漫画家・谷川史子の原画展開催にファン歓喜「原画なんて見ちゃったら会場で泣いちゃいそう」

マンガ・アニメ

2017/4/23

    img01
    『おひとり様物語』6巻(谷川史子/集英社)

 2017年5月4日(木)より漫画家・谷川史子の原画展が開催される。ファンからは「デビュー当時からずっとファンだから遠征してでもいく!」という声が上がっている。

 谷川は1986年に『りぼんオリジナル』で掲載された「ちはやぶるおくのほそみち」でデビュー。それ以来少女誌を中心に活躍してきた。

 同展はそんな谷川の画業30周年を記念して開催される原画展。同展開催を知ったファンからは「谷川先生の作品、子どもの頃にすごい読んでたし絶対に行きたい!」「懐かしいなぁ… 谷川先生の描く女の子のようになりたいってずっと思ってたわ」「本当に嬉しい! 谷川さんの少女漫画は私の青春です!」「原画なんて見ちゃったら会場で泣いちゃいそう」と喜びの声が続出。

 しかし開催場所が東京の吉祥寺ということで、「東京とかいけない! せめて大阪にしてくれ!」「どうにか京都でやってもらえないか」「岡山からだと遠すぎる!」と悲しみに暮れる地方民もちらほら。とはいえ今回の原画展の開催期間はゴールデンウイーク中。そこで地方に住むファンのなかには「夜行バスか… それとも格安の飛行機か。どちらにせよ連休中のスケジュールを調整しなくては」「ちょうど連休中に埼玉行くからついでに上京するか…」と遠征を決意する人も少なくない。

 ちなみに同展が行われる「リベストギャラリー 創」の公式サイトには、谷川本人のコメントが掲載されている。コメントには原画の販売が予定されているとの情報もあり、ファンは「原画販売とか素敵すぎる! 部屋に飾って毎日拝むわ!」と興奮を抑えられない様子。同展には全国から谷川作品ファンが集結しそうだ。

■「谷川史子原画展」
開催期間:2017年5月4日(木・祝)~5月10日(水)
時間:12:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:リベストギャラリー 創
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
公式サイト:http://www.libestgallery.jp/tanigawa/30anniv.html