舞台「ギャグマンガ日和」第4弾上演決定!「ただただ面白いから新作も楽しみ」と期待の声

エンタメ

2018/4/17

 2018年9月に「舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」第4弾の上演が決定。「タイトルとロゴだけで死ぬほど気になる」「ただただ面白い舞台だから新作も楽しみ」と、ファンから期待の声が寄せられている。

 原作となる作品は、タイトルの通り増田こうすけが手がけるギャグマンガ。歴史上の人物が多数登場するが歴史漫画ではなく、独特のシュールでブラックなギャグがハイテンポで繰り広げられていく。2005年にはアニメ化もされ、聖徳太子や小野妹子、うさみちゃんなどのキャラが大人気に。

 舞台化の第1弾は、2015年に上演された「舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」。鎌苅健太、新井ひとみ、西山丈也など、総勢20名のキャストが原作の奇抜な世界観に挑戦している。その後2016年に第2弾「デラックス風味」、2017年に第3弾「~奥の細道、地獄のランウェイ編~」が上演。「原作よりも爆笑したかも」「再現率が高いんだか低いんだか分からないwww」「インパクト強すぎて夢に出てきそう」「もう、なんか、とにかくすごい!!」と大好評を博している。

 第4弾「向かい風100%」の公式サイトでは、校舎がモチーフとなったポップなロゴを公開。「ギャグ日らしいタイトルだけど誰が出てくるんだろう」「学校っぽいから部活シリーズかな?」「また大使と妹子出てきて欲しいなぁ…」と、ファンの間では様々な憶測が飛び交っているようだ。

 これまでのシリーズはDVDとして発売されており、動画配信サイト「dアニメストア」では第2弾と第3弾の舞台映像を配信中。上映期間や会場、キャストについては今後明かされていくようなので、続報を待ちながら過去作を予習してみては?