文芸・カルチャー

夫婦の、あるいは「幽霊と人間」の最後の旅路を描くラブストーリー

夫婦の、あるいは「幽霊と人間」の最後の旅路を描くラブストーリー

 『夏の庭 The Friends』などで知られる湯本香樹実の傑作小説『岸辺の旅』が映画化。本作で黒沢清監督は、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した。  冒頭の夫婦の会話で、一息に引き込まれる。「おかえりなさい」「うん。どれぐらいだった?」「3年」「ああ、ずいぶんかかったなあ……俺、死んだよ」...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ