普通に生きたい少女の“普通でない”異世界転生譚『私、能力は平均値でって言ったよね!』アニメ化企画進行中!

マンガ・アニメ

2018/3/8

 2018年2月27日(火)、人気ライトノベル『私、能力は平均値でって言ったよね!』のアニメ化企画が進行中だと発表された。ファンから「待ってましたー! アニメ化めちゃくちゃ楽しみにしてます!」「初期の頃から応援してたから感無量です」と歓喜の声が続出しているようだ。

 同作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の大人気タイトル。普通に生きたい少女の“普通でない”異世界転生譚を描いた作品。

 主人公のアデル・フォン・アスカムは、10歳になった日に自分が今の世界に転生してきたことを思い出す。出来が良すぎたせいで思うように生きられなかった彼女は、転生の際に「能力は平均値でお願いします!」と願ったはずなのだが―。

 剣と魔法の世界を舞台に描かれるコミカルなストーリーに、ファンからは「普通になりたい主人公が真逆のことをどんどんやらかしていくのが面白い!」「異世界転生ラノベのテンプレを逆手に取った設定でめっちゃ笑えた」「“なろう系”なのに女性主人公でハーレムじゃないのが新鮮」と好評の声が続出。

 また個性的なキャラクターたちが登場するのも大きな魅力。イラストは『ドラゴンクライシス!』などのライトノベルで知られる亜方逸樹が担当し、「絵がかわいいしどのキャラにも愛着持てる!」「表紙イラストに釣られて買ったけど、ストーリーも面白くて即ファンになった」といった声が上がっている。

 今回の発表に合わせて、原作者のFUNAも「小説家になろう」のマイページを更新。「しかし、アニメ化…。夢見たことはあるけれど、まさか、本当にこの日がやってくるなんて…。今はただ、読者の皆さんへの感謝でいっぱいです」と綴った上、「今、私に言える言葉は、これだけです。『また一歩、野望に近付いた…』」と喜びを語っていた。

 原作シリーズの最新7巻は、3月15日(木)に発売予定。ユーモアたっぷりに描かれる異世界ストーリーを要チェックだ!