サブカルのカリスマ・小林賢太郎が描く、哀しくもあたたかな『うるう』の秘密

文芸・カルチャー

2016/8/1

『うるうのもり』(小林賢太郎/講談社) ネット通販花盛りのこのご時世に何と、自宅近くに大型書店がオープンしました。もうね、通いまくってます。幸せです。夜遅くまで開いてるし、話題の雑貨も文房具も何でもあ... 続きを読む