小さな不調は体からのSOS! アスリートフード研究家が教える、体の内側から美しくなる方法

健康・美容

2017/3/18

    img01
    『EAT GOOD for LIFE』(池田清子/トランスワールドジャパン)

 プロのアスリートが体作りや体調管理のために取り入れている、体の内側から強く美しくなる方法を紹介する『EAT GOOD for LIFE』が2017年3月14日(火)に発売された。

 最近では「筋トレ女子」と呼ばれるトレーニングやスポーツをする女性が増え、彼女たちは肉体を鍛えるだけでなく食生活も体づくりに欠かせないと捉えている。でも、具体的に“なりたい私”になるためには、何を食べて、どんなトレーニングをどれくらいすればいいのか?

    img02
    スクワット

 同書では、プロのアスリートが体作りや体調管理のために取り入れている“アスリートフード”の考え方をベースに、“食×トレーニング”で体の内側から美しくなれる知識とプログラムを掲載。「きれいになりたい」「体力をつけたい」など、自分自身をワンランクアップしたい女性たちに、体の内側から強く美しくなれる方法を紹介している。

    img03
    艶のある髪・爪を作る食事

    img04
    甘いものを食べたい気持ちは甘えたいサイン

    img05
    小さな不調は体からのSOS

img07

池田清子(いけだ・さやこ)
モデル事務所でのマネージャー経験を生かし、2013年より、夫であるトピーク・エルゴンレーシングチームUSA所属マウンテンバイクプロライダー、池田祐樹選手のマネージメントを開始。平行して「アスリートフードマイスター」の資格を取得。アスリートのパフォーマンス向上や減量など、目的に合わせたメニューを日々研究している。2016年、レシピ提案や商品開発なども提供する「ビオトープ株式会社」を設立。東京都代々木公園のほど近くにキッチンスタジオ「スタジオ385」を構える。

※掲載内容は変更になる場合があります。