 土橋 重隆 / 
  • 発売元 : ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 価格 : 1,575円
  • amazonへ
  • 楽天ブックスへ

外科医として長年ガン治療に携わってきった土橋重隆と、禅僧として修行を積み今もなお多くの人々の死に立ち会う芥川賞作家・玄侑宗久。この二人がガン治療やひいては医療そのもの問題から、死と戦わない生き方、そして共通のキーワード「不二」の思想まで語りつくす。

  • ジャンル : IT・科学・医学
  • レビュアー : 工藤渉

ボブという名のストリート・キャット

フジテレビ『奇跡体験!アンビリバボー』でも紹介されたロンドンの路上で暮らす青年と捨て猫ボブとの感動的な友情物語は青年の手で書籍化され、全英でベストセラーに。ドン底に落ちた青年はどのように絶望を希望に変えていったか? 人生は何度でもやり直せると実感!

カジン先生のじかん: 短歌エッセイ (進学レーダーBooks)

著者は、神奈川の名門女子校・湘南白百合学園の国語科教諭。さらには第60回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した高名な歌人でもある。その短歌エッセイは、ほっこりしていて温かく、ぜひ親子で読みたい一冊だ。受験情報誌『中学受験 進学レーダー』の人気連載が単行本化。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

偽悪者 ~トリックスターが日本を変える~

「最初に何かをやり始めた者は、この国ではいつも決まって叩かれる。私もそうだったように」。川上量生、坂口恭平、湯浅誠、細野豪志ら、“異端”とされながらもさまざまな分野で注目を集める12名を直撃。「ジャーナリスト復帰中」の著者が書き下ろす、トリックスター評伝。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 石森康子

あわいの力 「心の時代」の次を生きる (シリーズ 22世紀を生きる)

「心」が生まれて3000年。人類は自らが作りだした心の副作用に押し潰されようとしている。そろそろ心に代わる何かが生まれるのではないだろうか? 能楽師として活躍する著者が、ふたつのものをつなぎ合わせる「あわい」の不思議な力に注目した刺激的エッセイ集。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 朝宮運河

サムライ 評伝 三船敏郎

1998年の葬儀には、当時の仏大統領をはじめ世界各国の著名人から数十通の弔電が送られてきた“世界のミフネ”。『羅生門』や『七人の侍』など150本の映像作品を残した77年の生涯を、離婚裁判や黒澤明との不仲、知られざる晩年の姿まで細やかに記したノンフィクション。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 土田美樹

わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

  • 著者名 : マララ・ユスフザイ / クリスティーナ・ラム
  • 発売元 : 学研マーケティング
  • 価格 : 1,680円
  • amazonへ
  • 楽天ブックスへ

「女の子にも教育を」と訴え、イスラム武装勢力に銃撃された16歳の少女・マララの手記。タリバンに撃たれた少女ではなく教育のために戦った少女と思われたいと決意を語る一方、10代の少女らしい一面もみせてくれる。一少女の手記としても十分に面白い本だ。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 工藤渉

ユーミンの罪 (講談社現代新書)

デビュー以来、女性が内包するドロドロしたものをすべて肯定し、キラキラに変換してくれた“ユーミン”。2012年デビュー40周年を迎えた彼女のデビューからバブル崩壊までのアルバムとともに、女性と社会の変化を考え、ユーミンの歌が世の中に与えた影響を検証する。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 石森康子

そのように見えた

月刊誌『MOE』に連載された、絵や映画についてのエッセイに、自身の半生をこれまで暮らしてきた場所に焦点を当てて書いた「みずのそば」など、書き下ろしを加えて書籍化! 池田進吾による絵をふんだんに掲載した、絵本のような贅沢な味わいの一冊だ。

下町ボブスレー―世界へ、終わりなき挑戦

ボブスレーのマシン製作で「ものづくりの町」東京・大田区のブランドを、世界にアピールする。目標は五輪での採用――。ゼロから始まった町工場の男たちの挑戦は、「ソチ五輪不採用」通告後の今も続く。プロジェクト草創期から現在までを丹念に追ったドキュメント。

人生相談劇場

アウトロー街道を突っ走る二人が、あなたのお悩みを承ります。あらゆる年代の恋愛相談、身の上ならぬ「身の下」相談から、思い通りにいかない子どもとの関係、伴侶の死まで――。波瀾万丈の人生経験から導き出す回答が、あなたの心を軽くしてくれる(かも)!?

毅然として死ねない人よ。それでいいではありませんか。―遠藤周作の人生観

『沈黙』『深い河』など数々の名作を世に送り出した作家・遠藤周作。彼は軽妙で深みのあるエッセイの名手としても知られた。本書は初めての読者にもおすすめのエッセイ集。生誕90年、没後17年。色あせることなく、今なお深く静かに胸をうつメッセージの数々。

父の生きる

生きる気力をなくし、無為な生活を送っているようにも見えた80代の父親。しかしその言葉にはたしかに生命が息づいていた――。詩人・伊藤比呂美が、独居する父が亡くなるまでの3年半の介護の記録を通して見つめる、老いてなお生きるということ。

戸惑う窓

立っていても、坐っていても、視線を外に向けると、いつか、からなず、なにかが起きるような気がする――。文学や絵画にあらわれた「窓」から〈私と世界〉を静かに映す長編エッセイ。芥川賞をはじめ数々の文学賞に輝いてきた著者の、世界の見方に触れられる一冊。

三越伊勢丹 日本の年中行事 暮らしアルバム

お正月のおせちに初詣、節分の豆まき、ひな祭り、お彼岸、お月見、七五三。日本を代表する老舗百貨店、三越伊勢丹が美しい写真とともに伝える年中行事の温故知新。解説文には英文も併記されているので、外国人に日本文化を紹介するときの“アンチョコ”としても便利。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 石森康子

映画にもTVにもなったファンタジー・ノベルの魅力

『美女と野獣』や『ハウルの動く城』、「ハリー・ポッター」など100以上の有名児童文学を、原作について詳しく解説しながら映像化作品の見どころまで収めた書。作品はヴァリアントを生みながら生き延びてゆくという編著者の主張に、思わず納得のラインナップ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

自分史の書き方

これからの人生(セカンドステージ)のデザインに必要なのはこれまでの人生(ファーストステージ)を見つめ直すこと。本書はその最良の方法である「自分史」の書き方を、年表の作り方から実践的に教えてくれる。受講生たちによる実際の作例も興味深い。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 工藤渉

鏡リュウジの占い大事典

西洋占星術、タロット占い、ルーン占い、夢占い、数秘術、手相、ルネーション占星術……占いはいつも迷える人々を惹きつけてやまない。長年占いの道を究めてきた著者による初心者・中級者向けの占いがよくわかるガイドブック。詳しく勉強し、可能性を広げたい!

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 桑島まさき

盤面の敵はどこへ行ったか 法月綸太郎ミステリー塾 疾風編

至高のミステリー作家のデビュー25周年を記念した最新評論集。エラリー・クイーンから『相棒』まで、『国会議事堂の死体』(スタンリー・ハイランド)、『八月の博物館』(瀬名秀明)など、古今東西の名作の真実を暴く。切れ味鋭い、超極上のミステリーガイドだ。

ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと: 時間・お金・ファンタジー (とんぼの本)

『モモ』『はてしない物語』など、ファンタジーの傑作を次々に生み出したドイツ人作家、ミヒャエル・エンデ。その独特の世界観を、「時間」「お金」といったテーマで読み解き、その人生や作品ガイドを豊富な写真や自筆画と共に紹介する。現代人に贈るエンデ入門書。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

図説 英国インテリアの歴史: 魅惑のヴィクトリアン・ハウス (ふくろうの本)

新築物件よりも、築何百年の家に高い価値を見出す英国人。本書では住まいに対する英国人の意識や英国流住宅の実際を紹介し、15世紀から続くインテリアの変遷を追っている。具体的な写真も豊富で、現地を訪問した際に観光できる庭や部屋が明示されているのも実用的。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 土田美樹

穴うめ短歌でボキャブラリー・トレーニング

短歌を穴埋めしながら、発想力や語彙力を鍛えよう。子規や啄木から水上比呂美、山田航など、古今の課題短歌で詠まれている場面や状況を想像しながら、ブランクを埋めるだけ。正解がないから幾通りにも楽しめ、短歌初心者でも気軽にチャレンジできる言葉のトレーニング。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 石森康子

羊毛フェルトで作る絵本のマスコット (MOE BOOKS)

『くまのがっこう』のジャッキー、『こんとあき』のこん、「ぐりとぐら」「ピーターラビット」『夏目友人帳』のニャンコ先生など絵本・マンガのキャラクターを羊毛フェルトで簡単に作るハウツー本。細かい解説がわかりやすく嬉しい。プレゼントすると喜ばれるだろう!

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 桑島まさき

Dr.チバのアロマ・セックス入門

現役整形外科医が、セックスにおけるアロマの活用法を指南。アロマの効用や演出術、マッサージ法などをイラストで優しく解説する。医療の現場でも、痛みを和らげるなど絶大な効力を持つアロマ。魅惑の香りが快楽をアップさせる非日常的時間を、ぜひ経験してみよう。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 田島薫

さわこさんとハッポゥくんのはじめて工作

1枚の紙を「おる」「切る」「はる」だけで、飾っておきたいおもちゃができる? NHK『つくってあそぼ』や幼児雑誌『めばえ』の付録作りなどに携わった造形作家が提案する気軽な工作50選。切り絵や立体カード、ピストルやギターなどの型紙つきで不器用な人でも簡単。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 土田美樹

たった2分で、怒りを乗り越える本。

発想を転換すれば、怒りはコントロールできる。「すこぶる短気」と自認する著者による本書は、怒りの本質を理解し、心を鎮める63のヒントを収録。自分、職場、身内、友人、愛する人、そして世の中への怒りに対する解決法を、シチュエーション別にアドバイスする。

金持ちトーク貧乏トーク 無限の富を生み出す話し方、ドンドン貧乏になる話し方

ポジティブシンキングよりポジティブアクションが大切、「質問をする人」は金持ちになり「自分の話をする人」は貧乏に、など気になるフレーズが満載。コミュニケーションの専門家である著者が「成果が出た方法ばかり」を紹介する本書で、まず話し方から変えてみよう。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 工藤渉

(013)漂流しはじめた日本の教育 教科現場のデジタル化は誰のため? (ポプラ新書)

IT社会の波は子どもたちの教育の現場まで及んでいる。デジタル教科書を使用した授業のデメリットとは? 学校でも家庭でもスマホやタブレットを使用する子どもたちは……。教育現場出身の国会議員である著者が、教育のデジタル化を危惧し警鐘を鳴らした熱き提言書。

新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする

安藤美冬、岩瀬大輔、佐渡島庸平、為末大など、次世代をリードする若手8名が、各々の戦い方・生き方を指南。必ず誰もがぶつかる「仕事の壁」の答えは、自分で作り出していくしかない。20〜30代、若手・中堅層の「ジセダイ」を奮い立たせるメッセージが満載だ。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 田島薫

人を動かす言葉の仕組み (角川フォレスタ)

素人から広告代理店の社長に就任してわずか4年。プロとして広告の「見せ方」や「伝え方」を教えるまでになった著者が、誰にでもできるシンプルな方法を伝授。著者が提唱する「心を揺さぶる14項目」と「納得させる6項目」を、1枚にまとめるアイデアシート付。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 土田美樹

奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り

駅のホームに到着した新幹線をわずか7分できれいに清掃し、送り出す清掃チーム。「新幹線劇場」とも呼ばれるその働きぶりに、ディズニーランドやCNNなどをはじめ世界中から見学や取材が殺到している。3K職場が、世界最強の「おもてなし集団」に変わるまでの軌跡。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 石森康子

あれは錯覚か!? 超人気グルメのぶっちゃけ解剖学: 教授3人がヒットの“なぜ"を紐解く

パンケーキ、ラーメン二郎、タニタ食堂、俺のフレンチ、コンビニスイーツ、回転寿司――。人気のグルメは、なぜ売れて、なぜ行列ができて、なぜ食べてしまい、なぜ効果があるのか。ヒット商品の秘密を、「栄養学」「生理学」「マーケティング」の視点から徹底検証!

すぐ会社を休む部下に困っている人が読む本 それが新型うつ病です (幻冬舎新書)

従来のうつ病と大きく異なる「新型うつ病」の特徴は、うつ症状はあるが仕事以外の場では元気な点、薬が効きにくい点などだ。本書では10年以上この新型うつ病と関わってきた著者が、家族や上司など周囲の人間の接し方や、回復への道筋を具体的にわかりやすく紹介。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

いちばんでんしゃの うんてんし (福音館の科学シリーズ)

東京はJR中央線の運転士を主人公に、午前3時の東京駅乗務員用寝室での起床から、始発電車を運転し終点の高尾に至るまでの職務を描く。業務の手順や運転室の様子などもきちんと説明され、大人も楽しめる絵本となっている。ちなみに著者は中央線の元車掌。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 工藤渉

虹の森のミミっち

パンダ模様の泣き虫ウサギ「ミミっち」は、病気になったおばあさんを助けるべくチカラ草の花を手に入れるために冒険に出る。その先々で勇気をだして、おばあさんの教えどおりに困っている者たちを助けるのだった。「ありがとう」と何度でも言いたくなる絵本だ。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 桑島まさき

チーロの歌

「あなたは今夜、ひとりでとびたつときがきたのよ。外の世界にむかって」。かあさんこうもりが待つ洞窟から夜の空へとびだした、子どもこうもりのチーロ。真っ暗で何も見えない森や海を、おかあさんが言った一言を胸に冒険を続ける。人生の旅立ちに贈りたい絵本。

おばけのケーキ屋さん (絵本)

おばけのケーキ屋さんは、おいしいケーキでみんなを驚かすのが大好き。ある日、ケーキを食べても「おいしいけど、パパの作るケーキと同じくらい」と言う女の子が現れ奮起したおばけは、毎月ケーキをごちそうすることに……。世界一おいしいケーキに隠された秘密とは。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 石森康子

ヘンリー・ダーガー 非現実を生きる (コロナ・ブックス)

アメリカ社会の底辺で孤独に生き、81歳の生涯を終えたヘンリー・ダーガー。彼が暮らした部屋から発見されたのは、『非現実の王国で』と題された長大な絵つき物語だった。空想と現実が交錯するダーガーの「秘密のライフラーク」を、豊富なカラー図版、解説とともに紹介。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 朝宮運河

小さなかがやき

世界の紛争地を訪れてきた写真家・長倉洋海がとらえた子どもたちの瞳の輝きと、詩人・谷川俊太郎が自らの内なる子どもを見つめてつづった詩。写真と詩が響きあい、子どもたちの無垢なる光を伝えてくれる。明日へのメッセージに満ちた美しい作品集。

王仁三郎歌集

月に数千首を詠み、生涯で15万首以上もの歌を詠んだと言われる出口王仁三郎。宗教家としてだけでなく、陶芸や書、絵、短歌など、さまざまな芸術に通じていた彼の膨大な作品の中から、珠玉の328首を精選。“大怪物”と呼ばれた王仁三郎の人間的魅力を伝える歌集。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 石森康子

よりぬき毎日かあさん

日本のおかあさんたちを元気にしてくれる著者の人気マンガ『毎日かあさん』から選りすぐった傑作選。今回はずっと描かれ続けてきた息子と娘へのインタビューと育児の悩みに答えるコーナーまでついてお得感有り。育児と家事と仕事をそつなくこなすための知恵が一杯だ。

まめねこ2 ごはんだよ~

やんちゃなメス猫「あずき」とおっとりしたオス猫「だいず」が、飼い主一家と迎える初めての冬。風邪をひいて病院へ行ったり、ねずみにおびえたり、初めてみる雪にワクワクしたり。でもやっぱりこたつが一番の2匹。心身ともにゆるくなる、ゆるねこコミック第2弾。

  • ジャンル : コミック
  • レビュアー : 工藤渉

※最新の価格はストアでご確認ください。

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ