BALLISTIK BOYZ砂田将宏×深堀未来『小説 BATTLE OF TOKYO vol.1』感想戦!?

文芸・カルチャー

公開日:2021/3/12

 2月25日に刊行された『小説 BATTLE OF TOKYO vol.1』(角川文庫)が話題を呼んでいる。「BATTLE OF TOKYO」とは、Jr.EXILE世代の4チーム――GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZ――から総勢38名が集結し、遥か未来の架空都市「超東京」を舞台にコラボバトルを繰り広げる次世代エンタテインメント・プロジェクト。本プロジェクトでは、Jr.EXILEのメンバー自らが、その分身となるキャラクターの名前や設定を考えているという。

 砂田将宏さんと深堀未来さん(BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE)の分身は、ハッカー集団「JIGGY BOYS」のメンバー・スキート(砂田さん)とフューチャー(深堀さん)として、物語の中で暴れ回る。小説版を読んで初めてストーリーの全貌を知ったお二人に感想を伺った。

砂田 スタッフさんから「BATTLE OF TOKYO」(以下BOT)についての話はいろいろ聞いてきたんですが、世界観が大きすぎてなかなか理解が追いつかなかったんです。コンピレーションアルバム(『BATTLE OF TOKYO~ENTER THE Jr.EXILE~』)を出してMVを製作した後も、正直分かるところもあれば分からないところもあるという状態でした。今回の小説を読んで、点と点が繋がった感覚がありましたね。2年前のCDとMVと、まだ公開されていない新しい曲と新しいMVと全部が繋がっていって……「そういうことだったんだ!」と叫んじゃいました(笑)。

advertisement

深堀 おんなじだ(笑)。超東京が舞台になることは知っていたんですが、超東京という街がどのようにして作られたのか、その中での4つのグループの立ち位置であるとか生き方については知らなかった。小説を読んだことで、BOTという世界のおおまかな「地図」が頭の中にできました。

砂田 プロローグからずっと面白かったんですけど、自分たちJIGGY BOYSが出てくる章(Chapter5解析篇)が始まってからはニヤニヤしっぱなしでした。自分が名前や性格を考えた「スキート」というキャラクターが、小説の中で動いているのは単純に嬉しかったし、他のメンバーの立ち位置だとかグループ内での関係性が、普段のBALLISTIK BOYZっぽいんです。

深堀 JIGGY BOYSは「スキャニング(情報簒奪)」という能力を持っているハッカー集団なんですが、めちゃめちゃかっこいいし強いんですよ。簡単に言うと、相手の能力をコピーしてしまう。その感じも、現実のBALLISTIK BOYZっぽいなと思ったんです。僕らはJr.EXILEの中で一番後輩のグループなので、先輩方のやり方をマネしながらというか、勉強しながら、いいものを自分たちなりに変えていき活動していますので、そう言ったところでは似ていると思います。小説のvol.2で他のチームとバトルになったとしても、あの能力があれば負ける気がしないですね(笑)。

砂田 ただ、JIGGY BOYSはハッカー集団だから、もともと戦いが強い集団ではないみたいで。そのあたりでボロが出ちゃったのがvol.1の終わりの展開だったので、次はもっと頭を使う戦いになるんじゃないかな……とか想像するのも楽しいです。

深堀 小説を読んでいて一番嬉しかったのは、僕は「フューチャー」というキャラクターなんですが、スキートと一緒に作戦を立てて、ブルーシールドの本部のメインシステムをハッキングして……と。頭がキレる自分を見るのは、ものすごく気持ちが良かった(笑)。

砂田 わかる。普通の小説を読んでいる時より、100倍楽しい。

深堀 ただ、不満もあって。文章の中で、何人分かのキャラをまとめて表現する時に、ちょいちょい「スキートたちが」って書いてあるんですよ。そこを「フューチャーたちが」にしてほしかった!

砂田 (爆笑)

深堀 いつか僕が……フューチャーがものすごい作戦を成功させて、小説の中で「フューチャーたちが」と書かれるようになる展開を期待しています。……真面目な話をすると(笑)、これはニューヨークに留学していた頃に感じたことなんですが、海外のみなさんは東京という街にかなり注目しているんです。もしもBOTがアニメや映画やマンガになったり、それこそ今回の小説が英訳されたりしたら、BOTというプロジェクトは、世界的にも“引き”が強いんじゃないかなと思うんです。世界でも話題になるんじゃないかという気がします。

砂田 このプロジェクトが世界的に注目されて、BALLISTIK BOYZというグループよりJIGGY BOYSのほうが有名になるんじゃないかなって、そんなことを妄想したりもしています。自分たちは、世界進出を目標に掲げて活動を始めたグループなのですが、ある意味で、JIGGY BOYSが一番のライバルでもある。お互い盛り上げ合って、お互いに成長できたらいいなと思いますね。

深堀 夢はマーベルとのコラボ。BOTとアベンジャーズの戦いが見たい!

砂田 それ、やばいな!!

取材・文:吉田大助

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

小説 BATTLE OF TOKYO vol.1 (角川文庫)

著:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
9784041026465

ダ・ヴィンチ 2021年3月号

出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
4910059870317