「又吉先生が書いてすごいんだったら、僕は脱いだらすごいんです」 ピース・綾部が自慢の肉体美を披露

エンタメ

2015/9/28

 講談社デジタル本棚の『codigi』で、ピース・綾部祐二が一糸纏わぬ姿を披露した。2015年9月28日(月)に発売された『with』11月号の購入者しか読めない、特別版だ。

 「もし綾部が女の子と二人きりでホテルにいったら……」という、少し官能的なテーマのもと、撮影が行われたのは、都内某所、高級ホテルのスイートルーム。撮影はこれまでも女性誌のセックス特集の表紙や、芸術的かつ過激な内容で知られる『月刊シリーズ』なども手がけてきた、有名カメラマンの笠井爾示が担当。綾部の特徴とも言える胸毛もいい味を出し、セクシーなショットが並ぶ。



「シャワーシーンや、美しいヒップをさらけ出すカットなど超セクシーな撮影にも、有名イケメン俳優顔負けの見事な演技力で挑まれていました。撮影中、自らのボディを“エロマッチョ・ボディ”と評していていただけあって、女性ならば誰もが魅力的に感じる美しくも筋肉質なボディラインに大注目です。「僕はセックス界のイチロー選手」「又吉先生が書いてすごいんだったら、僕は脱いだらすごいんです」など数々の名言が飛び出したインタビューにも期待してください。ちなみに、今回の写真を見たピースファン20代女子編集部員からは「セクシーすぎて、今日は眠れませんっ!」と嬉しい悲鳴も(笑)。デジタル版『codigi』 特典で見られる際は、通勤電車の中でなく、ぜひ自宅で“こっそり”悲鳴することをおすすめいたします」『with』編集担当

 そのほかにも「読者100人のリアルなSEXデータを大公開!」や「私たちの、“気持ちいい”ここだけの話」など、秋の夜長をこっそり楽しむための「愛と官能」にあふれたコンテンツになっている。

img03

■『with』11月号
価格:670円(税込)
発売日:2015年9月28日(月)
発行:講談社

『codigi(コデジ)』
講談社の対象雑誌を買うと、もれなくデジタル版も読むことができるサービス。気になったページにお手持ちの端末でいつでもどこでも手軽にアクセスできる。
⇒『codegi』HP