実験理系ラブコメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』実写化決定にファン歓喜!

エンタメ

2018/2/24

 理系男女の恋愛模様を描いた『理系が恋に落ちたので証明してみた。』の実写ドラマ化&映画化が決定。同級生役のオーディションが開催されることも発表され「どんな作品になるのか楽しみすぎる…!」とファンから歓喜の声が上がっている。

 同作は大学の研究室を舞台に、理系女子・氷室菖蒲と理系男子・雪村心夜の恋愛を描いたラブコメディ。日夜研究や証明に勤しむ彼らは恋心やときめきさえも数値やグラフで表そうとし、理系的なアプローチで“好き”の定義を証明していく。理系あるあるや恋愛漫画あるあるなどがふんだんに盛り込まれたエピソードは、「小難しい単語で考察をしながらイチャつく2人が微笑ましい」「自分も理系だから2人の気持ちはちょっとわかる」「真面目な顔で実験しながら照れてる2人がツボ!」と特に理系の読者に大好評だ。

 単行本は現在3巻まで発売されており、累計発行部数は40万部を突破している。ドラマと映画化は2018年2月14日(水)のバレンタインデーに発表され、作者の山本アリフレッドは氷室と雪村のショート漫画を公開。氷室が可愛らしい紙袋から特報を取り出し、雪村が「やってくれたなあのクソ漫画家アァ!!」とツッコミを入れるコミカルな告知となった。

 ドラマと映画の制作にあたり、動画配信サービスSHOWROOMでメインキャラクターの同級生を演じる女性キャストオーディションを実施。SHOWROOMでのランキングで上位となった人が最終審査に進み、審査には山本も参加するそうだ。

「3次元にあのカップルがいたらどうなるのか想像できない」「美女とイケメンでも普通のカップルでも絶対面白い!」「強烈なあの2人を誰が演じてくれるんだろう…」と期待の声が続出している同作。公開日などの詳細は後日公開されるので、続報を心待ちにしていよう。