福本作品がまたもドラマ化!「銀と金」スタッフ再集結の『天 天和通りの快男児』に期待の声

エンタメ

2018/6/25

 2018年7月15日(日)から『賭博覇王伝 零』の実写ドラマ放送を控えている漫画家・福本伸行。同作の初回に注目が集まる中、今年秋から『天 天和通りの快男児』のドラマ化も決定し、「マジで!? 楽しみ過ぎるんだが」など早くも期待の声が続出している。

 1989年~2002年まで『近代麻雀ゴールド』で連載されていた同作は、代打ちと呼ばれる麻雀の請負業を営む天貴史が主人公。天は勝負強さと強い意志を持ち合わせる男で、“理”によって麻雀を打っていた井川ひろゆきは天に憧れていく。裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑む男たちの心理を、麻雀を通して熱く描いていく―。

 主人公・天を演じる岸谷五朗は、ドラマ化の感想について「この作品を連ドラにしようという目論み自体がチャレンジャーだな、って思いました」とコメント。続けて「でもドラマはチャレンジするから面白いんです。頑張ります」と期待を覗かせており、並々ならぬ意欲をアピールしている。

 ドラマ化の一報と同時に公開されたビジュアルは、「再現度が高すぎる!」と話題になっているよう。しかし現在舞台公演中の岸谷は髪が切れないそうで、「撮影になったらさらに近づくのではないでしょうか」と、まずます似ていくことを期待させた。

 さらに今作では、福本作品初の民放ドラマとなった「銀と金」制作スタッフが再集結。福本本人も「銀と金を作ってくれたチームが、また一肌脱いでくれるとのこと」「彼らなら麻雀ドラマの面白さを、世に知らしめていただけると信じています!」とのコメントを寄せており、喜びを爆発させているようだ。

 原作ファンも興奮が抑えられないようす。ネット上には「一番好きな福本作品だから期待してるよ!」「岸谷さんのビジュアルが似すぎで驚いてる」「あの世界観が実写化って、一体どうなるんだ!?」「『天』をドラマ化なんて、いい意味でどうかしてる!」などの声が続出した。

 新たなチャレンジを続けるテレビ東京は、一体どんなドラマを見せてくれるのか。今から期待が止まらない。

■ドラマ「天 天和通りの快男児」
放送:2018年秋~
放送局:テレビ東京系
出演:岸谷五朗 ほか
原作:福本伸行『天 天和通りの快男児』
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/ten/