靴とバッグの色をそろえれば上品見え! 手持ち服で実践できる「大人のおしゃれルール」

暮らし

2018/1/28

 手持ち服で実践できる「大人のおしゃれルール」が紹介された、『Oggiエディター 三尋木奈保 My Basic Note2:“きちんと見える”大人の服の選び方』が2018年1月23日(火)に発売された。

 同書は、雑誌『Oggi』のファッションエディター・三尋木奈保によるスタイリング指南本。12万部のベストセラーになった前作から、5年ぶりの新刊となる。

 三尋木曰く、前作を発売してからの5年間は「おしゃれ変革期」だったという。体型や似合う服も変化するアラフォー世代の日々。試行錯誤を重ねながら過ごしてたどりついた、新しいおしゃれのルールを余すことなく伝授していく。

 前作同様に、掲載されている服はすべて三尋木の私服。「そのまま電車にのって仕事に行ける」スタイルに、「40代の女性として年相応にきちんと見えて、どんなシーンでも居心地よくいられる、気後れしない着こなし」という視点を加えたコーディネート術が紹介されている。

「全身で使う色は3色以内におさえる」「靴とバッグの色をそろえる」「黒は安易に使わない」「コットンや麻ではなく、ツヤ&とろみのある化繊素材を取り入れる」など、著者が実践している“大人のおしゃれルール”が満載だ。

 さらに、前作にも登場し、5年後の今も変わらず愛用している服やバッグ、ジュエリーも登場。今どきのファストファッションに頼らない「良いものを吟味して購入し、長く愛用する愉しみ」が語られている。自分にとっての「おしゃれの核」になるアイテムを、同書で探してみてはいかが?

※掲載内容は変更になる場合があります。