年収350万円のブラック企業社員から年収1億円超えのビジネスオーナーに! 長期的に安定収入をつくる方法

ビジネス

2017/3/31

 毎月継続的に安定した収入をつくる方法を教える『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』が、2017年3月17日(金)に発売された。

 現在収入の柱が25本を超えるビジネスオーナーにして投資家でもある小林昌裕は、元々は資産家などではなくブラック企業の一社員だった。サラリーマン時代にも副業での月収が1,000万円を超えることもあったというが、今では30代の若さで自分のビジネスを持ち、社員もおらずひとりだけで年収1億5,000万円を稼ぎ出す。43室を保有している不動産投資では毎月100万円、airbnbによる民泊ビジネスで毎月30万~80万円、太陽光発電でも毎月5万~10万円の収入を上げており、その他にも権利収入で毎月200万~300万円、カメラ転売で最高月間利益45万円、教材販売やアフィリエイトでも毎月10万~20万円。2015年12月には2,500万円という最高月収を叩き出した。

 小林が行うのは継続性や安定性に欠ける「自転車操業」の商売ではなく、毎月継続的に収益をあげられる「ストックビジネス」だけ。同書では読者にとっても再現性が高く、儲かる「ストックビジネス」の作り方をレクチャーする。

 現在務めている会社の給与だけでは不安を覚えてしまうという人は、自分ひとりだけのビジネスで年収1億5,000万円を稼ぎ出す著者の方法を参考にしてみよう。

プロローグ お金を増やすには、何よりも「順番」が大事!
ステップ1 最初は必ず「不動産」から始めよう!
ステップ2 さらなる副収入は、14のビジネスから選ぼう!
ステップ3 ファイナルステップ、無敵のお金の増やし方
ステップ4 お金を増やせるかは「マインドセット」で決まる!

小林昌裕(こばやし・まさひろ)
1982年生まれ。大学卒業後、建築材料メーカーに就職。営業職としてガムシャラに働くも、祖母の葬式で、社用の電話をかけながら集合写真に撮られた自身の姿を見て人生を見つめ直す。2009年1月に転職し、同年7月不動産投資用に区分マンションを購入。以降、26~30歳の間に、3戸の区分マンション、4棟のアパートやマンションを購入し、合計43戸のオーナーになる。2014年に会社を退職し、現在は、20余りのキャッシュポイント(太陽光発電、アフィリエイトなど)を持つ。年収は1億5,000万円ほど。年150回のセミナーを開催し、1万2,000部のメルマガを配信。労働収入だけではなく資産収入を構築するためのノウハウを広める。

※掲載内容は変更になる場合があります。