今また少女マンガにハマる人が読出! 80年代を魅了した珠玉の少女マンガを集めた【完全保存版】ムックが発売

マンガ・アニメ

2016/3/19

 『ベルサイユのばら』や『ガラスの仮面』など、今なお熱狂的な支持を集める黄金期の少女マンガを特集したムック『完全保存版大好きだった! 少女マンガ70年代篇』(双葉社)。口コミで人気を集め増刷を重ねた同書の、待望の第2弾『80年代篇』が発売された。

 ファンタジーラブコメの金字塔『ときめきトゥナイト』、いまだ不定期連載で不動の人気を誇る『有閑倶楽部』、能年玲奈主演の映画化で2000年代の若者の注目も集まった『ホットロード』など、80年代に少女たちの心を鷲掴んだ珠玉の作品群。3rdシーズン開始で話題を集める『ぼくの地球を守って』や、つい最近、日本アカデミー賞を複数受賞した映画『海街Diary』の原作者・吉田秋生の『BANANA FISH』など、その顔触れは少しも古びたところを見せない。いくえみ綾、槇村さとる、吉住渉らが脚光を浴び始めたのもこの頃で、まさに現在の少女マンガ界を支える名作・名作家たちが勢ぞろいしているのだ。

 同書では、名場面紹介や作品解説のほかにインタビューも掲載。当時はタブー視されていた性愛描写や同性愛を描ききり、少女マンガの枠を大きく広げた竹宮惠子、アメリカン・ライフの流行した80年代の日本と若者たちの姿を浮き彫りにした成田美名子が、それぞれの作品にまつわる思い出と、少女マンガへの想いを語る。また、デジタル技術なんてまったく機能していなかったアナログ時代に、マンガ家と名作を支えたアシスタントたちが、当時の裏話や時代の変化を語る座談会も。

 初めての恋が教えてくれる、人を好きになる喜びと、同時に沸き立つ嫉妬の苦しみ。携帯電話やインターネットのなかった時代だからこそ生まれるすれ違いと、内に潜めるしかなかった切ない想い。馬鹿馬鹿しくも手放せない友情と、常識度外視の行動が生む笑い。憧れも、現実も、すべてがつまっていたあの頃のマンガは、時代が変わっても決して色あせるものではない。むしろ瑞々しいときめきが新鮮さをともなって甦ってくること間違いなしだ。
懐かしい自分たちの青春を思い返しながら、今また改めて少女マンガにハマっているのもいいかもしれない。

文=立花もも

双葉社おすすめ書籍を紹介中!