エンタメ

魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』実写映画キャストが“絶妙すぎる”とファン大興奮!

    img01

    『南瓜とマヨネーズ』(魚喃キリコ/祥伝社)

 魚喃キリコの『南瓜とマヨネーズ』が映画化されることが決定した。同時にキャストも発表され、ファンは「これは絶妙すぎて凄い!!」「ハギオがオダギリジョーですって… ヤベェ…」と大興奮のようだ。

 同作は、夢を追う無職でミュージシャン志望の恋人と、自由奔放で女好きの昔の恋人とのはざまで揺れ動く女性・ツチダの姿を描いた恋愛漫画。「ハギオの妙な少年っぽい色気にくらくらしちゃう」「洗練された絵とストーリーで男とか女とか関係なく感情移入できる作品」「誰が読んでも、どんな恋愛をしてきた人でも心動かされる一冊だと思う」と多くのファンに愛され続ける名作だ。

 恋人のために密かにキャバクラで働き、客の愛人となって生活費を稼ぐ主人公・ツチダ役を務めるのは、モデル・女優として活躍する臼田あさ美。さらに、ツチダの彼氏・せいいち役には映画「追憶」への出演などで注目を集める実力派俳優・太賀、ツチダの昔の恋人であるハギオ役にはオダギリジョーがキャスティングされている。

 このキャストにファンは「ぴったりはまるって表現が合いそうな納得の人選」「わかるわ~~って感情をドンピシャついてくるキャスティングが素晴らしい!!」と大喜び。特に女にだらしないがどこか憎めないツチダの元恋人・ハギオ役のオダギリには「ハギオが半端なひとだったら許せないと思ったらオダギリジョーさん! これは文句なし!」「オダギリジョーのハギオを見るまでは死ねない」「オダギリジョーが女好きなハギオ役なんて涎でちゃう!!」と絶賛の声が続出。

 原作者である魚喃も同映画を観て「みごとにのまれた、感謝!」と大満足なよう。ポップでどこか哀愁漂うサウンドで多くの人々から愛される、やくしまるえつこが音楽監修・劇中歌制作を務めることでも話題になっている同作。“絶妙”なキャスティングとやくしまるの音楽が物語をどのように彩るのか、今から楽しみだ。

 映画「南瓜とマヨネーズ」は2017年11月ロードショー。

■映画「南瓜とマヨネーズ」
公開:2017年11月
原作:魚喃キリコ
監督・脚本:冨永昌敬
音楽監修・劇中歌制作:やくしまるえつこ
出演:臼田あさ美、太賀、オダギリジョー ほか
公式サイト:http://kabomayo.com/



TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ