「ちょっと雑すぎるぞwww」小五郎の推理に視聴者ツッコミ!? 【アニメ「名探偵コナン」】

アニメ・マンガ

2018/7/6

 2018年6月30日(土)放送のアニメ「名探偵コナン」第906話「七年後の目撃証言(後編)」で、毛利小五郎が事件の推理を披露。ネット上で「ちょっと雑すぎるぞwww」とツッコミが起こっていた。

 ビールの品ぞろえが豊富なペンション・鳩笛荘にやってきた小五郎、蘭、コナンたち。タレントのオー太郎、ウェブデザイナーの井出、文具メーカーOLの藤吉、タウン誌ライターの城ヶ根もこのペンションに宿泊していた。

 そんな中、近くの池でオー太郎の元相方・キュー次郎の遺体が発見される。キュー次郎は7年前に放送していた特撮番組「彗星仮面ビューン」のカードを所持していたらしい。警察からこの情報が明かされると、ペンションの支配人・友里朝子の娘である未央奈はなぜか怯え始める。この様子を見たコナンは、7年前にビューンのお面を被った犯人による強盗殺人事件を、未央奈が目撃していたと睨むことに。

 こうしてペンション内に不穏な空気が流れる中、客室で頭から血を流して絶命したオー太郎が発見された。遺体の近くにはビール瓶が散乱しているが、扉は鍵に加えて閂(かんぬき)もかけられていて完全な密室状態。さらにペンションに宿泊している人物たちにはアリバイもあることから、小五郎は「これは事故死ですよ」と推理を始める。

 「酔っぱらって空き瓶を踏んで転倒し、落ちていた瓶で頭を打って亡くなった。かつて漫才コンビを組んでいた2人が、相次いで事故死とは因果な話ですな」と話す小五郎。しかしこの推理は、警察からあえなく却下されていた。

 ネット上でも小五郎の推理に、「そんな間抜けな死に方あるかよwww」「なーんだ事故死か、ってならねーよ!」「都合のよすぎる解釈だな」「ピタゴラスイッチみたいな死に方じゃないかwww」「コナンが現れるまでは、こんな風に事件が結論づけられていたと思うと恐ろしい」といった声が上がっている。

 なお事件解決後、小五郎はビール瓶を踏んで転倒。頭へビール瓶が落下して怪我を負うことに。小五郎のような推理が起こりうることを、小五郎自らが証明していた。

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/