石田ニコルがセクシーな黒のランジェリー姿を披露! 桐谷美玲主演ドラマ「アンダーウェア」の作品メッセージを体現

エンタメ

2015/8/19

    石田ニコル
    (C)フジテレビ

 『sweet』や『NYLON』でモデルとして活躍するほか、女優としても若い女性を中心に絶大な支持を集める石田ニコル。2015年9月2日(水)から始まるネット配信ドラマ「アンダーウェア」に出演するニコルが、ドラマに先駆けて作品のメッセージを体現したランジェリー姿を披露した!

「もともとランジェリーは身近で、愛着もあって、大好きなものだったので、この作品の出演のお話を頂いたときは素直に嬉しかったです」(石田ニコル)

    石田ニコル
    (C)フジテレビ

 本ドラマでニコルは、本業でもあるモデルの町田沙里衣役として出演。桐谷美玲演じる主人公・繭子が働くトップランジェリーメーカー“Emotion”のオーディションに落選し、最初はなかなか芽が出ないが、のちにある有名オーディションに合格し、トップモデルへと昇り詰めるという役どころだ。売れない頃から繭子と友情を育み続け、ピンチに陥った彼女を助けるため、繭子がプロデュースしたランジェリーファッションショーに出演するという、本作のクライマックスシーンで重要な役割を演じる。

「私が演じる町田沙里衣はストイックで真面目な頑張り屋さんで、野心も持っている女性。周りに対していつか見返してやるぞ! という思いを秘めていて共感する部分が多い役柄です。男の子っぽくて、サバサバしていて、友情を大切にしていて、そんなところも自分と似ているかなと思っています。「アンダーウェア」は自分の出ていないシーンもすごく興味があって、セットに置いてあるランジェリーも全部チェックしています。レースや繊維の種類が本当にたくさんあって、計り知れないほどの組み合わせができる奥深い世界だなと思います。いつか、ランジェリーのオリジナルブランドを立ち上げて、大地真央さん演じる南上社長のように素敵なランジェリーをつくってみたい!」(石田ニコル)

 今回のビジュアルは、本作に出てくる“大人の女性に向けたランジェリー”のイメージに合わせ、本人が選んだ黒の大人っぽくセクシーなランジェリー姿は特別に撮り下ろしたものだ。抜群のプロポーションで、ランジェリーを通して女性たちの“美”を追求していくという「アンダーウェア」のテーマを体言している。

STORY
大学時代に繊維の研究をしていた“繊維オタク”の繭子(桐谷美玲)。繊維メーカーに就職を希望するも、ひょんなことから、銀座にあるオーダーメイドの高級ランジェリーメーカー“Emotion”で働くことに! そこでは、創業25年にして日本のランジェリー業界を引っ張るアイコン的存在のemotion社長・南上マユミ(大地真央)のもと、一流ブランドをしょって立つスタッフたちがそれぞれの仕事にプライドを持って働いていた。田舎から出てきた繭子は、ファッションに全く興味がなく、これまで接したことのない価値観に戸惑いながらも、次第に仕事に魅せられ、周りに助けられながら成長し、夢を掴んでいく。

■ドラマ「アンダーウェア」
出演:桐谷美玲/酒井若菜/千葉雅子/マイコ/海東健/桜田通/石田ニコル/河北麻友子/田島令子/野間口徹/野村宏伸/小倉久寛/大地真央
脚本:安達奈緒子
演出:尾形竜太/葉山浩樹
プロデュース:関口大輔
最作著作:フジテレビジョン
制作協力:FILM
⇒ドラマ「アンダーウェア」公式サイト