『ダンまち インフィニト・コンバーテ』プレイ体験記&インタビュー②:水瀬いのり(ヘスティア役)編

マンガ・アニメ

2019/11/17

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・ コンバーテ』 
11月28日発売
PlayStation®4/PlayStation®Vita/Nintendo Switch™/ Windows(DMMにてダウンロード版のみ発売)
(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ソード・オラトリア製作委員会 (C)MAGES

 11月28日に発売されるゲーム、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・ コンバーテ』(以下、『ダンまちIC』)。原作・TVアニメの物語を序盤から追体験できるメインストーリー、ダンジョン探索と緊張感を伴ったバトル、そして『ダンまち』最大の魅力でもあるキャラクターたちとのたくさんの会話劇――『ダンまち』のファンはもちろん、さまざまなプレイヤーにとって楽しめる要素が詰まった1本になっている。今回の特集では、本作に出演しているメインキャスト、ベル役・松岡禎丞、ヘスティア役・水瀬いのり、アイズ役・大西沙織の3名にインタビュー。実際に『ダンまちIC』を体験してもらいつつ、2020年7月からTVアニメ3期の放送が発表された『ダンまち』への想いを、たっぷりと語ってもらった。第1弾は、水瀬いのりが登場。ベルとヘスティア、共演する役者同士、ふたつの絆を感じさせるインタビューになった。

「このふたりが並んでる!」っていうゲームならではの夢の共演感が楽しかった

――『ダンまちIC』、実際にプレイしてみてどうでしたか?

水瀬:『ダンまち』をこのゲームで初めて知る人にとっても、何ひとつ違和感がないというか、スッと入れる丁寧な作りになっていると思いました。解説していただいてプレイをしたんですけども、難しいことがなかったなあ、と思います。ダンジョンに潜って、実際にダンジョンに出てくるモンスターと戦うのも、操作自体はすごく簡単で――わたし自身、そんなにアクションゲームが得意なわけではないんですけど、ちゃんとクリアもできました。ベルくんの成長を一緒に楽しめるような作品になっていると思うので、ベルくんを自己投影しながらプレイしても楽しいし、もともとベルくんありきの『ダンまち』っていう考えの方は、ベルくんとパートナーになった気分で遊んでいただいても、楽しめると思います。「『ダンまち』の要素を上手くゲームに落とし込むと、こういった形になるんだあ」って実感して、確かなクオリティを感じたので、やっていて本当に楽しかったです。

――その中でも、特に印象的だったところ、楽しいな、と感じたポイントは?

水瀬:ダンジョンに潜るときに、サポートキャラとしてキャラクターを設定できるんですけど。それがアニメーションや原作でのファミリアのくくりを飛び越えたチームが編成できるんです。わたしは、リューとアイズのW沙織(早見沙織/大西沙織)コンビを従えて――ベルくんも入れると全員アイムエンタープライズ(松岡、大西、早見3人の所属事務所)、「アイム・ファミリア」で出かけました(笑)。ヘスティアは神様なのでダンジョンには入れないですけど、それぞれが持ったスキルも発動できるし、カットインが入って技名を言ったりするところは、ザワザワッと胸が熱くなるところがありました。いろんなキャラクターをサポートキャラにして、一緒にダンジョンに潜ってもらえると、「このふたりが並んでる!」っていうゲームならではの夢の共演感があるので、わたしはそこが楽しかったです。

――ひとりで収録するゲームならではの楽しさ・難しさって、どういうところにあると思いますか。

水瀬:個人的には、ひとりでチャキチャキ録っていくのが好きなタイプなんです。もちろん、掛け合いが聞こえない不安もあるんですけど、『ダンまち』に関しては、そういった不安はまったくなくて。ベルくんや、掛け合いの相手の芝居や声の雰囲気が、もう容易に想像できるんです。「きっとこう来るなあ」ってわかる、というか。アニメーションと違って、尺の縛りがないので、そこはひとつ肩の荷が下りるところで、自由にお芝居ができるところが、アニメとの違いですね。その自由度が、このゲームの『ダンまち』らしさにもつながっているような気がしていて。

 へスティアは、アニメーションだと表情がコロコロ変わって動いていくんですけど、ゲームの場合は、お芝居で色や動きを想像してもらったり、絵の手助けをする部分があるので、アニメ以上にテンションを上げるところはガッツリ上げたり、コミカルな部分は思い切りコミカルにすることを心がけています。

――TVアニメで演じている枠を飛び越えて、その先に行くようなお芝居ができる部分もある、と。

水瀬:ある意味、やったもん勝ち、みたいな(笑)。『ダンまち』は、定期的にアプリ(『メモリア・フレーゼ』)の収録もやらせていただいていて。そちらもあまり縛りがないので、ぶっ飛び加減というか、ハイテンションな感じ、あとはひとりで収録していく部分も培ってきたものがあるので、ゲームの収録だから、という不安はなく、スムーズに収録をさせていただけたと思います。

――『ダンまちIC』のオリジナルで、添い寝やデートと言ったコンテンツがありますけど、このあたりのシーンを見ても、だいぶ踏み込んだお芝居が聞ける感じがしますね。

水瀬:ここまで長くヘスティアを演じているからこそ見られるひとつの顔、ひとつの姿ですよね。彼女は神様であり、ベルくんのことをどう思っているかがここまで一歩ずつ大切に描かれてきたからこそ、それぞれのキャラクターとの添い寝も、ちゃんとキャラクターの個性が見える添い寝になっているかな、と思います。「このキャラも添い寝してくれるんだ」っていうキャラがいたりもするので、『ダンまち』に興味を持ってくれた皆さんへのプレゼント的なものになってるような気がします。キャラクターによって、たぶんアイズはそういう場所になると、不意をついてかわいいところ見せてくるんだろうなあ、とか、リリはリリで、ヘスティアに負けず劣らずベルくんへの愛があるキャラクターを見せてくるんだろうなあ、と思ったりしますね。あと、個人的には意外と大胆なところがあるシルの添い寝がどんな感じになってるのか、気になります。

――掛け合いではない代わりに、アニメであまり絡みがないキャラクターに向かってセリフを言うシーンもあったと思うんですけども。それこそ、ヴァレンなにがしくんとの絡みは、ゲームならではの要素だったりもしますよね。その中で、特に印象に残っているシーンはありますか。

水瀬:アイズとの掛け合いは、わたしたち(大西・水瀬)の仲がいいことが知られるようになってから、ちょっと増えてきましたね(笑)。最終的にはヘスティアも「アイズはいい子だからね」みたいな、アイズに対してヘスティアがお姉ちゃんのような立ち位置になるシナリオを読ませてもらう機会があったりすることもありますね。個人的には、沙織とは仲がいいので、もっと掛け合いができたらいいなあ、とは思ってるんですけど、いざセリフを渡されると、なんかちょっとむずがゆいというか(笑)。

 TVアニメ2期の最終話で、ちょっとアイズとヘスティアのやり取りがあったんですけど、アニメのアフレコ中に同じシーンに介入することは、実はほとんどなかったんです。ベルくんを介して、はあるんですけど、2期の最終話に関しては、ふたりで会話するところは隣同士のマイクに入ってたので、ずっと共演してきたのに、ふたりでマイクにいるのは慣れないから、「これは一体なんの作品だろう?」って思いつつ(笑)。天然感あふれるアイズと、それに振り回されるヘスティアはいいコンビだと思うので、今回のゲームの中でも、それは色濃く出てるんじゃないかな、と思います。

――2期の序盤はロキ(久保ユリカ)とのむずがゆさがあった、という話をしてましたけど、終盤はアイズと同じエピソードがあったんですか(笑)。

水瀬:ちょっと、現場に友達が増えすぎちゃって、私情が入り乱れてました(笑)。役柄を飛び越えるくらい、お互いに人柄を知りすぎているので、いざ仕事場で会うとちょっと恥ずかしいっていう。「なんなんだろう、この感覚」って思います(笑)。

――(笑)でも、その感覚って、収録するにあたってデメリットではないですよね。

水瀬:そうですね。むしろ、それがひとつの楽しさでもあります。「同じものを作ってるんだなあ」「わたしたちって声優なんだ」って改めて思ったりしますし。

――そこで思い出す(笑)。

水瀬:そうなんです(笑)。それぞれ立ち位置はありますけど、同じプロの世界にわたしたちは肩を並べてるんだなって思う瞬間ですね。デビュー時期や年齢はみんなバラバラですけど、わたしが仲良くしてもらっている皆さんとは戦友であり、同期のような絆があるので、お互いがベストを尽くす瞬間に青春が生まれるみたいな(笑)、そういう感覚はあります。本気をぶつけ合ったときにいい汗が出る、みたいなキラキラ感というか。特に『ダンまち』は長くやらせてもらってる作品なので、より一体感が出ますね。

(2期最終話で)すべてを知りながらそれを受け入れる強さを、ヘスティアから感じました。

――TVアニメ2期の特集の取材で、ヘスティアのいいところについて水瀬さんは「ロリ神様って言われるけど、どうしても拭えない神様感がひとつの武器である」っていう話をしてたじゃないですか。かわいいよりもカッコよさを出せたら、という話もあったわけですけど、2期を通してそれが実践できたなって感じているシーンについて教えてもらえますか。

水瀬:これも最終話の話になっちゃうんですけど、人間であるベルくんと神様であるヘスティアって、やっぱり流れる時間が違っていて――これは作品の根本的なテーマでもあるのかなって思うんですけど、それにまつわるエピソードを、ベルくんとふたりでしゃべるシーンがあったんですね。そこで、慈愛というか、すべてを知りながらそれを受け入れる強さみたいなものを、ヘスティアから感じました。「同じ時間を過ごせないけど、生まれ変わってももう一度君に会いに行くし、ボクは君のいつだって側にいるから」っていう。わたしは真っ先にアルテミスの存在を思い出したんですけど、「生まれ変わってもまた君に会いに行く」って、最大のプロポーズだなあ、と思います。

 今の約束ではなく、未来の約束をしながらまた強くなっていくというか、生半可な覚悟では言えない言葉を含むセリフをヘスティアとして言ったときに、今まで自分の目で見てきた別れや、つらいことをすべて乗り越えてきたヘスティアも、「誰にも見えないところで顔を歪めながら苦しんでいたことがあったのかな?」「ベルくんの前では見せないけど、実はいろいろなつらいものを背負いながらここまで来たのかな?」って考えたときに、長く生きることもひとつの試練なんだなあ、と思って。残されるものの痛みや苦しみを知っているからこその優しさがあるんだと思ったら、改めてベルはヘスティアと出会えてよかったし、ヘスティアはベルと出会えてよかったな、と思いました。『ダンまち』の世界観を深く知って、改めて大森(藤ノ)先生はすごいなあって。

――めちゃくちゃエモーショナルな話ですね。そして、そんな神様であるヘスティアを演じる『ダンまち』は、早くも3期の放送時期が発表されたわけですが。

水瀬:わたしたちも、聞かされたときはすごくビックリしました。2期の最終話のラストシーンに出てきたキャラクターがキーになる3期なんですけども――「ここだけで日高里菜を使うのか? そんなわけはない」っていう(笑)。2020年の夏ということは、たぶんわたしたちも半年後くらいにはアフレコが始まると思うので、今回のゲームもそうなんですけど、2019年は『ダンまち』尽くしだったなあ、と改めて思いますね。

――さっきエピソードを話してもらった通り、この作品には水瀬さんにとって仲間と思える人がたくさんいるじゃないですか。その人たちと、3期の発表後にどんな話をしたんですか。

水瀬:みんなで一貫して話してたのは、やっぱり「めちゃくちゃ早い!」っていうことですね。放送が終わって、また1年後にまたみんなに会える約束ができるのは、個人的にもビックリしましたし、一緒にニュースを聞いたキャスト陣も驚きだったと思います。あとは、単純に嬉しい気持ちもありつつ、個人的にもそうだし、テンションが高いキャラが多いので、「どうか、夕方のアフレコであれ」みたいな話をしました(笑)。2期の収録は朝だったので、ウォーミングアップが大変で。

――確かに、作品の中であのテンションを出していくには、フィジカルも大きく関係しますよね。

水瀬:そうなんです。でも、2期の収録は朝だったからこそ、「よっしゃ、みんな行くぞ! 朝10に負けるな!」みたいな気持ちもありました(笑)。

大西さんに、公の場を介して、ちょっと謝罪をしたいと思います(笑)

――今回の特集では、3人のキャストの皆さんに、お互いへのメッセージをもらいたいな、と思ってまして。まずは、大西さんへ一言お願いします。

水瀬:なんだろうなあ……『ダンまち』の1期の頃に出会って、その頃わたしは大西さんに対して、微塵も仲良くなれないと思っていたんですよ(笑)。持っているオーラが自分とは真逆で、太陽のように明るい人なので。今となっては、そこも愛らしいよさだと思ってるんですけど、第一印象はけっこうグイグイ来るっていう――。

――今は仲よしだからこそ言える話ですね(笑)。

水瀬:そう(笑)。最初にグイグイ来たので、わたしが「う~っ」ってなってしまって。でもそれはわたしが臆病だったせいで、それも今思うと反省してます。すぐに受け入れていたら、もっともっと早く仲よくなれたんですけど、その頃は人見知りもあったし。もしね、あのとき目を合わせなかったことで傷つけていたとしたら――もしっていうか、たぶん傷つけてたんですけど(笑)。

――ははは。

水瀬:なので、公の場を介して、ちょっと謝罪をしたいと思います(笑)。

――(笑)この機会に、活字に残しておきましょう。

水瀬:そうですね。時が経っても検索したらちゃんと見られるように、謝罪文を残しておきたいと思います(笑)。『ダンまち』の最初のニコ生に出演した際、大西さんにかなりドライな対応をしてしまったことを、お詫び申し上げたいということで、メッセージに代えさせていただきます。

――最高の伝言だと思います(笑)。

水瀬:(笑)今では、たぶん10年後、20年後も一緒にいるんだろうなって想像できるパートナーなんですけど、当時はごめんなさい、です。

――そして『ダンまち』といえば、熱い芝居で作品を牽引する松岡禎丞さん。彼に伝えたいことは?

水瀬:本当に、お芝居を通して心を通じ合わせてきた人だなあ、と思っていて。沙織とか、ロキ役の久保ユリカは、ある意味プライベートの友達のような空気感だったりもするんですけど、松岡さんは自分がこの道に進んできたからこそ出会えた人だなあ、と思います。わたし自身は、自分の芝居への感性だったり、自分が好んで作っていく芝居を共有できたからこそ、松岡さんとちゃんと話せる仲になったのかなあ、と思っています。松岡さんがおっしゃってくれるヘスティアの好きなシーンや、ヘスティアの好きなところが、わたしが思うヘスティアの好きなところや好きなシーンと重なるんですね。「こういう芝居がいいよね」って思うポイントが一緒なのが、大きな共通点になっていると思います。

 1期のヘスティア・ナイフのくだりもそうですけど、王道で熱くて、誰かを守るために泣くようなまっすぐなストーリーに胸を打たれてるわたしたちが、主人公とヒロインを演じているからこそ、今の『ダンまち』の空気も作れているのかな、と個人的に思えているので、改めて役と芝居を介してつながることができた方だなっていう印象があります。

――では最後に、『ダンまちIC』をプレイするであろう『ダンまち』のファンの方、TVアニメ3期を楽しみにしている方に、メッセージをお願いします。

水瀬:今回のゲームは、ダンジョンに自分が潜れることもそうですし、戦って強くなっていくアニメーションでのベルくんの立ち位置に自分を重ねながらプレイできることが、楽しめるポイントだと思います。「ここのセリフがもう一度聞きたいなあ」とか、キャラクターを愛でたり、もっともっと好きになれるゲームでもあると思うので、ダンジョンパートとキャラクターパートのメリハリを楽しんでいただきたいです。来たる3期に向けて、このゲームで『ダンまち』をたくさん蓄えていただきたいです。

取材・文=清水大輔

『ダンまち インフィニト・コンバーテ』HPはこちら