「話が伝わらない」「考えをまとめられない」人が不足しがちな能力は…

ビジネス

2018/2/2

 楽しく、わかりやすく、すぐに使える「論理的思考」を身につけられる『楽しみながらステップアップ! 論理的思考力が6時間で身につく本』が、2018年1月15日(月)に発売された。

 著者は、これまで何万問という多種多様のパズルを作ってきたパズル作家の北村良子。パズルを作成するとき、「毎回どうすれば読者が楽しみながら解けるのか」を第一に意識しているという。そして、後味が悪くなってしまわないように誰もが納得できるパズルの答えと解説を作ってきた。

 そもそもパズルとは、「この問題があります。そして結論として、答えはこれです。なぜなら◯◯だからです」という流れで構成されているもの。そのため、パズル制作と論理的思考力は、密接に関係あると著者は述べる。

 同書では、「論理的思考」をわかりやすく楽しく読めるように絵やイラストを多用。「論理的思考」をマスターするための最初の1段目から丁寧に解説していく。

img02.jpg

 1章は、「論理的思考力とは、そもそもどんなものなのか」など基礎のおさらい。2章では例題とともに読むだけで、自然と頭のなかにインプットできる「筋道を立てて考えるためのコツ」を解説する。

 続く3章では、「ものごとをきちんと理解するためのコツ」について説明。2章で学んだことを熟成させ、自分の言葉であらわす力がつくよう伝授していく。そして4章では、これまで身につけた内容を「わかりやすく伝える」コツを解説する。それぞれの章には、楽しみながら論理的思考力が身につけられる問題つき。すべて読み終える頃には、論理的思考を駆使する自分が手に入るはず。

 論理的思考というと難しく感じられがちだが、本来は論理的な文章や話というのはとてもわかりやすいもの。頭の使い方、考え方ひとつで今までと全く違う思考ができるようになる。「話が伝わらない」「考えをまとめられない」人は、プレゼン・レポート・商談などに役立つ思考に身につけよう。

北村良子
1978年生まれ。有限会社イーソフィア代表。パズルを解くのが趣味だったことから、次第にパズルを作るようになり、パズル作家となる。現在は、企業のキャンペーン、書籍や雑誌、新聞、TV番組に向けたパズルを作成。多数のパズル問題と向き合う中で思考実験に出会い、さらに問題作成の可能性を広げている。

※掲載内容は変更になる場合があります。