フランス発の少年漫画『ラディアン』が日本でアニメ化決定!

アニメ・マンガ

2018/2/12

 フランス発の少年漫画『ラディアン』が、2018年10月から日本でアニメ化されることが決定した。バンド・デシネ作家が描く作品に「今時珍しいくらい超王道ファンタジーだから楽しみ!」と期待が寄せられている。

 原作者となるトニー・ヴァレントは、バンド・デシネと呼ばれるフランスの漫画作品をいくつも手がけてきた作家。同作は日本の少年漫画の影響を多大に受けており、描き方や表現方法も日本のスタイルが採用された。2015年に発売された第1巻には『ワンパンマン』の村田雄介が描き下ろしイラストと推薦コメントを寄せている。

 同作の主人公となるのは、カッコいい大魔法使いになることを目指す少年・セト。セトは空からやってくる怪物・ネメシスを倒すための魔法を日々特訓しているが、トラブル続きで育ての親・アルマからも叱られてしまう。そんなある日、セトの村を超大型ネメシスが襲って来る。これをきっかけにネメシス根絶を決意したセトは、ネメシスの巣があるという伝説の地“ラディアン”を探すための旅に出るのだった。

 日本では現在7巻まで刊行されており、「セトが可愛いし続きが気になってワクワクした」「バンド・デシネを読んだことが無くても楽しめる」「日本マンガへの愛が伝わってくる作品」「親しみやすいキャラとストーリーなのにこれが遠いフランスの地で生まれたなんて驚き」と読者に大好評。

 アニメはNHK・Eテレで放送され、アニメーション制作は「Lerche」、監督は「暗殺教室」「結城友奈は勇者である」シリーズの岸誠二が担当することが決定している。「バンド・デシネが日本でアニメ化されるなんて気になる!」「内容的にもスタッフ陣的にも期待できそう」と、日本のアニメ好きからも注目を集めている同作。気になるキャストやその他の情報は未発表なので、今後明かされる続報を期待して待っていよう。