自分の働き方に満足してますか? “自分らしく女性らしいままで”働くには

ビジネス

更新日:2016/5/13

    img01

 6万部突破の書籍『可愛いままで年収1000万円』の著者である宮本佳実の新刊、『可愛いままでこう働く』が2016年5月10日(火)に発売された。「自分が自分らしく働ける」ための考え方のコツや、著者がどうやって一歩一歩理想の働き方を実現して来たかが72のリストで公開されている。

「可愛いままで」とは、「自分のままで」「女性らしく」ということ
「可愛いままで」というのは、「自分を変えることなく、すごい人になろうとするのでもなく、また片意地をはって男性と競おうとするのでもなく、女性である自分のそのままの姿で」ということを意味している。理想の生き方・働き方は人それぞれ。だからこそ、自分が一番ワクワクして、自分が心から最高と感じられる姿をイメージすることがまず必要だ。

「ヨシミスト」が多数出現! 女性が憧れる著者の人気のポイント
「ヨシミスト」とは、宮本の働き方・生き方に共感を受け、そのライフスタイルを真似している女性のこと。20代~40代の「現状から一歩踏み出し理想に近づきたい」という女性に共感を得ている。そんな、多くの女性が憧れる彼女のライフスタイルを少し紹介しよう。

1.「好きなときに好きなことを、好きな場所で好きなだけ」という仕事のスタイル
2. 週に約1日働き、きちんと稼いでいる
3. 髪を振り乱して戦うのではなく、「可愛いままで(=自分らしく、女性らしいままで)」ゆるくふわっとキャリアを築いていく

    img02

実働は月5日! その秘訣は「自分の理想の働き方」を思い描くこと
著者の実働は、自宅での執筆活動を除けば、現在月5日。その秘訣は、枠を外して理想の生活をイメージし、どうやったらそれが叶えられるかを具体的に考えたから。著者は以前に年収1,000万円を想像した時、「髪の毛を振り乱し、休みもなしで働くことになるんだろうな」と思ったそうだが、「自分の理想の働き方はそうではない」と思い直したことで、今は全く違う現実になっているという。

 人生に勝ち負けはないけれど、あえて言うなら「自分の好きなように生きた人の勝ち」。だからこそ、誰かのために我慢して生きて「あんなに我慢してやってきたのに…」という人生ではなく、自分で好きなものを選んで「好きなことで、ちゃんと豊かになれる」人生が楽しいのではないだろうか。

■『可愛いままでこう働く
著:宮本佳実
価格:1,500円(+税)
発売日:2016年5月10日(火)
出版社:WAVE出版

※掲載内容は変更になる場合があります。