「ヒューマンバグ大学」の超人気キャラ・佐竹博文はなんでここまで災難に遭うの? 不幸のネタ元は【後編】

マンガ

更新日:2020/10/14

ヒューマンバグ大学
左:「ヒューマンバグ大学」のプロデューサー
株式会社ケイコンテンツ代表
平山勝雄(ひらやま・かつお)
×
右:佐竹の中の人
Adroaig所属 声優・ナレーター
ヤシロこーいち(やしろ・こーいち)

 総再生回数、7億を超える、ちょっとダークなマンガ動画チャンネル「ヒューマンバグ大学」。その中において、強烈な存在感を示すのが佐竹博文。そんな彼を主人公とした書籍『誰も教えてくれないダークな世界を覗く ヒューマンバグ大学 佐竹博文の壮絶な人生編』(KADOKAWA)の発行を記念して、その生みの親であるプロデューサーの平山勝雄氏と、中の人として知られる、声優のヤシロこーいち氏が対談。前編では佐竹誕生の秘話などが語られたが、今回はその制作風景などについても、聞いてみた。

▶前編はこちら

内容的な佐竹の中の人は、平山氏の実弟?

ヒューマンバグ大学

――さて、「ヒューマンバグ大学」の中では、佐竹博文が毎度のように、とんでもない災難に遭遇しています。ネタはどうやってつくられるんでしょう?

平山
「ヒューマンバグ大学」は、複数の放送作家が書いてきたネタから、おもしろくなりそうなものを選んで、シナリオ化して制作するスタイルですね。

ヤシロ
けっこう、怖い話もありますね。

平山
それについては、実は自分の弟の実体験が関係しています。身内をこういうのもなんですが、変わった男でね、かつて、家を出て各地を放浪したことがあるんです。佐竹が大阪近辺でひどい目にあった話は、たいてい、彼の実話です。

ヤシロ
その弟さんが書いた話も多いとか。

平山
そうなんです。高校で小説のクラブに入ってたくらいなんで、書くのは好きらしい。で、あるとき、飯でも食おうと呼んだんです。そして、いろいろ聞くとネットで小説を書いているという。どんなものかと見てみると、フォロワーが10万人! ネットはこっちの専門です。その数の意味はよくわかります。隠れた才能を見つけた気分になって、「なんか書いてみろ」と言いました。すると、全200コマの超大作(笑)。そのままでは使えないけど、中身はおもしろい。

――それで、弟さんが、作家陣に加わったわけですか?

平山
そうなりました。今でもスゴイネタが来たな、と思ったら、弟のものであることが多いんです。でも、彼は放浪中に、いろいろとやらかしてくれましたからね。お金をあげて、助けたこともありました。まさか、数十年過ぎて、佐竹で回収することになるとは…。まあ、今回の書籍では、そんな彼が未公開の作品を多数公開しています。佐竹の生い立ちや日常もありますし、人気動画の間を埋める「佐竹博文の逃亡」もある。

ヤシロ
無一文で逃げる話ですね。実は、ウチの社長も放浪癖があるんですが、水が飲めないときの恐怖は、飢えじゃないらしいですね。「もう、2度と水を飲めないんじゃないか」と考えてしまうことが一番怖いらしいです。

平山
それ、めっちゃいいですね。いつか使いましょう(笑)

苦しみのプロが生み出す、佐竹ボイス

ヒューマンバグ大学

――では、ヤシロさんの声の収録はどんな感じなんでしょう?

ヤシロ
うどん屋の支店長で、宅録ナレーターですからね。うどん屋の上で、やっています。できあがったマンガのときもあれば、シナリオやラフ画のときもありますが、それをパソコンで見ながら、声を入れていく感じです。

平山
佐竹に魂を入れるのがヤシロさんですからね。佐竹の魂は、うどん屋で生まれる(笑)

ヤシロ
余計なアドリブ入れて、よくカットされるんですけどね。あれ、やっていいんですかね?

平山
バンバン入れてください。で、こっちはバンバン、カットします。そして、少し残るくらいがいい(笑)

ヤシロ
佐竹の車が爆発して、ボーンバーマンと呼ばれる話があるんですが、せっかくだから、最後にゲーム会社の名前を入れたんです。当たり前ですけど、バッサリと切られましたね。

――さて、今後も佐竹博文は活躍していくことと思います。彼をつくりあげていく中で、気をつけている点などは、ありますか?

平山
これはとても重要なことなんですが、佐竹が死なない、死ねないというのは、あくまで、こちら側の視点だということですね。つくり手も、視聴者も、佐竹が助かることはわかっています。でも、佐竹自身はそれをわかっていないことが大事なんです。だから、緊迫感が生まれる。シナリオの段階で、予定調和になっているときは、バッサリとやりますね。

ヤシロ
毎回、佐竹は驚かないといけないんです。「何があったんですかっ!」って、医者に聞くのが彼です。だから、佐竹が苦しむときは、こっちも必死に苦しみます。痛いのは胃なのか、腸なのか、どう痛いのかを考え、そこに手を当て、苦しみながらやってます。

平山
さすが、苦しみのプロ(笑)

ヒューマンバグ大学

ヤシロ
毎回、入り込んでやっているので、よく、マイクに頭をぶつける(笑)。でも、お腹を殴られて「ウッ!」となるのと、顔を殴られて「ウッ!」と声が出るのは、やはり違うべきなんです。だから、わき腹押さえて奇声を出したり…。ただし、あれはやってないですよ。「肛門日光浴」。なんかスゴイ声出してたんですが、やってません。

平山
普通にやって、あの声は出ませんよ。

ヤシロ
違う! あれは、技術!

平山
まあ、そんな感じで、佐竹同様に、作り手側も必死になってつくっているのが、「ヒューマンバグ大学」です。今回の書籍と一緒に、楽しんでいただければ幸いですね。

ヤシロ
今後も、壮絶に苦しんでいきますので、ぜひ、佐竹ボイスを楽しんでください。

ヒューマンバグ大学

取材・文=新宮 聡(企画室ノーチラス) 写真=熊野淳司

この記事で紹介した書籍ほか