ケンコバ独断と偏見のマンガ賞「漫道コバヤシ漫画大賞」2016は『あさひなぐ』に! ファン「さすがなチョイス」

エンタメ

2016/12/4

 テレビ番組「漫道コバヤシ」にて、毎年ケンドーコバヤシ(以下、ケンコバ)が1年に読んだ漫画の中で最高の漫画を発表する「漫道コバヤシ漫画大賞」。2016年の大賞には、こざき亜衣の『あさひなぐ』が選ばれ、「さすがなチョイスすぎる」「ケンコバの漫画愛ガチだなwww」と話題になっている。

 『あさひなぐ』は、中学までは美術部だった主人公・東島旭が一転「薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム! スポーツに縁のなかった人間でも全国にその名を轟かすことができる」という言葉に感動し薙刀部に入部。ずぶの素人から“強い女”を目指し、仲間たちと日々練習に励む青春武道コミックだ。

 そんな同作のなかで描かれる東島の姿には「とにかく真っ直ぐな旭の性格にすごく惹かれる!」「努力! 努力! そして努力! 久しぶりにこんなにも純粋なスポ根漫画に出会えた!」と絶賛するファンが多い。ケンコバも受賞の理由を「一番心を揺さぶられ涙した」とコメントしており、とにかく熱いストーリーである事がうかがえる。

 ちなみに過去の大賞受賞作は、2013年『キングダム』、2014年『闇金ウシジマくん』、2015年『僕のヒーローアカデミア』。漫画大好き芸人ケンドーコバヤシが、来年は何をおすすめしてくれるのか早くも期待がかかっている。