日本に存在する「カルト村」の実態とは? 食事抜き、体罰、手紙の検閲…まるで軍事国家のような支配

マンガ

更新日:2020/5/7

カルト村で生まれました。

著:
出版社:
文藝春秋
発売日:
    img01

 子どもの価値観というものは、生まれ育った環境に左右されるものだ。とても甘やかされて何不自由ない暮らしを送る子もいれば、某芸能人の子どものようにゲーム機を叩き壊されてしまうほど厳しく育てられる子もいる。それが価値観の形成に影響を及ぼすのは言うまでもない。はたから見れば賛否両論あるだろう。しかし、当の本人がそれに気づくことはない。それが当たり前の環境なのだから。

 『カルト村で生まれました。』(高田かや/文藝春秋)は、ぼくらの想像をはるかに超える幼少期を過ごした著書によるコミックエッセイだ。カバーには動物のイラストが並び、一見、ほんわかしたテイスト。しかしそこに並ぶ「カルト村」という文字だけが、やけに不穏な響きを持っている。そしてページを開いた先で待っているのは、衝撃的な事実だ。

 生まれてから19年間ずっと「カルト村」で育ったという高田氏。本書は、大人になった高田氏が旦那さんとともに過去を振り返る形式で、カルト村での経験が語られる。表紙同様にポップなイラストが描かれているが、その内容がいずれも強烈! 思わず「かわいそうだったんだね」「マインドコントロールだよ」とツッコむ旦那さんに共感してしまうほどだ。

この記事で紹介した書籍ほか

カルト村で生まれました。

著:
出版社:
文藝春秋
発売日:
ISBN:
9784163904047