うさぎ顔メイクにストール&帽子の使い方… ドラマ「人は見た目が100パーセント」が参考になると話題

エンタメ

2017/4/16

    img01
    『人は見た目が100パーセント』4巻(大久保ヒロミ/講談社)

 2017年4月13日(木)に桐谷美玲主演、水川あさみ、ブルゾンちえみが出演するドラマ「人は見た目が100パーセント」の第1話が放送された。「女子力ゼロの理系女子」が新たな自分を見つけようと奮闘する同ドラマに、女子たちから「めちゃくちゃ参考になるなこのドラマ!」との声が続出している。

 大久保ヒロミの同名コミックが原作となる同ドラマは、研究に没頭し「女子力」や「美」から目を逸らして生きてきた主人公・城之内純(桐谷)が、研究室の同僚女子2人と共に流行のメイクやファッション、美容について「特別研究」を始める…という物語。

 作中では「ビューティー研究」として、ほっとけない女の子を作るための「うさぎ顔メイク」や、7難隠す「ストール」の巻き方、顔の形にあった「帽子」の選び方や流行の被り方を細かく解説。「ストール」の巻き方では「アフガン巻き」「ワンループ巻き」「ミラノ巻き」… と外国人モデルを例に出しつつ巻くための手順も紹介された。

 ただし、やり方は参考になるものの、純たちはやりすぎてしまって失敗ばかり。しかし、その様子が視聴者にとってはよかったようで「あ~こういう失敗するよね」「やり方とやりすぎ失敗例で見せてくれるから、うまくいくより参考になる」との声も。

 また、純たちに「身なりに気を遣った方がいい」「人は見た目が100%なのですから」と厳しい言葉を投げかけつつも、帽子やストールの使い方をアドバイスしてくれる國木田(鈴木浩介)にも視聴者は注目。喋るときにおねえ言葉が混じる、独特な雰囲気を持つ國木田に「鈴木浩介のこういうちょっと変な役大好き!」「この國木田さんがどんなふうにリケジョたちと関わってくのか、めっちゃ気になる」と視聴者は興味津々のよう。

 “女子モドキ”とおさらばして、“ステキ女子”になるために奮闘する純たち。視聴者も、純たちが研究する美容やファッションを参考にしていけば、ドラマが最終回を迎える頃には“ステキ女子”になれるかも。

■ドラマ「人は見た目が100パーセント」
放送日時:毎週木曜22時~
原作:大久保ヒロミ
脚本:相沢友子
出演:桐谷美玲、水川あさみ、ブルゾンちえみ、鈴木浩介 ほか
公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/hitopa/index.html