忙しいママがちょっとでもラクに!「余裕」を生み出す時間術

暮らし

2018/3/11

 自分らしく幸せに生きるための時間術を紹介する『私が変わる、家族が変わる時間術』が2018年2月27日(火)に発売された。

 著者の鈴木尚子は、かつて理想の自分を掲げすぎて子育てに悩み、できない自分とのギャップに苦しんでいた。そんな日々を打破すべく始めた家の片づけ仕事が軌道にのると、今度は家事との両立や時間の使い方に悩む日々が始まったという。

 同書は、家事や仕事の中で鈴木がたどり着いた“自分らしく”生きるための「時間術」をまとめた一冊。本当に自分のやりたいこと、目指したい生き方を見失った女性にさまざまなアドバイスをしてくれる。

「1日は24時間以上にはならない。だから、できる工夫はやり方を変えるか、やることを減らすかの2つしかない」と鈴木は言う。シンプルでロジカルな考え方から生まれた工夫の数々は、読めば誰もが納得するような説得力がある。鈴木が実践している毎日を快適に回していく工夫は結果的に「余裕」を生み、家族の幸せにも繋がっていくはずだ。

<食事はセルフサービスで>
食器類は家族全員が同じものを揃えると、子どもも迷わずに配膳できる。家族が参加しやすく、手伝いやすい環境を意識しよう。

img02.jpg

<パントリーに家族が使う物をまとめて>
「わからない=片づけられない」の気づきから生まれた工夫。ラベリングした収納ボックスは文字が分かりやすいようにすべて白に。

img03.jpg

<忘れ物をしない工夫>
バッグを替えると忘れ物をしがち。そこでバッグインバッグを活用して、毎日必要な物を入れておくと忘れ物が激減。生活の中でつまずいている時こそ、解消法を考えることで必ず工夫が生まれてくる。

img04.jpg

img05.jpg

鈴木尚子(すずき・なおこ)
「SMART STORAGE!」代表。クローゼットオーガナイザー講師、マスターライフオーガナイザー、骨格スタイル協会本部講師、color+shape1z(R)コーディネーター。アパレル業界で、デザイン、企画、人材育成に携わったのち専業主婦に。出産後、ライフオーガナイズを学び、個人に向け片づけとスタイリングの仕事を開始し、「SMART STORAGE!」を設立。また、オレンジページ主催の「時間術講座」では講師を務め、いずれの講座も毎回キャンセル待ちがでるほど人気。

※掲載内容は変更になる場合があります。