「憎しみは時空のへだたりが育てるもの」争う徳川と豊臣、両方の血を引く姫の数奇な一生を描く感動歴史超大作!

文芸・カルチャー

2016/12/1

『梅もどき』(諸田玲子/KADOKAWA)  「史実」という「点」でしかない事実をフィクションに落とし込み、一つの「線」として「物語」になっているのが時代小説だと思う。『梅もどき』(諸田玲子/KADOKAWA)は、その中でも類まれなる完成度の高さと肉厚なストーリーに思わず引き込まれた作品だった。  舞台は慶長5年(1... 続きを読む