桐谷美玲が女子力皆無の“リケジョ”に!『人は見た目が100パーセント』ドラマ化に反響「原作声出して笑うほどだから超期待!」「アラサー女子にものすごく受けそう!」

マンガ・アニメ

2017/2/4

    img01
    『人は見た目が100パーセント』4巻(大久保ヒロミ/講談社)

 ビューティー研究ギャグ漫画『人は見た目が100パーセント』がドラマ化することが発表された。2017年4月より放送開始されるということで「原作声出して笑うほどだから超期待!」との声があがっている。

 同漫画は日々研究室にこもり、「女子力」や「美」といったものに背を向けて生きてきた「リケジョ」たちを描いた作品。気づけば今どきのファッションやメイク関係の研究を全く知らない「女子モドキ」になってしまっている現状を危惧し、「就労後研究」などと称して「美」についての研究を行うストーリーだ。

 この「就労後研究」では、例えば「つけまつげ研究」といったように「美」に関するメイクやファッションなどをテーマに取り上げ、3人で研究していく。しかし大真面目に研究しているのに、つけまつげをケースから外す段階でいきなり失敗したりと圧倒的な女子力のなさを見せる3人の姿が受け「つけまつげ付けるだけで何でこんな波乱万丈なんだよwww」「目の形に合わせる前にのりづけしちゃうくだりに腹抱えて笑ったwww」「リケジョに“つけるタイプの魔法”の研究は無理だったか…」と好評を博した。

 そんな同漫画がドラマ化されるということで「これ絶対面白くなるやつじゃん! 特にアラサー女子にはものすごく受けそう!」と期待の声が相次いでいる。さらに主人公の城之内純を桐谷美玲が演じるということが発表され「美玲様がリケジョ!? 想像できない!」「まず役作りとして“女子力を落とす”ということが必要だな」との声も。

 ちなみに作者の大久保ヒロミは今回のドラマ化に際し、「原作はギャグメーンですが、ドラマではきっと原作にはないストーリーも見られると思うので、純粋に一視聴者として、とても楽しみにしています!」とコメント。ドラマで“女子モドキ”のリケジョ3人がどのように描かれるのか、期待せずにはいられない。

■ドラマ「人は見た目が100パーセント」
出演:桐谷美玲 ほか
放送日時:2017年4月、毎週木曜22:00
放送局:フジテレビ系
原作:大久保ヒロミ
脚本:相沢友子
公式サイトhttp://www.fujitv.co.jp/hitopa/