ディスカヴァー21が『ルーヴル美術館 木村泰司の絵画の読み方』をリリース

文芸・カルチャー

2011/9/8

西洋美術史家・木村泰司による分かりやすい解説とともに、ルーヴル美術館収蔵の50点あまりの名画を鑑賞できるiPadアプリがリリースされました。 このアプリは、ルーヴル美術館の絵画作品の中から51点を厳選し、西洋美術家・木村泰司氏が1点ずつわかりやすく解説。通して読むことによって、西洋絵画史の流れがわかるように構成されて... 続きを読む