尾田栄一郎公認!『ONE PIECE』公式ギャグマンガに反響続出【ジャンプ29号】

アニメ・マンガ

2018/6/21

img01.jpg
『週刊少年ジャンプ』29号(集英社)

 2018年6月18日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』29号にて、『ONE PIECE』公式スピンオフの読み切り2作品が掲載された。尾田栄一郎公認の学園ギャグマンガに、読者からは「発想が面白すぎる」などと反響が続出している。

 掲載されたのは、伊原大貴『恋するワンピース』と、なかまる『ONE PIECE コビー似の小日山 ~ウリふたつなぎの大秘宝~』の2作品。いずれも現実世界の学校を舞台にしており、『ONE PIECE』本編とは無関係の世界線だ。登場するのは『ONE PIECE』キャラのそっくりさんや同名の人物で、名前や容姿を理由に学校でいじられている設定。

『恋するワンピース』は、海賊王(ルフィ)という名前が原因でからかわれている高校生に、同じく麦わら一味と同じ名前の菜美が密かに思いを寄せているという物語。しかし、嘘風(ウソップ)というさらなるキラキラネームの強烈キャラに出会い、学校生活は面白おかしく展開していく。

 嘘風は悪気がないもののとにかく破天荒で、読者からも多くの反響が。「恋愛からどうギャグに膨らますのかと思ってたけど、嘘風のキャラが濃すぎる!」「クレイジーなキャラの描き方が上手いなぁ」「スピンオフって縛りがあるにも関わらず、いつもの伊原先生の作風が全然ブレてない(笑)」などの声が上がった。

 2作目は、『ONE PIECE』のコビーにそっくりな中学1年生“小日山くん”が主人公。彼は見た目が原因で学校中からいじられており、先生からも「小日山の進路は海軍将校だな」と言われてしまうほど。こちらも読者のハートを掴んだようで「そっくりさんって設定1つで作品作っちゃうとか凄すぎる」「ストーリー展開とギャグのテンポがいい!」「評判良さげだし本誌連載希望」といった反響が続出している。

 両作はWEBメディア「少年ジャンプ+」と「ONE PIECE.com」でも同時連載されている。読み切りが気に入った人はぜひチェックしてみよう。

◆「少年ジャンプ+」公式サイト:https://shonenjumpplus.com/
◆「ONE PIECE.com」公式サイト:https://one-piece.com/