ついにアニメ化! 海外でも大人気! 「義理姉妹恋愛」マンガ『citrus』のサブロウタが語るアニメ・作品・百合の魅力とは?

アニメ・マンガ

2017/12/8

『citrus』(サブロウタ/一迅社)

純情ギャルの藍原柚子(あいはら・ゆず)×黒髪ビッチの生徒会長・藍原芽衣(あいはら・めい)。正反対の二人は一つ屋根の下に住む義理の姉妹で、しかも恋人!? 『citrus』(シトラス)はシリーズ累計80万部を突破し、アジア・北米・ヨーロッパなど10カ国以上で刊行されている大ヒット百合マンガ。2018年1月からは待望のTVアニメの放送もスタートする。サイン会には海外からも読者が駆けつけるという著者のサブロウタさんに、初のアニメ化のこと、『citrus』のこと、百合の世界のこと、じっくりお話を伺った。

■原作者であることを忘れて普通に楽しんで見ていました(笑)

――いよいよアニメも放送間近ですね。原作者として、いまどんなお気持ちですか?

『citrus』のドラマCDを収録した時に、「柚子(cv.竹達彩奈)と芽衣(cv.津田美波)が喋ってる」と、ものすごく感動したのですが、アニメを見た時も「柚子と芽衣が動いてる!」と、ものすごく感動しました。インタビュー的に残念な感想で大変申し訳ないのですが、本当にそれに尽きる感じだったんです。

(c)サブロウタ・一迅社/citrus製作委員会

私はマンガで「コマ割り」や「ページのめくり位置」「一枚絵としての見せ方」といった演出を使って、キャラクターの魅力を伝えようとしているのですが、「声色」や「動き」「音楽」といった演出は、どうやっても出来ないので、原作者であることを忘れて普通に楽しんで見ていました(笑)。

コミックス4巻特装版に付いているドラマCD収録時に、柚子の親友のはるみん(谷口はるみ/cv.藤井ゆきよ)が、私の想像していたキャラクターよりも活き活きしていて、すごく良い影響を受けたところがあったんです。今回のアニメも、よりパワーアップしたはるみんが登場しますので、こちらも注目してみてください。

『citrus』2巻より

そして、意外だったのが、芽衣を補佐する生徒会副会長の桃木野さん(桃木野姫子(ももきの・ひめこ)/cv.久保ユリカ)。アニメでかわいさが化けますよ! 原作も、あれぐらいかわいく描いてあげたいです(笑)。

『citrus』2巻より

絵コンテを読むのも本当に楽しくて、過去の自分に「このシーンは、こんな素敵な見せ方があったんだよ」と教えてあげたいぐらいです。なので、原作コミックスを読んでいただいた方も、きっと新鮮な感じでお話をイチから楽しめると思います!

――サブロウタさんがそれほど楽しめたということは、原作ファンも安心のアニメ化ですね。マンガの『citrus』も、絵の綺麗さ、柚子と芽衣を筆頭に、タイプの違う女の子キャラクターたちの表情の豊かさが大きな魅力です。キャラクターを描く上で、どんなことを大切にされているのでしょうか。

キャラクターの喜怒哀楽を、できるだけたくさんの表情で表現したいと思っているので、「この場面でしかゼッタイ描けない表情がある」と、自分に言い聞かせながら描いています。見開きや大ゴマ演出の時などは、とくに「この子じゃないとしない顔」を描いてあげたいです。

『citrus』1巻より

 そういう意味では、女の子同士でしか見せることができない表情もあると思っています。というか、それを描くのが好きなので『百合姫』に持ち込んだのですが(笑)。そういった表情を描くシーンは、とにかく緊張しますね。私の欲望のままに描くと、見方によっては大変な方向に行っちゃうので、ギリギリのラインを毎回探っています!

■もともと百合マンガが好き。タイミングに恵まれ半年で連載開始

――欲望のままに描かれた作品も、いつか拝見してみたいです(笑)。サブロウタさんはすでにプロとしてマンガのお仕事をされていて、持ち込みで百合デビューされたのですよね。

 自主出版した本の展示即売会『コミティア』の企画にある、「出張マンガ編集部」の一迅社ブースに持ち込みをしたのが始まりです。それまでは少女マンガを描かせていただいていたのですが、もともと百合マンガが好きだったので、自分でも何か作品を描いてみたいなと思い、同人誌を持ち込みました。

 その時、たまたま雑誌の方でも、新連載企画を考えていたタイミングだったようで、そこから担当編集者さんと打ち合わせをして、出会ってから半年という期間で、ありがたいことに連載開始となりました。

イベントで持ち込みに行っていなかったら、そして現担当編集者さんに出会っていなかったら、おそらく『citrus』は生まれていないと思います。

――「好き」のパワーとタイミングが、『citrus』の誕生につながったのですね。純情ギャルの柚子(姉)と、黒髪ビッチの生徒会長・芽衣(妹)は、義理の姉妹でもあり、恋人にもなるセンシティブな関係性です。なぜこのテーマを選ばれたのでしょうか。

 連載の企画を考える時に、最初に担当編集者さんから「姉妹」の作品を描いて欲しいという要望がありました。それに対して、キャラクターの位置付けが正反対にある関係が個人的に好きだったこともあり、「姉と妹」という根っこから、「ギャルと優等生」「他人から家族」、そんな流れでできた設定だったと思います。

『citrus』1巻より

 実は初期設定だと、柚子は妹になる予定でした。ですが、物語の構想を練っている間に、いろいろな方にご意見をいただいて、結果、逆になったという経緯があります。今はそれで本当によかったと思っています(笑)。

また「義理」という設定を思いついたことで、同じ家に住んでいながら、お互いのことは全く無知という関係からスタートすることができました。お話が進むごとに家族や恋愛といった関係を育んでいく、いわゆる恋愛マンガの構成に近しい感じです。

 オリジナル作品の初連載だったので、今まで原作付きで描いてきた少女マンガの経験を活かすことで、少しでも安心して臨みたいと思っていたのかもしれないです(笑)。

「義理姉妹恋愛」を描くにあたっては、物語と同じような恋が現実に起こり得る可能性もあるので、どんな方に読んでいただいても楽しんでもらえるように気をつけています。

『citrus』2巻より

■第三者が見て「尊い」と感じるフワッとしたもの。それが百合だと思います

――『citrus』のようなヒット作も登場し、新しく百合の世界に興味を持つ人が増えています。サブロウタさんにとって、百合の魅力とは?

 私自身、“百合の定義”といったしっかりした意識がないので、どうお伝えすればいいのか難しいのですが、何気ない日常生活や、無意識の会話の中、あるいは、殺伐とした世界観での感情のぶつかり合いや、慰め合うといった関係の中で、第三者が女性同士の「それ」を盗み見て、「名前の付けがたい感情」がモヤモヤと現れたら、それが「百合」なのではないかなあ……と。

 百合に限らず、さまざまな作品の感想で、「尊い」というフレーズを見かけるのですが、まさにそういうフワッとしたものだと思います。だからこそ「私の百合は」「あなたの百合は」と意見交換をしたり、自分ならではの「百合」を見つけたりするのが楽しいジャンルなのかもしれません。

 私も、無意識にふと魅せられることがあるので、それを思い返しては分解して、『citrus』で表現できればと日々思っています。

『citrus』8巻より

――サブロウタさんご自身は、なにから百合にハマられたのですか?

 私が百合を感じたきっかけは、『ふたりはプリキュア』というテレビアニメでした。性格が真逆のふたりが一緒に戦う物語は、『citrus』にも通じていたりします。ちなみに、「コミティア」で持ち込んだのは、この作品の同人誌でした(笑)。

 作品の中で、ふたりは正義の味方として世界を救うため、悪と戦わなければいけなくなるんですが、性格が真逆なのでケンカをしてしまい、解散の危機まで陥ってしまうんです。だけど、その問題を乗り越えて仲良くなり、お互いが名前で呼び合う瞬間を迎える。

 その時、自分が「あ!」と感じたのを今でも覚えています。おそらく何度みても昇天します(笑)。あの衝撃は、マンガでいう見開きなんです。いつか、あの見開きぐらいのパワーのあるシーンを描いてみたいです。未見の方がいらしたら、ぜひご覧になってください!

――間逆な二人が近づいていく関係性は、まさに『citrus』の柚子と芽衣の原点ですね。これからの『citrus』はどうなるのでしょう。

『citrus』8巻より

 読者の方から「昔の恋愛を思い出しながら楽しんでいます」とか、海外の方からも「私も今、ナイショの恋をしていて、すごく励みになります」といった感想を頂戴することがあるのですが、貴重な体験の中に「柚子と芽衣」の恋愛を重ねていただけるのは本当にありがたいことで、だからこそ、表現や言葉使いなどは丁寧に描かなければいけないなと、良い緊張感を持ってペンを握っています。

 これから先、『citrus』がどのような展開になるのかは、私も「柚子と芽衣」に委ねているところがあるので、皆さまもぜひ、私と一緒に二人の恋を応援していただけると嬉しいです!

取材・文=波多野公美