あいみょん「歌詞に起承転結をつけるのは、子供の頃からたくさん本を読んできたことが影響していると思います」

あの人と本の話 and more

2019/4/8

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、4月17日にニューシングル『ハルノヒ』をリリースするあいみょん。大好きな「クレヨンしんちゃん」と岡本太郎のつながり、そして音楽活動にも少なからず影響しているという読書について、お話をうかがいました。

あいみょんさん
あいみょん
あいみょん●1995年生まれ、兵庫県出身。2016年にシングル『生きていたんだよな』でメジャーデビュー。昨年、紅白歌合戦に初出場するなど、人気を不動のものに。今年2月には2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』をリリース。5月から対バンツアー、10月からは自身最大規模のワンマンツアーも控えている。
ヘアメイク:菅谷征起 スタイリング:服部昌孝

「主題歌のオファーがあった時は、“これはきっと家族が喜んでくれるなぁ”という思いが一番でした。みんな『クレヨンしんちゃん』が大好きですし、なんなら、もし私が地元にいたら、近所の皆さんに胴上げされてたかもしれない(笑)。それぐらいすごいことだなって思うんです」

『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌『ハルノヒ』を手がけたあいみょんは制作時の思い出を振り返り、そう語る。

「本当はすぐにでもまわりに言いたかったんです。でも、守秘義務があったのですごく我慢して(笑)。発表になってからの反響もすごかったですね。今までいろんなタイアップをさせていただきましたが、これほど多くのメールが届いたのは初めて。自然と私もドヤ顔になってましたね(笑)」

  

 彼女にとって「クレヨンしんちゃん」は、単純に子供の頃から見続けているアニメという言葉だけでは片付けられない思い出がある。そのきっかけになったのが、学生の頃に見た『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』だった。

「『ALWAYS 三丁目の夕日』もそうですが、高度成長期の昭和を描いた作品が大好きなんです。『オトナ帝国』も吉田拓郎さんの曲をはじめ、いろんな素敵な音楽が使われていて。そうした中で“この気持ち悪い物体はなんだ!?”と思ったのが、作中に出てきた岡本太郎さんの太陽の塔でした。ちょうどその頃、ピカソの『ゲルニカ』が大好きで、何度も模写するぐらい惹かれていたんです。そのピカソと親交のあった画家として太郎さんの名前を知り、あの太陽の塔も太郎さんの作品だったということに気付いたんです」

 以後、たくさんの岡本太郎の本を読みあさったそうだ。今回、本誌で紹介してくれた『今日(こんにち)の芸術』はタイトルにも惹かれ、デビューシングルのカップリングとして『今日(きょう)の芸術』というタイトルの曲を作ったほど。

「最初に読んだのは『青春ピカソ』だったかな。私、憧れの人や大好きな人のことはいっぱい知りたくなってしまうんですよね。世の中には面白い人がたくさんいて、そうした方たちの言動や存在が私の中に0.5%ずつぐらい血となって流れている。自分がビニール袋だとしたら、そうやって、いろんな要素を破れそうなぐらいギッシリ詰めこんでいきたいんです」

「普段から本はたくさん読みますよ」とあいみょん。そこで、最近読んだ小説をうかがってみると、高橋弘希の『送り火』や本谷有希子の『静かに、ねぇ、静かに』、そして今村夏子の『あひる』などが挙がってきた。

「本谷さんも今村さんも、読んでいると心がざわざわするし、正直、後味が悪いんですが(笑)、一度ページを開くと止まらなくなりますね。もともとミステリー小説が好きで、真梨幸子さんの『殺人鬼フジコの衝動』や百田尚樹さんの『モンスター』などを読んでは、“あぁ〜……”って闇に落ちてます(笑)。本のセレクトは本屋さんで気になって購入することもあれば、いただくことも多いです。先日は、又吉(直樹)さんがライブを観に来てくれて、終演後に『忙しいと思うから、パッと開いて、すぐに読めるものを選んできました』と、いろんな方の俳句をまとめた本をくださったんです。ライブの差し入れに俳句集をくださるって、本当にオシャレな方だなって思いましたね」

 なお、本が好きになったきっかけを聞いてみると、幼少時代まで遡るとのこと。

「祖母が保育士をしていて、毎年たくさんの絵本を持ってきてくれていたんです。それが原体験ですね。また、私が曲を作る時は、歌詞に起承転結をしっかりとつけたくなるんですが、きっとそれは、子供の頃からたくさん本を読んでいたことが少なからず影響していると思います。それに、作詞をしている時は短い小説の物語を書く感覚に近い気がします。ただ、長い文章を書くのは苦手で。ですから、小説が書ける人はそれだけで尊敬しちゃいますね」

(取材・文:倉田モトキ 写真:キムラタカヒロ)

 

『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』

『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』

原作:臼井儀人『クレヨンしんちゃん』(らくだ社) 監督:橋本昌和 脚本:うえのきみこ、水野宗徳 出演:小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみほか 配給:東宝 4月19日(金)ロードショー 
●今度の舞台はオーストラリア。野原一家がいまさらながらの新婚旅行へ。しかし、彼らを待ち受けていたのは、デンジャラスな大冒険だった─! 主題歌の『ハルノヒ』は本シリーズの大ファンであるあいみょんによる書き下ろし。
(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2019