太田光の処女小説『マボロシの鳥』の絵本版にケロヨン登場のわけ

文芸・カルチャー

2011/9/5

 爆笑問題の太田光の初小説集『マボロシの鳥』が絵本として発売された。 しかも、絵本化を手がけたのは、日本を代表する影絵作家・藤城清治。    「太田さんの小説を読んだ瞬間、あっ、絵になると思ったんですよ。いつの時代か、どこの国かも分からない場末の小さな劇場で、群衆がいっぱいいる。強欲な支配人がいて、そこにチカブーって... 続きを読む