エンタメ

再会した初恋の人は、車イスに乗っていた――。岩田剛典&杉咲花W主演で “障がいのある恋”を描いた『パーフェクトワールド』実写化

    img01

    (C)2018「パーフェクトワールド」製作委員会  (C)有賀リエ/講談社

 有賀リエの人気マンガ『パーフェクトワールド』が、2018年に実写映画として公開されることが決定。EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典と杉咲花がダブル主演を務めることも発表され、「これヤバい確実に泣かせにくるやつ」「がんちゃんと花ちゃんのW主演なんて絶対観に行く!」と大反響が巻き起こっている。

 同作は女性向けマンガ雑誌『Kiss』で2014年から連載されているラブストーリー。インテリア会社に就職した川奈つぐみが、高校時代の同級生で初恋の相手でもある鮎川樹と偶然再会。再び思いを募らせるものの、樹は大学生の時の事故で車いす生活を余儀なくされていた。「樹との恋愛は無理」と思いを断とうとするが、体調を崩し入院した樹に付き添ううちに自分の本当の気持ちに改めて気づくことに。

 つぐみと樹のリアルな心理描写や純粋な恋愛模様が話題となり、フランスの老舗漫画雑誌『Animeland』の「2016年ベスト少女漫画賞」を読者・編集部のW選出で受賞している。今回の実写映画化でファンからは「この作品は絶対映像化されるって思ってたから嬉しい!」「有賀先生実写映画化おめでとうございます! 楽しみにしてます!」と祝福の歓声が上がった。

 ダブル主演を務める岩田剛典と杉咲花は、どちらも出演作の公開が続く引っ張りだこの人気ぶり。岩田は「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」や「HiGH&LOW」シリーズの劇場版へと立て続けに出演し、一方の杉咲も「湯を沸かすほどの熱い愛」で第40回 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した実力派。2人の出演に「樹君のイメージにがんちゃんがピッタリすぎて既に泣きそう」「杉咲花は映画の中の存在感がハンパないから今回もモノにしてくれるはず!」「この2人の共演なんて観なきゃ絶対損しそう」と興奮の声も。

 2人の共演で、つぐみと樹が描く理想の「パーフェクトワールド」がどう描かれるか、期待して待とう。

■映画「パーフェクトワールド」
原作: 有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
監督: 柴山健次
脚本: 鹿目けい子
主演: 岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、杉咲花

    img01

    (C)有賀リエ/講談社



この記事の画像

  • PW_0610__
  • pa-fekutoword

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ