オススメレビュー

ニート忍者が大阪の陣へ──素っ頓狂にして正統派の万城目時代小説見参!【第150回直木賞候補作】

ニート忍者が大阪の陣へ──素っ頓狂にして正統派の万城目時代小説見参!【第150回直木賞候補作】

風太郎は、「ふうたろう」ではなく「ぷうたろう」と読む。とっぴんぱらりのぷう太郎、だ。秋田や山形では、民話の最後を「とっぴんぱらりのぷう」という言葉で締めくくる習慣があったという。めでたしめでたし、に相当する言葉だそうだ。つまり「物語はこれでおしまい」という意味である。なぜそんな言葉がタイトルに? 時代は豊臣の世か...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ